フロモックスのニキビ治療効果と副作用。使い方・使用期間

フロモックス 重度化したニキビ治療にフロモックスという抗生物質の飲み薬が使用されることがあります。フロモックスは、セフカペン・ピボキシルを主成分としたセフェム系抗生物質です。

抗菌力が強く、幅広い細菌に抗菌作用を示すのが特徴です。様々な細菌感染症に使用され、素早い効果が期待できます。

ただし、抗生物質であるため副作用や耐性菌の問題もあります。今回はニキビ治療におけるフロモックスの効果と副作用、耐性菌を防ぐポイントを解説します。

フロモックス(セフカペン・ピボキシル)の効果

  • フロモックスは細菌の細胞壁の合成を阻害して殺菌的に作用します。
  • 細菌が原因による様々な症状に有効です。真菌(カビ)やウイルスには効きません。
  • ニキビ治療においては、病原菌であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌などを減少させて炎症をしずめます。

ニキビ治療に対してフロモックスが効く仕組み

ニキビが発生する仕組み ニキビは塞がった毛穴の中でアクネ菌が増加することで発生します。アクネ菌が極端に増加すると皮膚は異常事態と判断し、免疫が働きます。そして、免疫反応によって様々な生理活性物質が発生し、にきびが赤く腫れるようになります。

この炎症が大きくなるほど、ニキビ跡の赤みや色素沈着などの現象がひどくなり、場合によってはクレーターやケロイドなどを引き起こすこともあります。

フロモックスのような抗生物質は、ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を素早く減少させることで免疫反応を抑え、炎症性ニキビの発生や悪化を予防します。にきびの悪化が抑えられることでニキビ痕の赤みや色素沈着、クレーター、しこり、ケロイドなどの発生予防につながります。

抗生物質は重度ニキビに有効

抗生物質によるニキビ治療効果前後の写真 フロモックスのような抗生物質は、一般に炎症が進行したニキビ(化膿ニキビ)や赤ニキビが多発した場合に使用されます。赤ニキビが少しできたくらいでは抗生物質の内服治療は理想的ではありません。

抗生物質の内服薬は、身体中の細菌バランスを乱すことや細菌菌を生じる問題があります。そのため、赤にきび、化膿ニキビ、難治性ニキビ(繰り返し発生するにきび)など重度化したニキビに使用されるのが一般的です。

軽度のニキビには、ディフェリンゲルやベピオゲル(過酸化ベンゾイル)、ダラシンTゲル、アクアチムクリームなどの塗り薬を中心とした治療が理想です。

フロモックス(セフカペン・ピボキシル)の耐性菌の発現リスク

カウンセリングの写真 フロモックス(セフカペン・ピボキシル)は抗生物質の一つです。その抗生物質は耐性菌を発現させてしまう問題があります。

耐性菌とは、抗菌剤に対して抵抗性(耐性)を持った細菌をいいます。耐性菌が生み出されると抗生物質が効きづらくなる恐れがあり、感染症を治すことが困難になることがあります。

にきび治療においても抗生物質を使い続けると効果が薄れてくることがあります。抗生物質でも、塗り薬の場合は影響は限定的ですが、飲み薬の場合は身体全体に影響を及ぼすため、安易に使うのはよくありません。

ただし、神経質になりすぎるのも良くありません。症状が進行していたら抗生物質を利用してしっかりと症状を抑えることも重要です。

服用と使用期間について

お薬 フロモックスは通常は、1回100~150mgを1日3回食後に服用します。十分な水とともに摂取しましょう。年齢や症状によって服用量が異なるため、医師・薬剤師の指導に従って使用しましょう。

ある程度症状が落ち着いたからといって自己判断で中断したりすると耐性菌が生じるリスクが高くなります。抗生物質を使用する場合は、できるだけ短期間でしっかりと炎症を抑えることが重要です。

  • 病気や服用中のお薬・健康食品などがある場合は事前に医師に伝えましょう。
  • 赤ちゃん、乳幼児は原則的に抗生物質は使用されません。
  • 妊娠期、授乳期などはニキビ治療に抗生物質を使用してはいけません。
  • フロモックスはニキビ跡の赤みや色素沈着、クレーターなどには効果はありません。

ニキビ治療における抗生物質の使用期間

フロモックスのような抗生物質は、ニキビ治療においては最初に1~2週間分ほどが処方されます。その後は薬の効果や症状をみながら継続します。

1か月以内に治療を終えるのが理想ですが、さらに長い期間(2~3ヶ月くらい)の治療になることがあります。耐性菌を生じる問題があるため、できるだけ短期間の使用が理想です。ニキビ予防になるとして長期的に使い続けてはいけません。

ニキビ治療の場合、通常は1~2週間ほど経過すれば効果は現れてきますが、効果が実感できない場合は一般にお薬を変更したり、治療を別の方法に切り替えたりするのが理想です。

抗生物質が合わない場合は漢方薬を試してみるのもよいかもしれません。ニキビ治療に用いられる漢方薬は、清上防風湯、十味敗毒湯、排膿散及湯、荊芥連翹湯などが有名です。

処方してもらうには?

フロモックスは、医師の処方箋が必要です。皮膚科を受診してニキビ治療に抗生物質が必要だと判断されれば処方してもらえるはずです。ただし、医師によってはニキビ治療に処方する抗生物質の種類には違いがあります。

薬の形状と種類
  • フロモックス錠75mg、100mg。
  • フロモックス小児用細粒100mg。

フロモックス(セフカペン・ピボキシル)のジェネリック医薬品

フロモックスの主成分である「セフカペン・ピボキシル」はすでに特許が切れているため、後発品(ジェネリック医薬品)も多く登場しています。一般名の「セフカペンピボキシル錠」といった製品名でいくつかのメーカーから販売されています。

ジェネリック医薬品とは、特許が切れた医薬品有効成分を他の製薬会社が製造・販売する医薬品です。一般に安い価格で販売されています。薬局で扱っていれば同じ効能の薬が安い価格で購入できる可能性があります。薬剤師に尋ねてみましょう。

フロモックス(セフカペン・ピボキシル)の副作用

  • フロモックスによって胃もたれ、胃痛、むかつき、吐き気、消化不良などの副作用が現れることがあります。これは、抗生物質が胃粘膜に刺激を与え胃酸の影響を強くしてしまうことがあるためです。
  • 軟便、腹痛、下痢などもよく現れる副作用の一つです。抗生物質が腸内細菌バランスを乱すためです。腸内細菌は腸内環境を弱酸性に保ったり、消化吸収を助ける働きがあります。こういった消化器系の副作用は抗生物質によって現れやすいです。
  • 抗生物質の使用中は、いつもよりも肌がかゆくなったりすることがあります。特に敏感肌に現れやすいです。
  • アレルギーを起こす可能性があります。かゆみ、湿疹、ブツブツ、蕁麻疹(じんましん)などが現れた場合、使用を中止して医師に相談しましょう。