油溶性甘草エキス(グラブリジン)の色素沈着・しみに効く美白効果と副作用

化粧品の画像 油溶性甘草エキス(ゆようせいかんぞうエキス)とは、マメ科植物の甘草の根から抽出されたフラボノイドを主体とした油溶性の植物エキスです。フラボノイドを主体とした成分で、フラボノイドの中でも主成分の「グラブリジン」や「グラブレン」にはメラニン色素の生成を抑制する働きがあり、高い美白効果があるといわれています。

また、消炎作用、抗酸化作用、紫外線吸収作用なども有するため、美白化粧品だけではなく化粧品有効成分として幅広く使用されています。

油溶性甘草エキスは、その主成分をとって「グラブリジン」ともよばれ、また、フラボノイドを主体としたエキスであるため「甘草フラボノイド」とも呼ばれることがあります。(油溶性甘草エキス=グラブリジン=甘草フラボノイド)

油溶性甘草エキスの美白効果

油溶性甘草エキスはチロシナーゼの活性を抑制する

シミや肝斑の正体であるメラニン色素は、紫外線や物理的な刺激などの肌ダメージによって情報伝達物質(エンドセリン、プロスタグランジンなど)が生み出され、その情報伝達物質がメラノサイトを活性化してチロシナーゼという酸化酵素を活性化し、チロシナーゼがアミノ酸のチロシンをメラニンに変化させることで作られます。

油溶性甘草エキスの主成分である「グラブリジン」や「グラブレン」などのフラボノイドには、このチロシナーゼ酸化酵素の働きを阻害する働きがあり、メラニン色素の生成を抑えて、シミやくすみを予防し、透明感のある白い肌へと導きます。

主成分の「グラブリジン」にはビタミンC(アスコルビン酸)やコウジ酸などよりも高いメラニン色素の合成を阻害する働きがあるといわれています。

チロシナーゼの働きを阻害して美白に導く成分には、油性甘草エキスの他に「アルブチン」「コウジ酸」「エラグ酸」「ルシノール」「ビタミンC誘導体」「プラセンタエキス」などがあります。

油溶性甘草エキスは肝斑の治療に利用される

油溶性甘草エキスにはメラニン色素の生成を抑制する美白効果があり、シミ、そばかすなどの色素沈着に有効ですが、その中でも特殊な色素沈着である肝斑に対する効果が高いといわれます。そのため、一部の美容皮膚科やエステサロンなどでは肝斑の治療に油溶性甘草エキスが配合された美白剤が用いられるケースが少なくありません。

肝斑の画像 肝斑とは、主に30代から50代の女性の額や頬に左右対称にできるシミで、妊娠期やピル(経口避妊薬)を服用中に症状が出てくるケースが多いことから、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが関与しているのではないかといわれている色素沈着です。

甘草には消炎効果がある

甘草には優れた消炎効果があります。メラニン色素は肌の炎症によって生成が加速しますが、甘草エキスの抗炎症作用によって皮膚の炎症を抑制し、余計なメラニンの合成を抑えます。

油溶性甘草エキスの注意点・副作用・危険性は?

漢方薬として使用される甘草

甘草は漢方薬として使用される成分であり、消炎効果もあるためかぶれにくく、肌が敏感な人でも使用しやすい成分です。

甘草が肌に合わないケースもある

一般に甘草エキスのような植物エキスには安全性が高いイメージありますが、植物由来成分が肌に合わない人もまれにいます。人によって成分との相性があり、安全性が高いといわれる成分でも肌に合わないこともあります。肌にトラブルが起きたら必ず使用を中止しましょう。