皮脂の酸化(過酸化脂質)が肌のシミ、くすみ、黒ずみの原因になる?

女性が肌に悩む画像 肌がくすんで透明感を失うと、疲れた印象や老けた印象を与えてしまいます。

肌のくすみが引き起こされる原因には様々ありますが、その一つに過剰な皮脂分泌や皮脂の酸化の影響が考えられます。上手に皮脂コントロールすることが美肌のポイントになります。

肌のくすみと皮脂分泌、過酸化脂質について

皮脂は時間がたつと酸化し過酸化脂質に変化する

女性の肌の悩み 皮脂腺から分泌された皮脂は空気(酸素)に触れ、時間の経過とともに酸化して過酸化脂質へと変化していきます。油料理をした後のドロドロと劣化した油のような状態に変化するのです。皮脂の酸化によって肌が黒っぽくなり、くすんで見えるようになります。

毛穴の汚れが溜まるとくすんで見える

酸化した皮脂が毛穴の中で固まってしまい、毛穴の黒ずみ汚れが溜まってしまうと肌が全体的にくすんで見えるようになることがあります。また、毛穴の汚れによって毛穴が大きく開いて目立つようになると、一つ一つの毛穴が影となって肌の印象が暗く見えることもあります。

酸化した皮脂(過酸化脂質)は肌を刺激しメラニン生成を促す

皮脂が酸化すると過酸化脂質に変化します。その過酸化脂質は肌に刺激を与えて活性酸素を発生させ、肌細胞はその刺激から肌を保護するためにメラニン色素を作り出します。酸化した皮脂の影響によって日焼けをしているわけでもないのに肌全体が黒ずんでしまうこともあります。

皮脂の酸化の影響は皮脂分泌量に比例する

一般に油は空気(酸素)に触れるほど酸化の影響を受ける性質をもち、油の量が多いほど酸化の影響を受けやすいといえます。皮脂も同じように皮脂量が多いほど酸化の影響を受けやすく、肌にとって刺激を与えやすい物質となります。そのため、皮脂分泌を上手にコントロールすることが美肌にとって重要になります。

皮脂が酸化しやすくなる要因

紫外線

紫外線は皮脂の酸化をまねく最も大きな要因です。紫外線を浴びると活性酸素が生み出され、皮脂の酸化を促してメラニン色素の合成が活発になります。また、紫外線は真皮層にまで届いてコラーゲンやエラスチンなどの線維組織を変性させてシワやタルミを引き起こす肌老化の大きな要因となります。

ストレス

ストレスを受けると皮脂が酸化しやすくなるといわれています。実際にストレスを感じる人ほど皮脂中の過酸化脂質の割合がはっきりと多いことがわかっています。ストレスによってヒトの体に備わってる抗酸化機能が低下しているのかもしれません。

肌の皮脂ぐすみ対策

しっかりとした洗顔が基本

洗顔をする画像 変性した皮脂によるくすみ、毛穴の汚れを解消するには丁寧な洗顔が基本です。キメの細かいたくさんの泡を作って優しく洗うようにすると、しだいに毛穴の汚れが減少してくるはずです。

毛穴の汚れを解消したいからといってゴシゴシ洗ったりすると、必要な皮脂や角質を取りすぎたり、摩擦によるメラニンの生成を促して、かえってシミ、くすみを引き起こすことがあります。皮脂を取りすぎと肌は潤い不足だと認識してしまって、かえって余計に皮脂分泌を促してしまうこともあります。

毛穴につまった皮脂汚れにはピーリング or 酵素洗顔

毛穴に溜まった汚れというのは通常の洗顔では落ちにくくなります。そこで、古い角質を取り除くピーリングによって毛穴をふさぐ古い角質を除去すると毛穴の汚れが落ちやすくなります。ピーリングにはグリコール酸や乳酸などのフルーツ酸が使用されます。

フルーツ酸は、角質ケアを目的とした市販の化粧品に配合されています。それを使用して定期的に古い角質を取り除くようにしましょう。また、パパイン酵素などが配合された酵素洗顔によってもフルーツ酸と同様の角質除去効果が得られます。

ビタミンB2、ビタミンB6をしっかりと摂取

ビタミンB2やビタミンB6には皮脂分泌をコントロールする働きがあります。ビタミンB2、B6には、皮膚粘膜の産生を正常にする働き、皮膚炎を予防する働き、過酸化脂質を抑制する働きなどがあり、それらのビタミンが不足すれば、ニキビ、肌荒れ、口内炎、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)などを引き起こすことがあります。

ビタミンB2は、納豆、レバー、魚類、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれます。ビタミンB6は、魚類全般、レバー、バナナなどに多く含まれます。どちらのビタミンも、様々な食品に幅広く含まれます。好き嫌いのないバランスの良い食生活をおくっていれば、不足することはないと思います。