ビタミンCサプリがニキビ跡の「しみや色素沈着」に効果的な理由

ビタミンC ニキビ・吹き出物が強い炎症を起こすほど、皮膚の赤みや色素沈着(しみ)といったにきび跡がひどくなります。そういった肌の悩みを総合的に改善してくれる栄養素の一つにビタミンCがあります。

ビタミンCは水溶性のビタミンでキレイな肌を維持するためには必要不可欠な栄養素です。

ビタミンCの美肌効果

抗酸化作用がある

ビタミンCの抗酸化力 ビタミンCには抗酸化作用があり、体内で発生する活性酸素を消去して身体のサビを抑制します。

活性酸素は生命を維持するためには必要不可欠な存在ですが、一方で細胞にダメージを与えて老化の原因となるものと考えられており、それを抑えることで酸化ストレスから身体を保護し、老化の進行を防ぐ役割を担います。

また、ビタミンCは他の抗酸化作用をもつビタミン(例えばビタミンAやビタミンEなど)や、アントシアニンやカテキンなどの抗酸化物質をサポートしてさらに抗酸化力を高める働きがあります。

チロシナーゼ酵素を抑制して色素沈着を予防する

ニキビ跡の炎症性色素沈着 ニキビが強い炎症を起こすと、活性酸素が放出されて様々な情報伝達物質が発生し、メラノサイト(色素細胞)を刺激してチロシナーゼというメラニン色素を合成する酸化酵素が活性化します。

その結果、メラニン色素がたくさん作り出されてニキビ跡の炎症後色素沈着として肌に残るようになります。この仕組みは紫外線を浴びて日焼けしたり、シミができたりするメカニズムと基本的には同じです。

ビタミンCはこのチロシナーゼという酸化酵素を阻害し、色素沈着を予防する働きをもちます。メラニン色素そのものが作られにくくなり、ニキビができても色素沈着ができにくい状態を維持します。

また、ビタミンCはメラニン色素そのものを薄く淡色化する還元作用があり、表皮に沈着したメラニンを薄く改善していく働きがあります。

コラーゲンの合成に関与する

ビタミンCはコラーゲンが合成される過程に深く関与しています。ビタミンCが不足しているとコラーゲン合成が低下して、シワやタルミなどの老化現象が進行するようになります。

コラーゲンは年齢によって合成力が低下していきますが、ビタミンCの不足がコラーゲン減少をさらに進行させてしまう要因になります。

ビタミンCは血管を強くする

タバコによる血管収縮 血管のほとんどはコラーゲンで作られています。コラーゲンはビタミンCがなければ上手に合成されなくなるため、ビタミンCが不足していると血管まで老化してしまいます。

ニキビが強い炎症を起こすほど、血管にもダメージが及びますが、ビタミンCは傷ついた毛細血管を修復するために重要なビタミンです。

ビタミンCは免疫を強化する

ビタミンCは免疫を強化して細菌感染、ウイルス感染を予防する働きをもちます。肌においても様々な細菌が常在菌としてバランス良く存在していますが、免疫が低下することで病原性が弱い細菌が増殖して肌トラブルを引き起こす可能性があります。免疫低下もニキビが悪化する要因の一つです。

ビタミンCが不足する原因とは?

偏食・バランスの悪い食事

フルーツ酸の画像 好き嫌いが多くてバランスの悪い食生活をおくっていると、慢性的にビタミンCが不足することがあります。ビタミンCは特に果物類や野菜類に多く含まれていますので、それらの摂取が少ない人は不足することもまれではありません。

たばこ・喫煙

禁煙・たばこを止める画像 喫煙はビタミンCが不足する大きな要因の一つです。喫煙者と非喫煙者の双子の肌年齢を比較した調査においても、タバコを吸う方は肌老化が明確に進行していることがわかっています。

喫煙者の血中ビタミンC濃度は、非喫煙者と比較して大きく低いことがわかっており、喫煙者はいくらビタミンCを補給しても非喫煙者と同じレベルには回復しにくいといわれています。ニキビ肌を改善し、美肌を維持するためには禁煙したほうが良さそうです。

ストレス

ストレス ストレスはビタミンCを消耗する要因の一つです。ストレスを受けるとそれを対処するために副腎皮質ホルモンが分泌されますが、そのホルモンが作られるためにビタミンCが多く消費されます。

また、ストレスを受けるとそれに対応するために様々な栄養素が消耗されるため、ビタミンC以外のビタミン・ミネラルなどの栄養素も不足してしまうことがあります。ニキビの発生原因もストレスが関係しているといわれています。

ビタミンC摂取のポイント

ビタミンCの一日の所要量は?

男性100mg、女性100mg、上限摂取量なし。

従来はビタミンCの一日の所要量が50mgと定められていましたが、現在ではその重要性から100mgまで引き上げられています。

ビタミンCを多く含む食品

ビタミンCを多く含む食品は野菜類や果物類です。主に以下のような食べ物が代表的です。

ビタミンCが多い果物。100gあたり。

イチゴ:78mg、オレンジ:63mg、みかん:36mg、グレープフルーツ:43mg、キウイフルーツ:84mg、レモン:47mg、 柿(かき):70mg、パパイア:50mg、パインアップル:28mg

ビタミンCが多い野菜。100gあたり。

キャベツ:47mg、ほうれん草:57mg、モロヘイヤ:63mg、ピーマン:72mg、こまつな:39mg、パセリ:119mg、 かぶ(葉):84mg、トマト:17mg、ブロッコリー:121mg

サプリメント(健康食品)で補うのも方法の一つ

ビタミンCサプリメント ビタミンCは水溶性ビタミンであるため体内に溜めておくことができません。また、腸内細菌によって供給されることもほとんどないとされています。

そのため、1日3食のバランスの良い食生活を心がけることが重要ですが、食生活が乱れがちでニキビ肌荒れができやすい人はサプリメントを利用するのも一つの方法です。

ドラッグストアやコンビニなどでもビタミンCのサプリメントを購入できますので、それを試してみてはいかがでしょうか。

ビタミンCの過剰摂取の注意点

サプリメントを利用する場合は摂りすぎに注意しましょう。水溶性ビタミンであるため深刻な副作用は起こしませんが、過剰摂取によって下痢、腹痛などを引き起こすことがあります。これは、酸性であるビタミンC(アスコルビン酸)が腸管を刺激するためです。