ニキビに効果的な低用量ピルの種類一覧と改善率

マーベロン28(ピル)の画像 経口避妊薬(ピル)とは、主に避妊状態を維持するために用いられる女性ホルモン剤をいいます。一般に「ピル(英語:Pill)」と呼ばれることで有名です。ピルは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンをバランス良く含み、体内の女性ホルモンのバランスをコントロールすることで避妊状態に導きます。

また、避妊薬としてではなく、女性ホルモンをコントロールする働きを利用して女性特有の様々な症状(月経前症候群、生理痛など)に対しても使用されることがあります。その一つがニキビ治療で、ニキビに対するピルの使用は皮脂分泌を抑える目的で用いられます。

2つの女性ホルモンの働き

ピルの働きを理解するには、まず女性ホルモンの働きを理解する必要があります。一般に女性は生理周期によって女性ホルモンの分泌に変化がおこり、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンが身体の変化をもたらします。

生理周期

卵胞期

月経(生理)が終わって排卵期までの約7~10日は卵胞期といわれるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が増加する時期で、このエストロゲンの働きによって排卵が促されます。この卵胞期はエストロゲンの影響で皮脂分泌が抑えられ、肌のキメが整い、ニキビ・吹き出物ができにくくなります。

黄体期

排卵期が終わって生理前までの約2週間は黄体期といわれるプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加する時期です。このプロゲステロンの働きによって今度は排卵が抑制されます。この黄体期に増加するプロゲステロンは男性ホルモンと似た作用があり、その影響で皮脂分泌が増加してニキビができやすくなったりします。生理前に皮脂が増加してニキビ・肌荒れなどの肌トラブルが増加するのは、プロゲステロンの作用によるものです。ピルにもプロゲステロンが含まれますが、ピルに含まれるプロゲステロンは男性ホルモン様作用が少ないものが使用されます。

黄体ホルモンが男性ホルモンと似た作用がある理由とは?
プロゲステロンとテストステロン 黄体ホルモンは男性ホルモンと似たような作用がありますが、それはどちらもコレステロールを原料として合成されるステロイドホルモンの一つであり、構造的に類似性があるため作用もおいても部分的に似ているところがあるのです。

ピルの効果とニキビに効く仕組み

ピルの避妊以外の副効果・効能

ピルは一般に避妊目的で使用されますが、女性ホルモンをコントロールすることで他にも様々な副効能があります。

  • ピルが女性ホルモンや男性ホルモンをコントロール(抑制)することでニキビ、肌荒れの改善が期待できる。
  • 男性ホルモンの働きを抑制することによる体毛の減少、多毛症の改善。
  • 生理痛、月経前症候群(PMS)の緩和、出血量の減少。
  • 長期的な使用で子宮内膜症、子宮体ガン、卵巣ガンなどの発症リスクが低下する。

ピルが女性ホルモンをコントロールするメカニズム

性腺刺激ホルモン ピルには微量の女性ホルモンが含まれています。そのピルを服用することで脳(視床下部)が体内に女性ホルモンが十分に存在すると勘違いして性腺刺激ホルモンが分泌されなくなります。性腺刺激ホルモンは女性ホルモンの分泌を促すホルモンで、それが分泌されなくなると自然な女性ホルモンの分泌がなくなります。

そして、体内にはピルに含まれるごくわずかな女性ホルモンだけが残りますが、ピルに含まれる女性ホルモンは自然に分泌される女性ホルモンよりもとても少ない量しか配合されていません。つまり、ピルは体内の女性ホルモンを減らす働きがあるのです。女性ホルモンのうち、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンは皮脂分泌を促す働きがあり、ピルによってそのプロゲステロンを減らすことで皮脂の減少とニキビの改善が期待できます。

ピルが男性ホルモンを抑制する仕組み

ピルは女性ホルモンを含むことで性腺刺激ホルモンの分泌を抑制し、自然に分泌される女性ホルモンの分泌を抑制します。その性腺刺激ホルモンを抑制することで男性ホルモンの分泌を抑制することもできます。男性ホルモンは皮脂腺に働いて皮脂量を増やす働きがあり、その男性ホルモンを抑制することで皮脂の減少とニキビ改善が期待できます。

ピルが有効なのはホルモンバランスが安定しない女性

女性の中には、ホルモンバランスが安定せずにニキビ肌荒れをまねいている人も少なくありません。若い時期は性ホルモンの分泌が活発なのは当然ですが、過労やストレス、食生活などの影響によってホルモンバランスが崩れ、肌荒れを引き起こすこともまれではありません。そういった場合に対してピルの処方は有効です。

また、女性ホルモンのバランスが安定しない原因には、まれに「多嚢胞性卵巣症候群」という症状である可能性も考えられます。その治療にも男性ホルモン値を下げる目的でピルが用いられることがあります。

ピルというと一般に「低用量ピル」のことを指す

ニキビ治療のポイント ピルは「高用量ピル」「中用量ピル」「低用量ピル」に分類され、それらはエストロゲン(卵胞ホルモン)の配合量によって分けられます。なぜエストロゲンの量によって分類されるのかというと、エストロゲンには血栓症、乳ガン、子宮頸がんなどの深刻な病気をまねくリスクがあるためです。

エストロゲンの長期使用には副作用があることから、避妊薬として使用されるピルはエストロゲン量を50μg未満にするようにと世界保健機関(WHO)によって勧告され、現在ではそれに当たる「低用量ピル」が一般的に広く使用されるようになっています。

アフターピルといわれる緊急時の避妊では中用量ピルが使用されますが、一般に使用されるピルというとエストロゲン量が50μg未満の「低用量ピル」が主流です。(中用量ピルは一時的な副作用が強い欠点があります)。

ピルにエストロゲンが含まれている理由は?

にきび治療 女性ホルモンには、排卵を促すエストロゲン(卵胞ホルモン)と、排卵を抑制するプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンがありますが、一般にピルの効能は排卵を抑制するプロゲステロンの働きを利用したものです。

そのピルにもプロゲステロンだけではなくエストロゲンもある程度は含まれています。その理由は、プロゲステロン単体では不正出血が続くことや、ピルにエストロゲンを配合するとプロゲステロンの効き目が良くなってプロゲステロンの量を減らせるためです。プロゲステロンはその構造上、男性ホルモンと似た働き(ニキビが増える、体毛が濃くなるなどの現象)があることから少ない量で効果を出す必要があり、そのためにプロゲステロンだけではなくエストロゲンもある程度バランス良く配合する必要があるのです。

低用量ピルには種類がある

低用量ピルは、使用される黄体ホルモン剤の種類によっていくつかの世代に分けられます。

第1世代・低用量ピル

1960年代に開発されたノルエチステロンという黄体ホルモン剤を使用したピルです。プロゲステロン量は多いですが、その性質により男性ホルモン様作用は少ないのが特長です。薬剤名ではオーソM、シンフェーズなどがあります。

第2世代・低用量ピル

レボノルゲストレルという黄体ホルモン剤を使用したピルです。少ないエストロゲン量でも効果が出るプロゲステロンですが、男性ホルモン様作用が強く、ニキビ治療には不向きです。薬剤名では、トリキュラー、ラベルフィーユ(トリキュラーのジェネリック医薬品)などがあります。

第3世代・低用量ピル

デソゲストレルやゲストデンという黄体ホルモン剤を使用したピルです。低用量エストロゲンでも効果が高く、男性ホルモン様作用も低いのが特長です。第一世代低用量ピルと第二世代低用量ピルの欠点を改善したピルで、副作用のリスクも抑えられています。薬剤名では、マーベロン、ファボワール(マーベロンのジェネリック医薬品)などが有名です。

第4世代・低用量ピル

ドロスピレノンという黄体ホルモン剤を使用したピルです。従来の低用量ピルよりもさらに男性ホルモン様作用が低く、あらゆる副作用が抑えられているため、月経困難症やニキビ治療に使用されることが多いです。薬剤名ではヤーズなどが有名です。

ジェネリック医薬品とは、ライセンスが切れた薬品を低価格で製造されたもので、基本的に同じ効果を得られる医薬品です。

にきび治療に用いられるピルの種類とは?

にきび治療では「マーベロン」「ファボワール(マーベロンのジェネリック医薬品)」「ヤーズ」などの低用量ピルが使用されることが多いです。それらのピルは男性ホルモン様作用が少ないプロゲステロンで、ホルモンバランスが安定しないことによって引き起こされる女性のニキビに対して使用されます。ただし、人によってはピルの種類によって合う合わないがあります。

マーベロン

マーベロン28(ピル)の画像 マーベロンは第三世代のデソゲストレルという黄体ホルモン剤を配合したピルです。

エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン剤)0.03mgと、デソゲストレル(黄体ホルモン剤)0.15mgが配合され、ホルモン量が少なく、副作用や男性ホルモン様作用が少ないタイプとされます。マーベロンはニキビ治療に良く使用される一相性ピルです。

ファボワール

ファボワール28(ピル)の画像 ファボワールはマーベロンのジェネリックです。価格が安いのでファボワールが処方されることが多くなっています。効能もマーベロンと同じです。ファボワールもニキビ治療に使用されます。

ヤーズ

ヤーズ(超低用量ピル)の画像 ヤーズは第四世代のドロスピレノンという黄体ホルモン剤を配合したピルです。

エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン剤)0.02mgと、ドロスピレノン(黄体ホルモン剤)3mgが配合され、卵胞ホルモン剤(エチニルエストラジオール)の量が今までの低用量ピルの3分の2の量に抑え、「超低用量ピル」と呼ばれています。一相性ピルです。

使用と服用方法

薬を飲む画像 ニキビ治療で用いられる「マーベロン」「ファボワール」「ヤーズ」などは、すべての錠剤に同じ量の女性ホルモンが含まれる「一相性ピル」といわれるタイプです。

1相性性ピルで飲み忘れの心配が少ない28日用であれば、毎日一錠ずつを同じ時間帯に飲みます。初めてピルを服用する場合は、生理が始まった日から飲み始めるのが基本です。

ピルには、すべての錠剤に同じ量の女性ホルモンが含まれている「一相性ピル」と、女性の身体のリズムに合わせてホルモン量を2階段、3階段と調整した「二相性ピル」、「三相性ピル」があります。一相性ピルは簡単に使用できるメリットがあります。

使用期間

女性看護師の写真 ニキビ治療におけるピルの使用は、ホルモンバランスが安定して皮脂分泌が安定し、ニキビが落ち着いてくるまで使用します。効果が現れるまで1~3か月くらいかかるかもしれません。

また、ピルのようなホルモン剤には副作用が現れる可能性があるため、必要性がなくなったら使用を中止するのが一般的です。

ただし、ニキビ治療だけではなく避妊目的や月経前症候群、または婦人病の発現を予防する目的で使用した方が良いケースがありますので、一概に理想的な使用期間を決めることはできません。

ピルの改善率

女性看護師の写真 ニキビ治療に対するピルの改善率は60~70%というデータがあります。これは個人差があり、とても効いたという人もいれば、全く効果がわからなかったという人もいます。

また、ピルによってかえってニキビが悪化したと感じる人がいるようです。ニキビの原因は様々な要因がからんで発生するため、女性ホルモンや男性ホルモンをコントロールしたからといって必ずニキビが改善できるものではありません。

購入するには?

ニキビ治療薬 ピルは主に婦人科や一部の皮膚科、美容クリニックなどで処方してくれます。ただし、医師によってはニキビ治療におけるピルの処方に否定的な人もいるかもしれません。

また、ピルは市販の家庭用医薬品のように薬局・ドラッグストアで購入できるものではありません。ネットの個人輸入サイトで購入できたりしますが、その場合はすべてが自己責任となります。副作用が起こる可能性を考慮すると、長期的に使用する場合は医師のもとで使用することが原則です。

服用の副作用と危険性

ピルの副作用には、頭痛、めまい、吐き気、下痢、むくみ、血圧上昇、体重増加、便秘、倦怠感、抑うつ感、乳房の張り、性欲低下、しみ(肝斑)が濃くなるなどの症状が現れることがあります。

また、ピルによる重い副作用には、まれに血栓症、心筋梗塞、肝障害などの副作用が現れることがあります。低用量ピルではこういったリスクが大幅に軽減されていますがゼロではありません。

ピル服用の注意点

  • ニキビ改善目的でピルを服用したのに、かえって悪化してしまうケースがあります。
  • 何らかの持病をもつ場合や違う薬を服用している場合は、必ず医師に伝えましょう。
  • ピルには血液がかたまりやすくなる副作用があります。ピルがニキビ治療に有効でも血栓症のリスクがある人は服用することができません。
  • タバコを吸う人は原則的にピルを使用できません。ピル服用中は禁煙するようにしましょう。また、ニキビを改善するためには禁煙が必要です。
  • ニキビがどんなにひどくても妊娠中や出産後6週間以内、または授乳中の人はピルを使用できません。
  • ピルと同時にサプリメントなどでビタミンCをたくさん摂取すると、低用量ピルでも高用量ピルと同じレベルの作用を起こす可能性があると指摘されてます。
  • ニキビ治療中目的でピル服用中は定期的に血液検査などを行って身体に異常がないか確認するのが理想的です。