ハイドロキノンにはステロイドが配合されている?

ハイドロキノンクリーム ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を強力に抑制して肌を白く導く作用があります。また、メラニン色素を作り出す細胞そのものの働きを阻害するため、短期間で色素沈着を薄くできる効果があります。

美白効果が高いハイドロキノンですが、保存状況や使用環境、高濃度の使用など、場合によっては赤みや炎症、かゆみを引き起こす可能性があります。そのため、一部のハイドロキノン化粧品にはステロイドが配合されている場合があります。

ステロイド(抗炎症性ステロイド)とは?

ステロイドとは、副腎皮質ホルモンのもつ抗炎症作用に着目した化合物で、アレルギー性疾患などのさまざまな免疫系が関与する病気の治療に用いられる医薬品です。

免疫を抑制する働きがあるため、免疫系の疾患には高い効果を得られる反面、長期的な使用によって免疫が効かなくなってしまう作用もあります。ステロイドを長期的に使用すると主に以下のような副作用が起こる可能性があります。

  • 免疫反応の低下
  • 皮膚の萎縮して薄くなる
  • 皮膚の変色(赤くなる、黒くなる)
  • 毛細血管の拡張
  • 血管壁や皮膚が弱なる

ハイドロキノンに配合されるステロイド

ハイドロキノンにステロイドが配合されている理由は?

濃度や使用状況、肌質などによってハイドロキノンで軽い炎症やかゆみを引き起こすことがあります。それらの症状を緩和するために抗炎症や痒みを軽減する働きがあるステロイドが配合されていることがあります。

ただし、すべてのハイドロキノン商品にステロイド配合が必要なわけではありません。

ハイドロキノンに含まれるステロイドの濃度

ハイドロキノンに含まれるステロイドは皮膚に対して強い反応を起こすレベルではありません。痒みを抑える虫刺され薬にもステロイドが配合されていることがありますが、それらはステロイドの中でも副作用が低いレベルであり、ハイドロキノンに含まれるステロイドも虫刺され薬と同様のレベルです。

ただし、副作用の少ないステロイドでも長期的に使用した場合、免疫が弱くなるなどの副作用を受ける可能性があります。

安定化ハイドロキノンにはステロイドは配合されていない

不安定な性質をもつハイドロキノンを安定化させた「安定型ハイドロキノン」においては、肌への刺激性が軽減されており、通常はステロイドは配合されていません。