美白化粧品で取れるシミと消せないシミの種類一覧

カウンセリングの画像 シミ・色素沈着を予防、改善するには、一般に美白化粧品が有効だとされます。ただし、美白化粧品でも改善できるシミの種類とそうでないシミの種類があります。一般に、境界線がはっきりとしていないモヤモヤとした色素沈着は美白化粧品によって効果が期待できることが多いです。よくわからない場合は皮膚科医に相談してみましょう。

美白化粧品で取れるしみ

老人性色素斑(日光黒子)

加齢によるシミ(老人性色素斑) 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)とは、紫外線の影響や肌老化の影響によって引き起こされる一般的なシミで、色素沈着の中で最も多いタイプです。別名で「日光黒子」とも呼ばれます。

紫外線に当たるところに発現しやすく、特に顔面の頬のあたりにできやすい傾向があります。また、手の甲にも発生しやすいです。円形状の形をしており、しだいに濃くなっていくことがあります。肌老化の進行とともに脂漏性角化症という盛り上がりのあるシミになることがあります。

老人性色素斑は、美白化粧品で改善できる可能性があります。ただし、シミが大きくなったものや、濃くなったものは美白化粧品での改善は難しいかもしれません。濃いシミにはレーザー治療や光治療が有効です。

肝斑(かんぱん)

肝斑の写真 肝斑とは、主に顔の両側の頬骨あたりに左右対称に発生するモヤモヤとした女性特有のシミです。斑点が肝臓のような形状をして現れることから肝斑と名づけられています。肝斑は、女性ホルモンのバランスが変化することで発生すると考えられており、30代以降の女性に発生し、妊娠期、経口避妊薬(ピル)を服用時にも発現しやすくなります。

この肝斑にも美白成分が有効だとされます。特にトラネキサム酸やビタミンC誘導体などの美白剤が高い効果があります。また、従来は肝斑にはレーザー治療は厳禁だとされていましたが、レーザートーニングという皮膚に対する負担が少ないレーザーの登場により、肝斑に対するレーザー治療も効果を得られるようになっています。

炎症性色素沈着

炎症後色素沈着 炎症性色素沈着は、ニキビ、吹き出物、虫さされ、毛包炎、擦り傷、切り傷などが治った後に、茶色くシミとなって残ったものをいいます。皮膚の炎症によってメラニン色素が生成され、炎症の赤みが引いた後にメラニンだけが残ってしまった状態です。日焼けすることで色素沈着は悪化します。

炎症性色素沈着には美白化粧品が非常に有効です。特に、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トラネキサム酸などは高い効果があります。炎症後色素沈着は何もしなくても数年経過すると薄く消えていくことが多いですが、強い炎症の場合や、加齢によってターンオーバーが低下していると自然には消えにくいことがあります。

美白化粧品で取れないしみ・色素沈着

そばかす(雀卵斑)

そばかすの写真 ソバカスは、小さくて薄いシミが主に顔の中心部分から頬にかけて散在する遺伝性の色素斑をいい、「雀卵斑(じゃくらんはん)」ともよばれます。日本人には少なく、白人種に多く発生します。進行した場合は、肩から胸元などにも発生することがあります。

そばかすは遺伝性のシミであるためなのか、美白化粧品では効果が得られないことがほとんどです。ただし、ソバカスの予防と悪化には美白化粧品で効果があるとされます。ソバカスを消すには美白化粧品よりもレーザー治療や光治療が適しています。

脂漏性角化症(老人性疣贅)

脂漏性角化症 脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とは、シミの部分が盛り上がってイボのような状態になったものをいい、「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい」ともよばれます。主に顔や手の甲に発生しやすく、紫外線によって肌細胞に異常が起きることで発生すると考えられています。

脂漏性角化症は皮膚の形態が変化することで発生すると考えられ、美白化粧品では基本的に効果は得られません。このシミを消すには、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)や液体窒素による凍結療法などの治療が適しています。

光線性花弁状色素斑

光線性花弁状色素斑 光線性花弁状色素斑(こうせんせいかべんじょうしきそはん)とは、海水浴やマリンスポーツなどで強い紫外線を浴びた後に、水ぶくれを起こすようなサンバーン(日焼け)をした後に発生するしみです。花びらが散ったような形状で現れることからこの名がつけられています。

水ぶくれを起こすような日焼けは、皮膚の深い部分にまでダメージが及んでいるため、この場合の色素沈着は自然には治りにくい傾向があります。そのため、美白化粧品では改善は難しいかもしれません。この色素沈着を消すには、Qスイッチレーザーが有効です。レーザー治療によってキレイに治すことができます。