日焼け止め化粧品の「SPF」と「PA」の表示の意味とは?

日焼け止めの画像 しみ、しわ、たるみなどの肌老化の原因の多くは紫外線による影響だといわれ、一説には肌老化のほとんどが紫外線ダメージによる影響だといわれています。

紫外線を予防するためには、紫外線を浴びないことはもちろん、屋外に出るときには必ずサンスクリーンで紫外線をブロックすることです。

その日焼け止めコスメには「SPF」と「PA」という表示があり、それぞれ紫外線の種類に対するブロック効果を表すものとして基準にされます。

SPFとPAについて

SPF(Sun Protection factor)

日焼け止めの画像 SPFは、UVB(紫外線B波)によるサンバーン(日焼け後の赤み)の予防効果を数値化したものです。

何も紫外線対策をしていない素肌で日焼けが始まる時間を「1」とすると、日焼け止めを塗った場合に、どれくらい日焼けを遅らせることができるかを倍数で数値化したのがSPFで、例えば、何もしない場合に20分で日焼けが始まる場合、SPF10では200分、SPF20では400分、サンバーンを遅らせることができます。

地上に降り注ぐ紫外線にはUVAとUVBがありますが、そのうちUVBは波長が短くてエネルギーが強いため、皮膚へのダメージが強くなります。そのため、サンスクリーン剤にはUVBのブロック効果を示すSPFの数値が特に重要視されます。

PA(Protection grade of UVA)

PAは、UVA(紫外線A波)のブロック効果を表したものです。効果は4段階に分かれています。

  • PA++++・・・極めて高い効果がある。
  • PA+++・・・非常に高い効果がある。
  • PA++・・・高い効果がある。
  • PA+・・・効果がある。

UVAは、波長が長くエネルギーが弱いため、UVBのようにサンバーンといわれる、日焼け後の赤み、ヒリヒリ感、火傷(やけど)したような水ぶくれなどを引き起こすことは通常はありません。ただし、波長が長いことから皮膚の深部にまで届いて、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどを緩やかに変性、損傷させる作用をもちます。

UVAは長期的に肌老化をまねく要因であることから、UVAブロック効果の目安であるPAを重要視する人も少なくありません。

UVAとUVBによる肌ダメージの違い

紫外線には波長の違いによりUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3種類に分類されています。その中で、地上に降り注ぐ紫外線は、UVAとUVBの2つの紫外線です。UVCは紫外線の中でも特に波長が短いことからオゾン層に吸収されて通常は地表には降り注いでいません。

UVA(紫外線A波)の特徴

UVAは、波長が長く、皮膚に対するダメージはあまり強くありません。ただし、波長が長いため皮膚の深い層にまで到達して、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどを変性・損傷させます。また、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す線維芽細胞を損傷させ、長期的に浴び続けると肌老化を促進させる要因と考えられています。

地上に降り注ぐ紫外線の90%以上がUVAだといわれており、波長が長いことから雲が多い日でも多く地表に降り注いでいて、UVBよりも雲の影響を受けません。また、UVAは波長が長いことから窓ガラスを30%ほどの割合で通過することがあり、室内にいても知らないうちにUVAを浴びて光老化が進行している可能性があります。

UVB(紫外線B波)の特徴

一方、UVBは、UVAよりも波長が短く、エネルギーが強いため、皮膚へのダメージが非常に強くなります。日焼け後に強い赤みなどの炎症(サンバーン)を起こすのはこのUVBによるものだと考えられています。

ただし、波長が短いことからUVAのように皮膚の深い層に到達せず、真皮層に対してはダメージを及ぼしません。ですが、表皮に対して強いダメージを与えることが非常に問題です。

UVBは地表に降り注ぐ紫外線のほんの数%しかなく、雲などの厚さによって地表に降り注ぐ量が大きく変化します。また、波長が短いことからUVAのように窓ガラスを通過することもありません。ただし、エネルギーが強いので少しの量でも肌に対してダメージが強くなるのが特徴です。