Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーによるシミ治療の効果と副作用

Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーの画像 Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーとは、アレキサンドライトという宝石を使用した、瞬間的に高いエネルギーで照射できるレーザーです。シミ、ソバカス、あざ、タトゥーなどの色素性病変に対して効果を発揮します。

アレキサンドライトレーザーは、755nm(ナノメートル)の波長をもち、この波長の性質は日本人の肌に適したレーザーであることから、シミ、そばかす、アザ、タトゥー除去のほかに、医療レーザー脱毛としても用いられるレーザーです。

Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーの「Qスイッチ」とは、高いエネルギーをナノ秒単位という瞬間的に照射することができる装置をいいます。非常に短い時間に照射されるため、高いエネルギーでも肌に対するダメージが少ないメリットがあります。

Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーの効果について

アレキサンドライトレーザーの波長は755nm(ナノメートル)です。

シミや色素性病変に使用されるレーザーの吸収レベル

Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーの755nmの波長は、メラニン色素などの黒い部分によく吸収されることと、ヘモグロビンなどの赤い部分に反応しにくく、血管などの組織に対してダメージが少ない特徴があります。

694nmの波長をもつルビーレーザーよりも波長が長いため、より皮膚の深い部分にまで届くメリットがあります。また、ルビーレーザーよりも黒い色素に吸収されにくいため、メラニン色素が多い日本人の肌色にもダメージが少ないといえます。

効果

  • 選択的に黒色の色素の反応する性質により、様々な色素性病変に対して作用する。
  • レーザー照射によって破壊されたメラニン色素は、ターンオーバーによって排出されたり、マクロファージ(白血球の一種)によって処理されます。
  • 日本人の肌質に適した波長をもち、ダメージが抑制されている。
  • ルビーレーザーと比較すると、レーザー照射後の色素沈着、瘢痕、色素脱色などのリスクが少ない。
  • 黒い部分に反応して毛根部(毛球部、毛乳頭、毛母細胞など)を破壊することから、脱毛レーザーとしても使用される。

適応症状

  • メラニン色素による色素性病変。しみ、老人性色素斑(日光性黒子)、そばかす(雀卵斑)、光線性花弁状色素斑、炎症後色素沈着、外傷性色素沈着など。
  • アザ、青あざ(太田母斑など)、茶あざ(扁平母斑など)。
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
  • ほくろ。(盛り上がりのない平らなホクロ)
  • タトゥー、刺青、アートメイク。

治療について

病院における治療は以下のようにすすみます。

Step1カウンセリング。色素性病変の診断。

Step2洗顔、クレンジングによって肌の汚れを落とす。お化粧が残っているとレーザーの効果がしっかり得られません。

Step3照射部位を冷やす。(冷やすことでレーザー照射時の痛みが緩和されます)。必要な場合は表面麻酔をする。

Step4目を保護するための、ゴーグル、シールドを装着する。

Step5レーザー照射。ゴムでパチッと弾かれたような痛みがあります。

Step6照射部位を冷やす。照射部位は熱をもっているので冷やしてクールダウンさせます。

Step7照射部位に保護テープを貼って終了。

アフターケア

  • 施術後は瘡蓋(かさぶた)ができます。そのかさぶたが自然に剥がれるまで軟膏と保護テープによって湿潤状態を維持する必要があります。(この処置によって患部がより早く綺麗に治ります)。
  • カサブタを無理に剥がしたりしないようにしましょう。
  • かさぶたが自然にとれると、皮膚はピンク色になります。時間の経過とともに元の肌色に回復していきます。この時期は、特に紫外線や物理的な刺激を与えないようにしましょう。

治療時間

小さなシミの場合は、数分で終わります。広範囲にわたるタトゥー除去の場合はさらに時間を要します。また、広範囲になると麻酔をする時間が必要になることがあります。(麻酔は30分前後です)。

治療回数の目安

単純なシミ治療の場合は、1回の治療で改善することが多いですが、シミが再発することがあります。その場合は期間をあけて再度治療します。アザやタトゥー治療の場合は、ほとんどの場合は複数回の治療が必要です。(浅い部分の小さな刺青の場合は1回で良い場合もあります)。

Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーの副作用や注意点

  • 施術前も施術後も紫外線を浴びないようにしましょう。レーザーは黒い色に吸収されるので日焼け肌には治療ができないことがあります。また、治療後に日焼けしてしまうと、色素沈着を起こす可能性があります。
  • 妊娠中では、女性ホルモンの影響によって治療後の色素沈着がひどくなることがあるため、通常は治療を控えたほうが無難です。
  • アトピー性皮膚炎などで症状の悪化リスクがある場合は治療を控えたほうがいいかもしれません。
  • 治療後に一時的にシミが濃くなることがありますが、しだいに薄くなっていくはずです。
  • シミの種類によってはレーザー治療後にかえってシミが濃くなってしまうケースがあります。特に肝斑といわれるシミにはQスイッチ・アレキサンドライトレーザーは適さないとされています。