抗生物質バナンのニキビ改善効果。副作用と使用期間

抗生物質バナンの画像 バナンとは、セフポドキシムというセフェム系抗生物質(飲み薬)です。バナンは、幅広い細菌に対して安定的に抗菌作用を示すことから様々な感染症に対して使用されます。

そしてバナンはニキビの原因菌に対しても高い効果を発揮し、にきび治療にもよく使用されます。今回はバナンのニキビ改善効果と副作用、使用期間などをご紹介します。

バナンの効果・効能

  • バナンの成分セフポドキシムが細菌の細胞壁の合成を阻害することで殺菌的に作用します。
  • 細菌が原因の症状に幅広く効果を発揮します。
  • ニキビ治療においては、アクネ菌(にきびの原因菌)や強い腫れを起こす黄色ブドウ球菌を抑制してにきびの炎症をしずめます。浅い部分だけではなく、深いところで強い炎症を起こしたニキビにも効果を発揮します。

にきび治療における抗生物質の効果

皮膚の構造とニキビが発生する仕組み ニキビ・吹き出物は塞がった毛穴の中でアクネ菌という皮膚常在細菌が増加することで炎症を起こします。アクネ菌の増加によって免疫反応を起こして皮膚が腫れるようになるのです。

免疫反応により、白血球の一つである好中球はアクネ菌を飲み込んで活性酸素を発生させてアクネ菌を攻撃します。その好中球の働きにより、最終的にアクネ菌が死滅することでニキビの腫れは治まっていきます。

ところが、この免疫反応によって皮膚は大きくダメージを受けてニキビ跡の色素沈着(しみ)がひどくなり、場合によってはクレーター状の凹陥没や、しこり、ケロイドなどが発生することもあります。

バナンのような抗生物質はニキビの原因となるアクネ菌の増加を素早く抑制させる働きがあります。アクネ菌を素早く抑えることで免疫反応が限られるものになり、ニキビの発生や悪化を予防します。

にきびの悪化が抑えられることで赤みや色素沈着が抑えられ、クレーターなどの発生予防にもつながります。

抗生物質は重度ニキビに有効

抗生物質によるニキビ治療効果 バナン(セフポドキシム)のような抗生物質の内服治療は、一般に化膿ニキビ、赤ニキビといった炎症が進行したにきびに対して使用されます。抗生物質の飲み薬には、体内の正常な細菌バランスを乱すことや耐性菌を生むリスクがあるため、ニキビが悪化した場合に用いられます。

小さなニキビや軽度の赤ニキビには単にダラシンTゲル、ディフェリンゲル、ベピオゲルなどの塗り薬だけで対処することがほとんどです。ダラシンTゲルも抗生物質ですが、塗り薬であるため耐性菌のリスクは限定的です。

ニキビ跡に対しては効果がない

バナンのような抗生物質は、ニキビ跡のシミ、色素沈着、皮膚の赤みなどには効果がありません。

購入するには

医師の処方箋が必要

バナンは皮膚科を受診して抗生物質が必要だと判断されれば処方してもらえるはずです。保険適応です。ただし、医師によってはニキビ治療に対して処方する抗生物質の種類には違いがあります。

バナン(セフポドキシム)のジェネリック医薬品

バナンの主成分である「セフポドキシム」はすでに特許が切れているため、後発品(ジェネリック医薬品)も多く登場しています。一般名の「セフポドキシムプロキセチル錠」などの製品名で販売されています。

ジェネリック医薬品とは、特許が切れた医薬品をいいます。薬局で扱っていれば同じ効能の薬が安い価格で購入できる可能性があります。薬剤師にジェネリックがあるかどうか尋ねてみましょう。

薬の形状と種類

バナン錠100mg、バナンドライシロップ5%(子供用)。

服用と使用期間について

飲み方

薬を飲むイラスト バナンは、通常1回1錠100mgを1日2回、食後に服用します。症状、年齢によって服用量に違いがあります。例え飲み忘れたとしても一度に2回分を飲んだりしてはいけません。また、早く治したいからとして一度にたくさん飲んだりしてはいけません。医師・薬剤師の指導に従い、一定のペースで飲み続ける必要があります。

ニキビ治療における抗生物質の使用期間

バナンのような抗生物質は、化膿ニキビが多発しているような肌では1~3ヶ月程度の使用期間が一つの目安です。できるだけ短期間で治すのが理想です。ニキビ治療においては1~2週間ほどで効果が実感できることが多いですが、まれに全く効果が現れないこともあります。抗生物質を継続しても効果が実感できない場合は、他の種類の抗生物質に変えたり、漢方薬が用いられたりします。

使用上の注意点

  • 病気などで服用中の薬などがある場合は事前に医師に伝えましょう。
  • 抗生物質でアレルギーを起こしたことがある場合は慎重に使用します。
  • 妊娠期、授乳期などはニキビ治療に対して抗生物質は使用されません。

耐性菌の危険性

女性の画像 バナン(セフポドキシム)は抗生物質の一つです。その抗生物質は服用継続によって耐性菌を発現させてしまう可能性があります。耐性菌とは、薬を投与しても生き残れるように変化し、耐性をもった細菌をいいます。身体には無数の細菌が存在しますが、それらが薬剤耐性をもってしまうと、将来的に感染症を完治させることが難しくなる可能性があるのです。にきびに対しても、使い続けることでしだいに抗菌薬が効きづらくなることがあります。

従来は耐性菌に対する認識が低く、ニキビ治療においても抗生物質が安易に用いられていた時代がありました。ところが、現在では耐性菌のリスクが問題視され、抗生物質の使用は極力避けられる傾向があります。特に抗生物質の内服薬は身体全体の細菌に影響を及ぼすため、できるだけ限定的に使用すべきです。ニキビ治療における抗生物質の使用期間は、やや長めになることがありますが、いつまでも使い続けてよいものではありません。

バナン(セフポドキシム)の副作用

腹痛の写真
  • バナンの主な副作用は腹痛、下痢などです。これは抗生物質が腸内細菌バランスを乱すためで、抗生物質でよく起こる副作用です。
  • 抗生剤は胃粘膜を荒らす作用があります。そのため、バナンを服用することで胃痛、もたれ、吐き気、食欲不振などの副作用が現れることがあります。
  • アレルギーを起こすと発疹、かゆみ、ブツブツしたできもの、蕁麻疹を起こすことがあります。その場合は使用を中止して医師に相談して下さい。
  • 抗生物質の使用中には肌が乾燥して皮膚がかゆくなったりすることがあります。これは肌が弱い人ほど起こりやすいといえます。