紫外線が肌細胞のミトコンドリア遺伝子を損傷させる? 紫外線の肌老化の関係

肌に悩む女性の画像 肌老化の原因の多くが紫外線による影響だといわれています。そして紫外線の影響による老化を「光老化」と呼んだりします。

その紫外線はシミ、そばかす、シワ、たるみ、などを引き起こす要因になりますが、肌細胞の遺伝子(DNA)そのものにダメージを与えることでも知られています。

紫外線による肌の老化「光老化」

紫外線はミトコンドリア遺伝子を傷つける

紫外線を嫌がる画像 紫外線は肌細胞で代謝を担うミトコンドリア遺伝子を損傷させる働きがあります。紫外線によってミトコンドリアDNAが傷つくとエネルギー代謝機能が乱れて、ターンオーバーの乱れや肌の乾燥を引き起こすことがあります。遺伝子がダメージを受けると正常な細胞分裂が行われなくなり、つまりそれは肌老化を進行させていることを意味します。

UV-A(紫外線A波)は活性酸素を生み出し線維芽細胞にダメージを与える

線維芽細胞は真皮層においてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などのハリや弾力を担う成分を生み出している細胞です。紫外線A波(UV-A)は真皮層にまで届いて活性酸素を発生させ線維芽細胞のエネルギー器官であるミトコンドリア遺伝子を損傷させます。紫外線ダメージによって線維芽細胞の働きが衰えると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが作られなくなって皮膚が重力方向にたるんでしまうようになります。

UV-A(紫外線A波)はコラーゲンやエラスチンを変性させる

地上に降り注ぐ紫外線にはUV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)の2種類がありますが、このうちUV-Aは波長が長いため、表皮層だけではなく真皮層のような皮膚の深い部分にまで到達してダメージを与えます。そして、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えてそれらを変性させ、皮膚の弾力性、伸縮性を奪ってしまいます。コラーゲンなどが紫外線の影響によって劣化したゴムのように変化し、シワやたるみを引き起こしてしまうのです。

紫外線は基底層・基底膜にダメージを与える

表皮には、表面から角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層から構成されていますが、表皮細胞やメラニン色素は表皮の土台である基底層で作られます。紫外線はこの基底層に対してダメージを与えて正常な肌作りを乱し、ターンオーバーを乱す原因となります。

また、表皮の土台となる基底層がダメージを受けると、基底膜が崩れてメラニン色素が真皮層に入り込んでしまうことがあります。こうなると改善しにくい頑固なシミとなって残ってしまうようになります。

紫外線は角質層のケラチンを変性させ透明感を奪う

紫外線は角質層のケラチンというたんぱく質を変性させます。ケラチンは通常は真っすぐな構造をしており、充分な水分や適度な皮脂があれば、光をきれいに反射して肌を美しく見せますが、紫外線によってケラチンの構造が乱れると、水分を保持する能力が低下して、肌の透明感が失われ、くすんで見えてしまうようになります。ケラチンがダメージを受ける原因は紫外線のほかに皮膚の炎症や皮脂の酸化(過酸化脂質)などの影響もあります。

角質層は0.02mmほどの厚みしかありませんが、肌の健康と美しさにとって重要な役割をはたしています。