小鼻の周囲の赤みの原因と治す方法とは? 予防法と治療方法

鼻の脇の赤みの写真 小鼻のまわりが赤みを帯びているような状態は肌が荒れて見えたり、老けた印象を与えてしまうことがあります。

お化粧によって隠すことができますが、すっぴんになると鼻の赤みが恥ずかしいという女性は少なくないです。

小鼻の赤みの原因とは?

皮脂分泌が多いと小鼻の赤みが発生しやすい

鼻周辺の皮脂分泌が多いと、それだけ皮脂の酸化の影響を受けて肌が炎症を起こすことがあり、それによって赤みがひどくなることがあります。皮脂が多いほど皮膚は皮脂酸化の影響を受けますので、できるだけ皮脂分泌を抑制することが重要です。

紫外線の影響で皮脂が酸化する

紫外線によって皮脂は酸化し、過酸化脂質へと変化します。この過酸化脂質は皮膚に炎症を引き起こす要因となります。劣化した皮脂によって活性酸素が発生し、それによって皮膚が炎症を引き起こすのです。紫外線はできる限り浴びないようにすることが重要です。

過剰なスキンケアで皮膚が赤くなる

過剰なスキンケアによって角質ケアをしていると、肌が疲弊して赤みを帯びてくることがあります。皮脂分泌が多い人が必死に小鼻の汚れを落とそうとしてゴシゴシ洗いを繰り返すことで引き起こされやすいです。

毛穴パックによる皮膚の赤み

毛穴の汚れ、黒ずみを解消したいとして頻繁に毛穴パックを行っていると、必要な角質まで剥がれてしまって赤く炎症を起こしてしまうことがあります。何度も繰り返し毛穴パックを行っていると、皮膚へのダメージにより毛細血管が拡張して小鼻の赤みが残ったままの状態になることがあります。皮膚は基本的に余計なダメージを与えないことが基本です。

小鼻周辺の赤みは脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の可能性がある

脂漏性皮膚炎とは、皮脂を好むマラセチアなどの真菌(カビ)などや、皮脂の酸化、免疫低下などの様々な要因が原因となって引き起こされる皮膚病です。この脂漏性皮膚炎は、眉毛、口元、鼻周囲に現れることが多く、小鼻の周りの赤みも脂漏性皮膚炎が原因である可能性があります。

脂漏性皮膚炎の場合は、抗真菌剤(ケトコナゾール)やビタミン剤による治療が中心です。

小鼻の赤みの改善方法

ビタミンB群は肌トラブルを予防する

ビタミンB群は、補酵素として肌代謝に深く関与し、健康的な皮膚を維持するためには不可欠です。特に、ビタミンB2、ビタミンB6は肌の健康を維持するためには重要なビタミンだとされます。

ビタミンB2の美肌作用

ビタミンB2は、皮脂の抑制、過酸化脂質の抑制、皮膚の再生促進などの作用があります。不足すると、ニキビ、肌荒れ、口内炎、口角炎、脂性肌、皮膚炎を起こすことがあります。肌の健康を保つために不可欠なビタミンであることから、皮膚科のニキビや肌荒れの治療としてもビタミンB2の処方することが一般的です。

ビタミンB6の美肌作用

ビタミンB6は、肌代謝正常化、皮脂分泌抑制、タンパク質の代謝、皮膚病の予防などの働きがあります。脂性肌改善や脂漏性湿疹などの皮膚病の予防にはビタミンB6の摂取が重要だと考えられています。

ビタミンC誘導体の化粧品・化粧水は脂性肌を改善する

ビタミンC誘導体が配合されたコスメは、肌質の改善に効果があります。ビタミンCには、皮脂分泌の抑制(脂性肌の改善)、活性酸素を消去する抗酸化作用、コラーゲン増生作用、メラニン色素の合成阻害作用、メラニン還元作用などの肌を美しく導く様々な効果があります。

ビタミンCの抗酸化作用で皮膚の炎症を抑制し、皮膚の赤みを改善することができます。化粧品に配合される「ビタミンC誘導体」は炎症性の色素沈着や皮膚の赤みにとても効果があります。ビタミンC誘導体には大きく分けて水溶性と脂溶性(油溶性)の2種類があります。

水溶性ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、水溶性ではリン酸基と結合させた「リン酸アスコルビルMg」や「リン酸アスコルビルNa」があります。

脂溶性ビタミンC誘導体

脂溶性(油溶性)では、パルミチン酸(脂肪酸の一つ)と結合させた「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(略称:VCIP)」や「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(アプレシエ、略称:APPS)」などがあります。

IPL・フォトフェイシャルで皮膚の赤みが改善する

IPLフォトフェイシャル IPL(インテンス・パルス・ライト)という幅広い波長をもつ特殊な光を用いた光治療がフォトフェイシャルです。可視光線を中心とした幅広い波長を照射できるため、シミ、そばかす、皮膚の赤み、毛細血管拡張、毛穴の開き、脂性肌などの肌トラブルを同時に改善します。

フォトフェイシャルは一度の治療では劇的な効果はなく穏やかに作用するため、はっきりとした効果を得るには一般的に治療を複数回繰り返す必要があります。治療は3~5回が目安です。

ダウンタイムがなく安全に作用することから近年導入するクリニックも増えています。