日焼け後の対処方法 赤み、ヒリヒリ感、水ぶくれ(水疱)の処置・スキンケア

日焼けで背中が皮むけした画像 皮膚の皮がむけたり、水ぶくれ(水疱)ができたり、皮膚が赤くヒリヒリするような日焼けをした後はシミ、色素沈着が現れやすくなります。

特に、普段から紫外線を浴びない生活をしている人ほど、日焼け後に色素沈着を起こしやすい傾向があります。強い日差しを浴びた後は適切な処置をすることでシミ・色素沈着を予防できます。

日焼け後のスキンケア対策

強い日焼けした後はとにかく冷やす

日焼けといっても基本的に火傷(やけど)と同じ状態になっています。やけどしたらすぐに冷水で冷やすと良いと言われるように、日焼けの場合もとにかく冷水で冷やして皮膚の炎症、ほてりを抑えることが重要です。

冷やす方法は、全身にわたる日焼けの場合は水風呂が理想的です。シャワーでも十分です。冷やす時間は一回10~15分ほどで、日焼け当日は数時間おきに数回繰り返します。日焼けしてからできるだけ早く冷やすほうがダウンタイムを抑制できます。

氷や保冷剤などを使って長い時間にわたって冷やしたりすると、かえって皮膚が冷えすぎてしまって再生力が低下してしまうことがあり、やりすぎると凍傷になる可能性もあります。日焼け後の肌は冷水で冷やすようにしましょう。

強い日焼けした後は赤みが引くまで熱いお風呂には入らない

日焼けによるサンバーンを起こした画像 日焼け後に熱いお風呂やシャワーを浴びたりするような皮膚を温める行為は、さらに炎症が悪化してしまう原因になります。入浴の際は冷水~ぬるま湯で簡単に汚れを落とすようにし、肌に刺激を与えないようにしましょう。

カラダを洗う時にも、ナイロンタオルでゴシゴシ洗ったりしないようにし、手洗いで優しく洗うようにしましょう。日焼けの度合いによっては石鹸などが刺激になることがあり、その場合は石鹸を使用せずに水洗いのみにしましょう。

日焼け後の水ぶくれ(水疱)は潰さない

日焼け後の水ぶくれの写真 強い日焼けをすると、水ぶくれ(水疱)になってしまうことがありますが、水ぶくれの中には、傷ついた皮膚のダメージを修復する天然成分が含まれているため、潰さないようにしましょう。

患部を湿潤状態に維持することで、より早くキレイに治ります。(湿潤療法:モイストヒーリング)また、自己判断で水ぶくれを潰してしまうと、そこから細菌感染により炎症が悪化してしまうケースもあります。

水ぶくれができるということは、皮膚の深い部分がダメージを受けている証拠ですので、皮膚科医に診てもらって薬を処方してもらうのが理想的です。

日焼け後の肌は化粧水で保湿する

化粧水を使う写真 紫外線を多く浴びた肌は、紫外線ダメージにより水分不足に陥っています。紫外線によって皮膚細胞も傷ついているため、セラミドやヒアルロン酸、天然保湿因子(NMF)などの潤い成分を作り出す能力も低下しています。

そのため、日焼けした後の肌はしっかりと冷水で冷やして、その後は化粧水などで保湿をして肌の再生力を促してあげましょう。刺激性の少ない化粧水が理想的です。

さっぱりタイプの化粧水の中には、エタノールのような肌を乾燥させる成分が多く含まれていることがありますので、しっとりタイプの化粧水のほうが良いと思います。

ワセリンで湿潤状態をつくる

肌がダメージを受けた場合は、湿潤療法といってワセリン(白色ワセリン、サンホワイトなど)を使って皮膚を保護し、湿潤状態をつくってあげると肌の回復が早まります。ワセリンがあれば家庭でも治療できます。また、ワセリンを塗った後にサランラップなどでさらに湿潤状態を高めると、より効果的です。

ただし、夏場に皮膚にラップをしていると、あせもを引き起こす可能性もあります。

マッサージなどの肌を活性化させるようなことはしない

女性が肌に悩む画像 日焼けがある程度おさまった後に、肌の再生を促したいとしてマッサージなどを行う人がいますが、日焼け後に肌を活性化させるような行為は、かえって色素沈着をまねいてしまうことがあります。赤みが引いてからも炎症が残っていることがあるため、あまり刺激を与えないようにすることが基本です。

日焼け後の症状がひどい場合は皮膚科へ受診

ひどい日焼けをした後は、皮膚の赤みやほてりだけではなく、疲労感、体のだるさなどの症状が出る場合があります。全身の日焼けというのは全身をヤケドした状態と同じであり、ヤケド状態を回復させるために必要以上に体が酷使されて、疲れ、だるさなどを感じることがあります。

日焼け後の水ぶくれ(水疱)やびらん形成が広範囲に及ぶ場合には、ヤケド治療と同じように入院治療(点滴治療)が必要になることがあります。広範囲にわたって日焼けした場合は、極端に免疫が低下して感染症などを引き起こしやすくなります。日焼けのレベルがひどい場合は、自己判断でケアするより病院を受診すべきです。

日焼けに対して皮膚科で処方される外用薬・内服薬

  • ワセリン。(白色ワセリン:プロペト)
  • 【症状が軽い場合】キンダベート軟膏、ロコイド軟膏などの中程度レベルのステロイド外用薬。
  • 【症状が強い場合】リンデロン-VG軟膏、プロパデルム軟膏などのストロングクラスのステロイド外用薬。場合によっては内服薬。

ステロイドをワセリンで希釈(濃度を薄めること)した軟膏が処方されたりします。