ハイドロキノンの発がん性の危険性とは?「ハイドロキノンのリスク」
強力な美白作用があるハイドロキノン。その効果は、 (1)メラニン合成を促すチロシナーゼ酵素の阻害 (2)メラニンそのものを薄くする漂白作用 (3)メラニン色素を作り出すメラノサイトの機能を抑制(この3番目の効能が問...
ハイドロキノンにはステロイドが配合されている?
強力な美白作用があるハイドロキノン。シミや色素沈着に悩む人は、一度は試してみようと思ったことがあると思います。実際に使ったことがある人も多いのでは。 そのハイドロキノンには大きく分けて3つの美白作用があります。 ...
紫外線が肌細胞のミトコンドリア遺伝子を損傷させる? 紫外線の肌老化の関係
肌老化の原因の多くが紫外線による影響だといわれています。どんな人においても加齢によって肌細胞は老化するものですが、その老化を加速させてしまうのが紫外線というわけです。 そして紫外線の影響による老化を「光老化」と呼んだり...
紫外線は窓ガラスを通過して室内や車内でも日焼けする?
肌が老化する原因のほとんどが紫外線の影響だといわれています。その紫外線は窓ガラスを通過することがあり、室内にいても気づかないうちに紫外線を浴びていることがあります。 窓ガラスがどれくらい紫外線を通すのかを詳しく解説して...
紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)の肌ダメージの違いは?
肌の老化をもたらす紫外線。シミやしわ、たるみなどの肌トラブルの元凶だとされます。 その紫外線には波長の違いによって、UV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)、UV-C(紫外線C波)の3種類に分けられます。 ...
日焼けによるサンバーンとサンタンの違いとは?
強い紫外線を浴び続けると一般に日焼けという現象を引き起こします。 その日焼けは、大きく分けて皮膚が赤く炎症状態になる「サンバーン」と、皮膚が黒くなる「サンタン」といわれる状態の2タイプに分かれます。 今回...
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いとは? 肌への負担の違い
紫外線はしみ、しわ、たるみなどの肌老化を引き起こす原因になります。一説によると肌老化の大半が紫外線によるものだといわれており、いかに日常的な紫外線を予防するかが美肌のポイントになります。 日焼けを予防するには日常的なU...
日焼け止め化粧品の「SPF」と「PA」の表示の意味とは?
しみ、しわ、たるみなどの肌老化の原因の一つが紫外線による影響だといわれています。 紫外線を予防するためには紫外線を浴びないことはもちろん、強い日差しの日には日焼け止め効果の高いファンデーションや日焼け止めで紫外線をブロ...
SPF50などの紫外線ブロック効果が高い日焼け止めは皮膚への負担が大きい?
紫外線はしみやしわ、たるみといった肌老化の原因になります。そのため、皮膚の老化を予防するには日常的な紫外線対策が不可欠です。 紫外線をブロックするには、日焼け止めが有効ですが、場合によっては日焼け止めコスメが肌への負担...
日焼け後の対処方法 赤み、ヒリヒリ感、水ぶくれ(水疱)の処置・スキンケア
皮膚の皮がむけたり、水ぶくれ(水疱)ができたり、皮膚が赤くヒリヒリするような日焼けをした後はシミ、色素沈着が現れやすくなります。 特に、普段から紫外線を浴びない生活をしている人ほど、日焼け後に色素沈着を起こしやすい傾向...
皮脂の酸化(過酸化脂質)が肌のシミ、くすみ、黒ずみの原因になる?
肌がくすんで透明感を失うと、疲れた印象や老けた印象を与えてしまいます。 肌のくすみが引き起こされる原因には様々ありますが、その一つに過剰な皮脂分泌や皮脂の酸化の影響が考えられます。上手に皮脂コントロールすることが美肌の...
皮膚をこすると肌のしみ、くすみ、黒ずみの原因になる? 摩擦による色素沈着
肌のしみやくすみ、黒ずみなどの肌の悩みは、洗顔やクレンジング、またお化粧の際に肌をこすったりして摩擦を与えていることが原因かもしれません。 肌に刺激を与えるとメラニン色素の生成を促し、黒ずみやくすみを引き起こすことがあ...
低温やけどによる色素沈着の予防と治療方法
低温やけどによって色素沈着を引き起こすことがあります。かつては、低温ヤケドといえば主に湯たんぽによるものが一般的でしたが、現在では湯たんぽ以外の原因による低温やけどが増加しているといいます。 低温や...
根性焼き・タバコによる火傷(やけど)の治療方法とは?
タバコによるヤケド、または若い時に入れた「根性焼き」による火傷は、フラクショナルレーザーやダーマローラーなどの皮膚の入れ替えを促す治療によってかなり改善できるようになってきています。 根性焼...
小鼻の周囲の赤みの原因と治す方法とは? 予防法と治療方法
小鼻のまわりが赤みを帯びているような状態は肌が荒れて見えたり、老けた印象を与えてしまうことがあります。 お化粧によって隠すことができますが、すっぴんになると鼻の赤みが恥ずかしいという女性は少なくないです。 ...
メガネ跡の黒ずみ・色素沈着の治す方法は? 予防法と治療方法
長年メガネをかけていると、鼻の両側にメガネ跡がついてしまうことがあります。これは、メガネをかけている期間が長い人や、色素沈着を起こしやすい人ほど現れやすい現象といえます。 メガネ跡の状態 メガネ跡は皮膚へ...
打撲・打ち身による内出血後の色素沈着の治し方とは? 原因と治療方法
内出血を起こすような強い打撲をすると、腫れが引いた後にモヤモヤとしたシミ(色素沈着)が残ってしまうことがあります。 打撲による色素沈着は、ある程度は時間をかけなければ治っていきませんが、症状の悪化を予防するにはいくつか...
下着の跡(黒ずみ・色素沈着)の治し方とは? 原因と治療方法
下着の跡によって色素沈着を起こすことがあります。これはサイズが合っていないきつい下着をつけていたりすると発生することが多いです。下着の跡が定着してしまうと、なかなか消えにくい傾向があります。 下...
目・眼球のしみ(結膜母斑)の治療方法とは? 原因と治し方
シミや色素沈着、ほくろなどは皮膚だけではなく目・眼球にも発現することがあります。 眼球の白目にできる茶色の濃いシミは結膜母斑(けつまくぼはん)という症状で、大きくなると目立つことがあります。 結膜母斑は特...
アトピー性皮膚炎によるしみ、色素沈着、黒ずみの治し方とは?
アトピー性皮膚炎による皮膚の慢性的な湿疹によって色素沈着を引き起こすことがあります。これは炎症後色素沈着症の一つで、ステロイド外用薬を避けた中途半端な治療になると、色素沈着を起こす可能性が高くなります。 ...
お尻の黒ずみ・色素沈着の治し方とは? 原因と治療方法
お尻の黒ずみ、色素沈着は多くの女性が悩む現象です。自分のお尻を鏡で見たら、気づかないうちにお尻が黒ずんでいてショックを受けたという女性は少なくありません。 今回は、黒ずんだお尻の治し方をご紹介します。 ...
陰部・デリケートゾーンの色素沈着・黒ずみを治す方法とは? 原因と治療方法
陰部、そけい部、ビキニラインなどのデリケートゾーンの黒ずみや色素沈着に悩む女性は少なくありません。男性に見られるデリケートゾーンにコンプレックスをもち、できるだけキレイにしたいと思う女性は少なくないようです。 ...
胸、背中、肩の色素沈着の治し方とは? 原因と治療方法
胸、背中、肩にかけての部分は、シミ、黒ずみ、色素沈着を起こしやすい部分です。それらの部分は紫外線の影響を受けていることが多く、気づかないうちにシミができていたということも多いようです。 また、胸や背中などはニキビなども...
外傷性刺青(外傷性タトゥー)の原因と治療 レーザー治療で治る?
外傷性刺青(がいしょうせいしせい)とは、皮膚にすり傷や切り傷ができたときに、砂利などの汚れを洗い流さないままにして傷口が治ると、汚れが皮膚に残って色素沈着を起こしてしまう現象です。 皮膚の中になんらかの色素が残ってしま...
茶あざ・扁平母斑・カフェオレ班の原因と治療方法 レーザー治療で扁平母斑は治る?
扁平母斑とは、茶色のアザがカラダの様々な場所に扁平的にできるものをいいます。メラニン色素が皮膚の浅い層に増加して発現し、均一な色調で境界がはっきりしているのが特徴です。 茶アザの中には、主に肩や腰まわりに濃い発毛を伴っ...
青アザ・太田母斑・伊藤母斑の原因とレーザー治療法
太田母斑(おおたぼはん)とは、濃い青色の小さな斑点が集まったものが、主に顔面の目の周囲を中心として現れる青アザをいいます。出生時から目立つ太田母斑と、思春期ごろから目立ってくる遅発性太田母斑があります。 日本人を含む東...
女子顔面黒皮症の原因と治療方法とは?
肌に合わない化粧品を使い続けることで、女子顔面黒皮症(じょしがんめんこくひしょう、別名:リール黒皮症)という色素沈着を起こすことがあります。その症状は、炎症が続くことで発生し、主に化粧品を多用する女性に多いことで知られています。 ...
摩擦黒皮症の原因と治療方法とは?
摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)とは、皮膚が繰り返し摩擦刺激を受けることでメラニン色素が皮膚に沈着して、黒ずんでくる症状をいいます。ナイロンタオルやボディブラシなどによって繰り返し刺激を受けることで引き起こされることが多いことから「...
炎症後色素沈着の原因と治療方法 炎症性色素沈着を予防するには?
炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)とは、皮膚が炎症を起こし、炎症が治まった後に発生する茶色のシミ・色素沈着です。皮膚が炎症を起こせば一部分を除き全身どこでも発生する可能性があります。 特に、日本人を含む黄色...
老人性色素班(日光性黒子)の原因と治療法
老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)とは、老化や紫外線の影響によって引き起こされる一般的なシミです。 他にも、「日光黒子(にっこうこくし)」「日光性黒子(にっこうせいこくし)」「日光性色素斑(にっこうせいしきそはん)...
レーザートーニングによるしみ・肝斑治療の効果と副作用
レーザートーニング(スタックトーニング)とは、肝斑(かんぱん)という特殊なシミに対して効果を発揮するレーザー治療方法です。 肝斑に対して一般的なレーザー治療や光治療を行うと、レーザー照射時のダメージによってかえって肝斑...
Qスイッチ・ヤグレーザーによるシミ・色素沈着・タトゥー消し治療の効果と副作用
Qスイッチ・YAGレーザー(ヤグレーザー)とは、基本波1064nm(ナノメートル)の波長をもつ、シミ、そばかす、アザ、太田母斑、タトゥー除去、ほくろ治療などの様々な色素性病変の治療に使用されるレーザー機器です。 また、...
Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーによるシミ治療の効果と副作用
Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーとは、アレキサンドライトという宝石を使用した、瞬間的に高いエネルギーで照射できるレーザーです。シミ、ソバカス、あざ、タトゥーなどの色素性病変に対して効果を発揮します。 アレキサンド...
Qスイッチ・ルビーレーザーによるしみ・そばかす・タトゥー治療の効果と副作用
Qスイッチ・ルビーレーザーとは、一度のレーザー照射で高い効果を得られるレーザー機器で、シミ治療で用いられる代表的なレーザーであることから「シミ取りレーザー」とも言われます。 ルビーレーザーは694nmという黒い部分(主...
IPL・フォトフェイシャルによる色素沈着・しみ治療の効果と副作用とは?
フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Pulsed Light:インテンス・パルス・ライト)という特殊な光によって様々な肌トラブルを同時に改善することができる光治療です。 フォトフェイシャルの光は幅広い波長...
ダーマローラーを使用した色素沈着・シミ治療の効果と副作用は?
ダーマローラーとは、とても細い針がついたローラーをわざと肌に刺していき、その傷を回復させようとする自然治癒力を利用して「コラーゲンの増加」と、「新しい皮膚との入れ替え」を促す美容法のこと。 一部の美容皮膚科などで行われ...
ケミカルピーリング治療によるしみ・くすみに対する美白効果とは?
ケミカルピーリングとは、角質を剥離する作用がある成分を肌に塗布して古い角質を剥がし、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促す治療です。 ケミカルピーリングは、主にニキビ治療や毛穴治療に用いられますが、肌のターンオーバー...
イオン導入(ビタミンC誘導体・プラセンタ導入)によるしみ治療の美白効果とは?
イオン導入とは、微弱な電流を使って肌に有効な成分の浸透を高める美容法です。「イオントフォレーシス」とも言います。 肌には皮脂膜や角質などのバリア機能があり、有効成分が思うように浸透しません。そこで、微弱な電流を用いたイ...
【画像】しみ・色素沈着の種類と治療方法一覧
しみとはメラニン色素が沈着した状態の総称であり、厳密には様々な種類のシミが存在します。 しみの種類は主に「老人性色素斑(日光黒子)」「雀卵斑(そばかす)」「肝斑」「炎症後色素沈着」などが有名です。それぞれ詳しく解説して...
美白化粧品で取れるシミと消せないシミの種類一覧
シミ・色素沈着を予防、改善するには、一般に美白化粧品が有効だとされます。ただし、美白化粧品でも改善できるシミの種類とそうでないシミの種類があります。一般に、境界線がはっきりとしていないモヤモヤとした色素沈着は美白化粧品によって効果が...
漢方薬でシミ・色素沈着は改善する? 美白に効く漢方薬
「日焼け後にシミができやすい」、「ニキビ跡の色素沈着がなかなか治らない」 そういったシミができやすいかどうかは肌質や体質が大きく関係しますが、血行不良や炎症体質が原因だったりする場合は漢方薬が効果を発揮するケースがあり...
ピーリングでメラニン排出し、しみ・色素沈着を改善
ピーリング(Peeling:剥がす)とは、タンパク質に反応する成分を塗布して古い角質を剥がし、肌の生まれ変わりを促す美容法です。化粧品などでもピーリング成分を含んだ角質ケアを目的とした商品が多く販売されており、それを使用することで自...
トレチノインによるシミ治療「色素沈着」に効く美白効果と副作用は?
トレチノイン(レチノイン酸)とは、生理活性がビタミンA(レチノール)の約50~100倍といわれるビタミンA誘導体の一種で、人間の血液中にも微量存在するものです。 トレチノインは皮膚細胞の核内受容体に作用して、角質を剥が...
蚊、蜂などの虫さされが原因のシミ・色素沈着の対処方法
蚊や蜂などによる「虫さされ」によって色素沈着を起こし、シミとなって長年残ってしまうことがあります。強い炎症反応(アレルギー反応)が起こるほど色素沈着も悪化しますので、素早い対処が必要です。 今回は虫さされによる色素沈着...