カミツレエキス(カモミラET)のしみ・色素沈着に効く美白効果と副作用

カミツレエキス(カモミラET)とは、キク科の植物カミツレ(英語:カモミール)の花から抽出されたエキスです。優れた美白効果と抗炎症作用(消炎効果)があり、1999年に医薬部外品の有効成分として厚生労働省に認可されました。

カミツレエキス類には様々な名称が存在し、多くの化粧品メーカーでは「カミツレエキス」「カモミラエキス」「カモミールエキス」などの名称で表記されます。ただし、大手化粧品メーカーの花王では「カモミラET」という名称を使用しています。

化粧品メーカーの花王はメラニン色素が作られる仕組みを解明し、10年の歳月をついやして美白有効成分「カモミラET」を開発したメーカーです。

カミツレエキス・カモミラETの美白効果

カミツレエキスは「エンドセリン」の働きを阻害する

紫外線などの影響を受けると、「エンドセリン」などの情報伝達物質がメラノサイト(色素細胞)を活性化させます。そして、メラノサイト内のチロシナーゼという酸化酵素の働きが活発になり、このチロシナーゼがアミノ酸のチロシンを変化させて黒色メラニンが作られます。

カミツレエキスは、メラノサイトに「メラニンを作れ」と指令を出すエンドセリンという情報伝達物質の働きを阻止する働きがあります。メラニン色素が作られる初期段階からアプローチすることでメラニンの合成を抑制し、シミの予防と改善を促します。

カミツレエキスのようにエンドセリンのような情報伝達物質の働きをブロックして美白に導く成分には「トラネキサム酸(t-AMCHA)」などがあります。

カミツレエキスには優れた抗炎症作用がある

カミツレエキスには優れた抗炎症作用(消炎作用)があります。メラニンが作られる原因の一つが皮膚の炎症であり、炎症を起こすことで過剰にメラニンが作られますが、カミツレエキスの抗炎症作用により皮膚の炎症を抑制し、メラニンの生成を抑制します。

カミツレエキス(カモミラET)の注意点、副作用、危険性は?

化粧品や美容皮膚科でも多用される

カミツレエキスは安全性が高く、美白効果と抗炎症効果の優れた働きにより多くの化粧品成分として多用され、また、成分によってかぶれを起こしにくいため美容皮膚科やエステサロンでも多用されます。成分としての危険性は極めて低いと思います。

場合によっては肌に合わないこともある?

人によっては成分との相性があって効果や副作用の出方に違いがあり、カミツレエキスのような植物性の成分が肌に合わない人もまれにいます。化粧品が合わないと思ったら使用を中止しましょう。