下着の跡(黒ずみ・色素沈着)の治し方とは? 原因と治療方法

下着跡の画像 下着の跡によって色素沈着を起こすことがあります。これはサイズが合っていないきつい下着をつけていたりすると発生することが多いです。下着の跡が定着してしまうと、なかなか消えにくい傾向があります。

下着の跡について

下着跡ができる原因はどんなものがある?

サイズが合ってない下着の着用

サイズが合っていないブラジャーやショーツを身に着けていると、皮膚を圧迫して色素沈着を起こすことがあります。下着を外した後に皮膚が赤くなっていたら、その下着は合っていません。皮膚が赤くなるということは、肌が刺激を受けてメラニン色素の生成が活発になっているということです。常に適したサイズの下着を身に着けるべきです。

補正下着・矯正下着の着用

バストアップのために矯正下着・ガードルを着用していると跡が残ってしまうことがあります。矯正下着を着用するにしても無理のないレベルのものを使用しましょう。

体質的にメラニンが多い

肌質的にメラニン色素が多い人ほど下着が皮膚に擦れることで色素沈着を起こすことがあります。日本人は見た目では白い肌に見えてもメラニンを作り出す能力が高いため、物理的な刺激によって色素沈着ができやすいといえます。

冷え症の人ほど色素沈着を起こしやすい

冷え症の人ほど色素沈着が発生しやすいといいます。血行が悪いと、少しきつい下着を着用するだけで軽い内出血をする人もいるようです。日ごろから運動を心がけ、筋力をつけることでしだいに血行不良は改善されます。

下着跡は治る?

下着の跡は、通常は表皮層に存在するメラニン色素が真皮層に入り込んでいたりするため、改善にまで時間がかかることがあります。表皮性の色素沈着はハイドロキノンで薄くできる可能性があります。

ハイドロキノン

ハイドロキノンクリームの画像 ハイドロキノンとは、強力な美白作用をもつ成分で、即効性があることから「肌の漂白剤」といわれます。ハイドロキノンには主に以下のような美白作用があります。

  • メラニン色素を合成するチロシナーゼ酸化酵素の阻害作用
  • すでにあるシミを淡色化する還元作用
  • メラニン色素を作り出すメラノサイトの活動抑制作用

ハイドロキノンは皮膚の色素そのものを薄くしていく作用があるため、下着跡の色素沈着を薄くしていくことができる可能性があります。

ハイドロキノンには強力な還元作用がある反面、酸化しやすい性質があり、酸化して劣化したものは肌への刺激性が強くなることがあります。そのため、できるだけ新鮮なものを早期に使い切るようにしましょう。また、成分そのものが肌に合わない人もいます。ハイドロキノンの品質劣化の問題を解決した「安定型ハイドロキノン」では、酸化の問題が大幅に軽減されています。