イオン導入(ビタミンC誘導体・プラセンタ導入)によるしみ治療の美白効果とは?

イオン導入の画像 イオン導入とは、微弱な電流を使って肌に有効な成分の浸透を高める美容法です。「イオントフォレーシス」とも言います。

肌には皮脂膜や角質などのバリア機能があり、有効成分が思うように浸透しません。そこで、微弱な電流を用いたイオン導入を行うことで有効成分を肌の奥まで届けることができます。

イオン導入は、一部の美容皮膚科やエステサロンなどで提供されています。また、店頭や通信販売などで販売されている「イオン導入器」を購入すれば、自分でホームケアすることもできます。

イオン導入(イオントフォレーシス)について

イオン導入の効果とは?

イオン導入では、通常の数十倍もの浸透を高める働きがあるといわれています。使用する有効成分は主に「ビタミンC誘導体」や「プラセンタエキス」などが一般的です。

水溶性ビタミンC誘導体のイオン導入の効果

水溶性ビタミンC誘導体を普通に塗布した場合では、皮脂や角質などのバリアによって成分が思うように浸透しにくく、限られた効果になりますが、イオン導入では成分を肌内部へと浸透させることができます。

  • メラノサイト内でメラニン色素を合成するチロシナーゼ(酸化酵素)の働きを阻害し、美白に導く。
  • すでにあるメラニンの沈着を淡色化する還元作用をもつ。
  • 肌細胞賦活作用がある。肌細胞活性化作用。
  • コラーゲンの増生を促す。
  • 毛穴を引き締めてキメを整える。
  • 皮脂分泌を抑制する。

ただし、肌への浸透性を高めた脂溶性ビタミンC誘導体では、イオン導入を行うことなく効率的に肌内部へと浸透させることができるため、それを使用すればイオン導入の必要はないといわれることがあります。水溶性ビタミンC誘導体は即効性が特長で、脂溶性ビタミンC誘導体は持続性や浸透性は高いのが特長です。

脂溶性ビタミンC誘導体は、「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(略称:VCIP)」や「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(アプレシエ、略称:APPS)」などがあります。

プラセンタエキスのイオン導入の効果

プラセンタエキスは、各種成長因子やビタミン、ミネラル、アミノ酸などを豊富に含み、細胞賦活作用、美白作用などを有します。プラセンタエキスの成分を肌の奥まで届けるためには、イオン導入はとても有効です。

  • EGF(上皮細胞増殖因子)、FGF(繊維芽細胞増殖因子)などの各種成長因子を豊富に含み、ターンオーバーを活性化させてメラニンの排出を促す。
  • メラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを阻害する。
  • ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを豊富に含み、細胞賦活作用や保湿作用をもつ。
  • 細胞賦活作用により、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの生成を高める。

ケミカルピーリングとの併用

イオン導入を行う前に、ケミカルピーリングを行うことで有効成分の浸透をさらに高めることができます。ケミカルピーリングとは、薬剤を使って角質を剥がす治療で、角質を剥離することで有効成分が浸透しやすくなります。

美容皮膚科、エステサロンでのイオン導入について

施術内容

Step1洗顔・クレンジングをして、お化粧や肌の余計な汚れを取り除きます。
Step2エステサロンや美容皮膚科では、イオン導入の浸透力を高めるためにイオン導入とセットでケミカルピーリングを行うことがあります。(エステサロンでは皮膚科で行われるようなケミカルピーリングは原則として禁止されているため、穏やかな作用のある成分が使用されることが多いです)。
Step3水溶性ビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどをイオン導入していきます。微弱な電流により、ややピリピリ感があります。
Step4イオン導入後は、保湿をして肌を整えます。
Step5施術後はすぐお化粧をすることもできます。イオン導入にはダウンタイムはありません。

治療回数の目安

シミ、色素沈着の治療におけるイオン導入の治療回数の目安は、一般に1~2週間に1回の間隔で行うと効果的だと言われます。

治療時間

治療時間は、顔全体の施術で10~20分程度はかかります。

施術料金

施術費用は数千円です。安いところでは3000円ほどです。

ホームケアでイオン導入を行う際の副作用・注意点

イオン導入器の画像 イオン導入は一部の美容皮膚科やエステサロンだけではなく、市販商品でイオン導入器を購入することでも行うことができます。その場合は、ビタミンC誘導体化粧水などをコットンに含ませ、気になる部分にイオン導入するという形になります。

  • 電流を皮膚に流すため、やや皮膚への刺激があります。
  • 同じ個所に1分以上も当ててはいけません。やりすぎに注意します。
  • すべての有効成分を肌の奥に送り込めるわけではなく、浸透できるのは主に小さな分子量のものだけで、分子量が大きいもの(例えばコラーゲンやヒアルロン酸など)はイオン導入によって皮膚へ浸透させることはできません。