ハイドロキノンの発がん性の危険性とは?「ハイドロキノンのリスク」

女性医師によるカウンセリング写真 ハイドロキノンには発がん性のリスクがある可能性が指摘されています。ハイドロキノンは不安定な物質で、非常に酸化されやすく、使用状況によっては肌への負担が大きくなる問題を抱えています。

安定化されたハイドロキノンでは酸化の問題が軽減されていますが、それでも酸化されると刺激性の強い物質に変化します。

発がん性リスクの可能性

ハイドロキノンには発ガン性の可能性がある

日本の厚生労働省にあたるアメリカ食品医薬品局(FDA)は、動物実験においてハイドロキノンに発がん性リスクの可能性があると報告しています。

ハイドロキノンには変異原性という生物の遺伝情報に変化をひき起こす作用が動物実験で認められており、発がんリスクの可能性があるのではないかと指摘されています。

ただし、安全な濃度で適切な使用を守ればハイドロキノンによる発ガンリスクはゼロに近いレベルだとされます。

ハイドロキノンが禁止されている国もある

ハイドロキノンには発がん性リスクがあることから、ハイドロキノンの販売が認められていない国もあります。発がんリスクが限りなくゼロに近くても完全に否定できないので化粧品としての販売が認可されていないようです。

また、ハイドロキノン配合化粧品の販売を認めている国でも、化粧品に配合する濃度を安全なレベル(例えば2%未満など)に規制している国も存在します。

日本では2002年から認可

以前は、日本では安全性の問題点からハイドロキノンの化粧品への配合を禁止していましたが、適切な使用を守れば安全に高い効果を得られることが認められ、2002年から市販化粧品への配合が認可されています。

ハイドロキノンは上手に使用すればトラブルは起こりにくく、高い効果を得られる美白剤ですが、使用を誤るとトラブルを起こす可能性がある薬品であることから一般的な美白剤として広く用いられていないのが現状です。

ただし、安定化されたハイドロキノンにおいては酸化による変質や安全性が改善されており、市販化粧品でも従来よりも高濃度で長期間の使用が出来るようになってきています。