シミに効く美白成分 マグノリグナンの美白効果とは?

化粧品を使う画像 マグノリグナンとは、モクレン科植物ホオノキの樹皮などに多く含まれている「フェノール性二量体」という構造をもつ天然化合物(ポリフェノール)の美白効果に着目して開発された成分です。

フェノール性二量体という構造をもつ「マグノロール」という天然成分に着目して、マグノロールよりも安定化せさた成分が「マグノリグナン」です。

マグノリグナンは、メラニン色素を合成するチロシナーゼという酸化酵素の成熟を阻害する働きがあり、メラニンの合成を阻止して、シミ、そばかす、くすみなどの色素沈着を予防し、美白に導く働きがあります。

マグノリグナンは、大手化粧品メーカーのカネボウが開発し、優れた美白効果があることから2005年に医薬部外品の有効成分として厚生労働省に認可されています。

フェノール性二量体は、漢方にも使用されている「厚朴(こうぼく)」などにも含まれているポリフェノールの一種です。

マグノリグナンの美白効果

マグノリグナンはチロシナーゼの成熟を阻害する

メラニン色素が作られるメカニズム

メラニン色素は、紫外線や物理的な刺激によってメラノサイト刺激物質(情報伝達物質)が発生し、それがメラノサイト(メラニン色素を作り出す細胞)を活性化させ、チロシナーゼというメラニン色素を合成する酵素を活性させます。そのチロシナーゼがアミノ酸のチロシンをメラニンに作り変えることでメラニンが作られます。

マグノリグナンは、メラニン色素を合成するチロシナーゼの成熟を阻害し、美白作用を示します。「チロシナーゼの成熟阻害」という他とは違う美白メカニズムによってシミやくすみのない透明感のある白い肌へと導きます。

多くの美白成分における美白メカニズムは、メラニンを合成するチロシナーゼの働きを抑制するといった作用のもので、代表的な美白成分にアルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどがあります。マグノリグナンは、チロシナーゼ成熟阻害という、他の美白成分とは違う美白メカニズムをもちます。

マグノリグナンは肝斑にも効果がある

肝斑の画像 マグノリグナンはこの肝斑という女性特有のシミにも効果があることがわかっています。肝斑とは、30~40代の女性の顔の頬にモヤモヤとできる特殊なシミで、妊娠中や経口避妊薬(ピル)を服用時に発生しやすいことから女性ホルモンのバランスが変化することが原因で発生するのではないかと考えられています。

その肝斑というシミには主に「トラネキサム酸」が有効だとされていますが、マグノリグナンにも肝斑に対して高い効果があるとされます。

マグノリグナンの注意点や副作用

比較的安全な成分

マグノリグナンは、人の肌に対して安全に使用できるように開発された成分で、マグノリグナンによってかぶれ、肌荒れを起こしたりするケースはまれだと思います。

肌に合わない場合は使用を中止する

ただし、人によってはマグノリグナンが肌に合わないこともあるかもしれません。もし化粧品を使用して異常が起きたら使用を中止しましょう。

肌荒れを起こしているのに、化粧品がもったいないからといって使い続けたりしていると、かえってシミ、色素沈着をまねくことがあります。

かぶれが続けば、顔面黒皮症(がんめんこくひしょう)といわれる、色素沈着が皮膚の奥に入り込んだ状態になって治りにくくなることがあります。