【画像】毛嚢炎(毛包炎)の原因と治し方、ニキビとの違いや効く市販薬について

毛嚢炎の画像 ニキビと似ている皮膚病の一つに毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚感染症があります。毛嚢炎は、見た目だけでいえばニキビと非常に似ていますが、病原細菌が皮膚に「感染」することで発生します。

毛嚢炎は、多くのケースでは何も治療しなくてもニキビよりも早く治ることが多いですが、まれに悪化して化膿したりすると赤ニキビのようにひどく跡が残ってしまうため、腫れがあるものは早めの治療をしたほうが理想的です。

今回は、毛嚢炎の原因と治し方、ニキビとの違いを画像付きで解説していきます。

毛嚢炎とは?

毛嚢炎の画像 毛嚢炎(もうのうえん)とは、皮膚常在菌である表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が毛穴(毛包)で感染して発生する皮膚感染症です。

毛嚢炎の他にも、毛膿炎や毛包炎(もうほうえん)ともよばれます。大きく腫れたものは「おでき」や「せつ」といわれ、古くは「疔(ちょう)」、顔にできたものは「面疔(めんちょう)」と呼ばれていました。

毛嚢炎は、主にカミソリなどを使ったムダ毛処理、レーザー脱毛、ステロイド治療、免疫不全の病気などが原因で発生しやすくなります。

症状がでやすい部位

毛嚢炎の炎症跡の画像 毛嚢炎は、首の後ろ、胸元、腕、脚(特に太もも)、お尻、陰部などにできることが多いです。それらの部分はムダ毛処理が要因となることが多いです。

顔にはあまり毛嚢炎はできませんが、男性の場合はヒゲ剃りをした後にUゾーン(フェイスライン)に発生したりします。

症状の多くは炎症が軽度

毛嚢炎の画像 毛嚢炎の症状は、多くのケースでは毛穴の浅い部分で炎症を起こします。皮膚の浅い部分での炎症であるため、基本的に腫れも小さいですが、小さい毛嚢炎でもまわりに赤みが広がることがあります。

そして、白ニキビのように中央に膿がみられることもあります。基本的にかゆみはほとんどありません。皮膚の浅い部分で炎症を起こした毛嚢炎はわりと早く治ることがほとんどで、1週間ほどでシミや赤みを残すこともなくキレイに治ることが多いです。

毛穴の深い部分での毛嚢炎

炎症が強い毛嚢炎の画像 毛嚢炎は毛穴の深い部分で炎症を起こすこともあります。皮膚の深い部分での炎症の場合、強く腫れて赤みも拡大し、痛みをともなうことがあります。また、中央にたくさんの膿がみられるようになります。

腫れが大きくなるのは、病原性の強い黄色ブドウ球菌が増加したことが原因です。毛嚢炎が化膿した場合は炎症跡もひどくなり、普通の赤ニキビと同じように赤みやモヤモヤしたシミ(炎症性色素沈着)が残ってしまうようになります。

おできに発展する可能性も

おできの画像 毛嚢炎の腫れが進行すると、おでき(せつ)といわれる極端に腫れてしこりのような状態になることがあります。おできは病原性の強い黄色ブドウ球菌が皮膚の深い部分で増加することで発生します。

おできは腫れによって皮膚が硬くなり、強いうっ血によって患部が紫色になります。当然、跡もひどくなり、赤みや色素沈着も悪化して、場合によってはケロイドになってしまうことも少なくありません。

そのため、毛嚢炎が皮膚の深い部分で腫れた場合は早めの治療をしたほうが理想的です。

毛嚢炎の原因

毛嚢炎の発生原因は、主に以下のようなものがあげられます。

カミソリや毛抜きで毛嚢炎が発生しやすい

カミソリと毛抜きによる毛嚢炎発生仕組み 毛膿炎が発生する原因の多くは、毛抜きやカミソリを使ったヒゲ剃りやムダ毛処理です。

毛抜きの場合、無理に毛を抜くことで毛根部が傷つき、そこから黄色ブドウ球菌が感染することで毛嚢炎が発生します。

また、カミソリの場合は刃を滑らせる時に皮膚が傷つき、そこからブドウ球菌が感染することで毛嚢炎を起こしてしまいます。

毛嚢炎を予防するには、まず毛抜きは絶対にしてはいけません。毛抜きを繰り返していると、毛嚢炎だけではなく毛穴がブツブツになったり、黒ずんだりすることがあります。

ピンセットによる毛抜きだけではなく、脱毛テープやワックス脱毛、ブラジリアンワックス脱毛などによっても毛嚢炎の原因になります。それらの脱毛法は避けて下さい。

また、カミソリを使う場合はシェービングフォームで肌を保護し、深剃りや逆剃りをせずに毛の流れに沿って剃りましょう。そして、カミソリを使った後は炎症を抑えるために冷水で冷やして、化粧水で肌を整えましょう。

そういったスキンケアを行うだけで毛嚢炎を起こすリスクが劇的に抑えられます。また、電気シェーバーを使うことで毛嚢炎を起こすリスクが格段に下がります。

近年は、デリケートゾーンのムダ毛処理を行う女性が増えたことで、その部分の毛嚢炎を起こす人が増えているといいますが、陰部は炎症跡が残りやすい部分なので皮膚を傷つけないように注意しなければいけません。

レーザー脱毛

レーザー脱毛 毛嚢炎はレーザー脱毛後にも発生することがあります。

レーザー脱毛は、レーザーで毛根を損傷させるため、そこからブドウ球菌が感染して毛嚢炎が発生してしまうのです。また、電気針脱毛も毛嚢炎の原因になることがあります。

湿った状態が続くと発生する

肌が湿った状態や皮膚がふやけた状態が長く続くと毛嚢炎を起こしやすくなります。肌がふやけると皮膚のバリア機能を弱くして黄色ブドウ球菌の感染を促してしまいます。

ステロイド外用薬による毛嚢炎

アンテベート(ステロイド薬) ステロイド外用薬を長く使い続けることが毛嚢炎の原因になることがあります。

ステロイド薬には優れた抗炎症作用や免疫抑制作用がありますが、長く使い続けることで皮膚の免疫が抑えられ、黄色ブドウ球菌などが感染しやすい環境を促してしまうのです。

また、ステロイド薬は毛嚢炎だけではなく、ニキビの原因になることがあります。(ステロイドニキビ)。ステロイド外用薬は2週間以内ほどの短期的な使用では問題ありませんが、長期使用には注意しなければいけません。

免疫不全の病気

女性医師のカウンセリング写真 病気による免疫不全によって毛嚢炎が発生しやすくなります。免疫機能が低下することでそれまで抑制されていた皮膚の細菌が増加し、毛嚢炎が発生してしまうのです。

また、細菌だけではなく真菌(カビ)も増殖しやすくなります。免疫不全を起こす病気は糖尿病やHIV感染などがありますが、それらの病気にかかると毛嚢炎も治りにくくなる問題があります。

他の皮膚病との違い

ニキビとの違い

毛嚢炎とニキビとの違い 画像のように毛嚢炎とニキビは見た目が似ています。その毛嚢炎とニキビの違いは、ニキビの場合はニキビの芯(角栓)が毛穴に存在してアクネ菌という細菌による炎症を起こします。

一方、毛嚢炎の場合はニキビの芯がない状態でブドウ球菌という細菌による炎症を起こします。毛嚢炎はニキビの芯がないため、ニキビよりも早い段階で治ることが多いのが特徴です。

また、毛嚢炎は腕や太もも、お尻などの皮脂が少ないようなところでも発生します。そして、毛嚢炎はカミソリや毛抜きなどを行った後に発生しやすいのが特徴です。

マラセチア毛包炎との違い

毛嚢炎とマラセチア毛包炎の違い 画像のように毛嚢炎と似た症状にマラセチア毛包炎という症状があります。マラセチア毛包炎はマラセチアファーファーというカビが毛穴で増加することが原因で発生します。

毛嚢炎とマラセチア毛包炎の違いは、毛嚢炎はブドウ球菌という細菌によって発生しますが、マラセチア毛包炎はカビ(真菌)が原因で発生することです。

見分け方としては、毛嚢炎の方が病原性が強い黄色ブドウ球菌という細菌が原因となることが多いので、炎症による赤みが若干広くなります。そして、中心に膿をもつことが多いです。

一方、マラセチア毛包炎は、原因となるマラセチア菌の病原性が低いことから炎症性も低く、周りを広く炎症させることが少ないです。毛穴と一致して均一的にポツポツと発生し、膿も少なく、先端にやや光沢がみられるのがマラセチア毛包炎の特徴です。

毛嚢炎の治療法

毛包炎は放っておいてもすぐに治る?

女性看護師の写真 毛嚢炎の多くは毛穴の浅い部分での炎症であり、ほとんどの場合は特に何も治療をしなくても数日で腫れも治ります。

1週間ほどすれば赤みや色素沈着もなくキレイに治ることが多いです。毛嚢炎の炎症がわずかなものはあまり心配しなくて大丈夫です。

ところが、毛穴の深いところで毛嚢炎を起こした場合は、治るまで2週間以上かかることがあり、悪化すれば赤みやシミなどの跡もひどくなります。

そのため、腫れが大きくなりそうな場合は早めにお薬を塗るようにしましょう。塗り薬は病院での処方薬だけではなく、市販のお薬でも良いものがたくさんあります。

毛嚢炎に効く市販薬

毛嚢炎に効く市販薬には、フルコートfやテラコートリル軟膏などがあります。特にフルコートは毛嚢炎に素早い効果が期待できます。

フルコートf軟膏

フルコートf フルコートfは、フルオシノロンアセトニドというステロイドと、フラジオマイシンという抗生物質の2種類の有効成分が配合された塗り薬です。

ステロイドによる抗炎症作用によって毛嚢炎の炎症を抑え、フラジオマイシンが黄色ブドウ球菌に対して殺菌的に作用して毛嚢炎を治します。

フルコートfのステロイドはストロングクラスで、5段階中3番目の強さですが、2週間くらいの使用であれば副作用の心配はないです。

このフルコートfは皮膚科で処方される塗り薬と同じくらいに毛嚢炎に良く効きます。炎症がなくなるまで使い続けて終了するのがポイントです。
【Amazon】フルコートf軟膏 5g

テラコートリル軟膏

テラ・コートリル軟膏 テラコートリル軟膏は、ヒドロコルチゾンというステロイドと、オキシテトラサイクリンという抗生物質の2種類の有効成分が含まれた塗り薬です。

ステロイドが毛嚢炎の炎症を治し、オキシテトラサイクリンが原因となる黄色ブドウ球菌を死滅させます。

テラコートリルに配合されるステロイドはとても弱いため副作用の心配は少ないです。そして、このお薬は毛嚢炎だけではなくニキビに対しても良い効果があります。テラコートリル軟膏も腫れがなくなるまで使い続けて終了するのがポイントです。

オロナインH軟膏

オロナインH軟膏の画像 オロナインでも毛嚢炎に一定の効果があるとされます。主成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液は幅広い細菌に対して効果があり、毛嚢炎の原因となる黄色ブドウ球菌に対しても良い効果があるとされます。

悪化したら病院で治療して下さい

毛嚢炎が悪化して化膿した場合は、病院を受診して皮膚科医のもとで治療したほうが安心です。

抗菌薬の塗り薬を中心に、悪化している場合は抗生物質の内服薬がすすめられると思います。毛嚢炎の治療は保険適応になります。

主に、以下のような治療薬が処方されます。

リンデロンVG

リンデロンVGクリーム、軟膏、ローションの画像 リンデロンVGローションは、炎症を抑えるベタメタゾンというステロイドと、細菌を抑制するゲンタマイシンという抗生物質の2種類の有効成分が配合された処方薬です。

病院で処方される外用薬の中でも毛嚢炎に対して良く効きます。ベタメタゾンというステロイドも5段階中3番目の強さであり、2週間ほどの使用であれば副作用の心配はありません。

リンデロンVGのジェネリック(後発品)には、デルモゾールGやベトノバールGなどがあり、それらが処方されることがあるかもしれません。

ダラシンTゲル(ローション)

ダラシンTゲルとローションの画像 ダラシンTゲルは、クリンダマイシンというリンコマイシン系抗生物質の塗り薬です。毛嚢炎の原因となる黄色ブドウ球菌に対してよく効きます。

ニキビ治療にも使用されるお薬です。ゲルタイプとローションタイプの2種類があります。ステロイドは含まれないため、ステロイドの使用が難しい場合にも処方されます。

アクアチム

アクアチムクリーム、軟膏、ローションの画像 アクアチムはナジフロキサシンというキノロン系抗菌薬の塗り薬です。抗菌作用によって黄色ブドウ球菌を死滅させ、毛嚢炎を治していきます。

このお薬はニキビ治療にもよく使用されます。アクアチムにはローションタイプ、クリームタイプ、軟膏タイプの3種類があります。ステロイドは含まれず、刺激性やアレルギーのリスクも低いメリットがあります。

ゼビアックスローション

ゼビアックスローションの画像 ゼビアックスローションは、オゼノキサシンというキノロン系抗菌薬の塗り薬です。皮膚科で処方されます。優れた抗菌作用によって毛嚢炎をもたらす黄色ブドウ球菌を殺菌し、炎症を治します。

アクアチムと同じ系統のお薬でニキビ治療にも処方されます。ステロイドは配合されません。そして、刺激性が低い利点があります。

炎症がひどい場合は内服薬の使用も

ファロム 毛嚢炎の炎症がひどくて化膿した場合は抗生物質の内服薬が効果的です。抗生物質は毛嚢炎の原因となる黄色ブドウ球菌を抑制して腫れをとる作用があります。

毛嚢炎に使用される抗菌薬の飲み薬には、ロキシスロマイシン(ルリッド錠)、クラリスロマイシン(クラリス)、ファロム(ファロペネム)などがあります。

抗生物質の内服は副作用の問題もありますが、毛嚢炎が進行しておできのような状態にならないために早めに服用したほうが良いケースがあります。

皮膚科医が診断を間違えることも多い

男性医師の写真 毛嚢炎はニキビと似ているため皮膚科医でも診断を間違ってしまうことがあります。

毛嚢炎には抗菌薬(抗生物質)が適応するのですが、間違ってニキビ治療薬のディフェリンゲルなどが処方されることがあるかもしれません。ディフェリンでは毛嚢炎への即効性は期待できません。

毛嚢炎とニキビの判断を区別するために、ムダ毛処理をした部分かどうか、ステロイドを使用していた部分かどうか、などの経緯を医師に伝えるようにしましょう。

そして、近年は女性が陰部(デリケートゾーン)のムダ毛を処理することが多くなり、それによって毛嚢炎が発生することが多くなっています。

陰部の毛嚢炎は悪化すると跡が残りやすいので、恥ずかしがらずに病院で早い治療を行ったほうがよいかもしれません。