抗生物質クラリスのニキビ治療効果。副作用と危険性

抗生物質クラリス(クラリスロマイシン)の画像 クラリスとは、クラリスロマイシンというマクロライド系抗生物質の内服薬(飲み薬)です。細菌のタンパク質合成を阻害し、細菌増殖を抑える効果があります。

抗菌力が強くていろいろな細菌に対して効果を発揮することから、様々な細菌感染症に使用されます。また、クラリスはニキビの原因菌であるアクネ菌にも優れた効果を発揮することからニキビ治療に使用されることもあります。

にきびの発生と抗生剤が炎症ニキビをしずめる仕組み

血管透過性亢進によるニキビ炎症悪化の仕組み ニキビや吹き出物は、ターンオーバーの乱れによって毛穴が塞がり、その毛穴の中でアクネ菌という細菌が増加することで発生します。アクネ菌は嫌気性菌の一つで、酸素がない環境を好みます。

そのため、毛穴が塞がってしまうと急に増殖を始めてしまうのです。そして、アクネ菌が増加することで免疫反応が活性化し、様々な生理活性物質・伝達物質が発生してニキビが赤く腫れるようになります。

抗生物質クラリスは優れた抗菌作用があり、ニキビの原因となるアクネ菌を減少させる働きがあります。クラリスロマイシンはアクネ菌に良く効きます。その結果、免疫反応も抑えられて、ニキビの炎症や腫れの悪化を予防改善することができます。

にきびの炎症が抑えられることで、にきび跡の赤みやシミ(炎症性色素沈着)、クレーターなどの予防にもなります。炎症が長期になってニキビ痕がしこりやケロイドになってしまう現象も予防できます。

抗生物質は赤ニキビに対して使用される

抗生物質によるニキビ治療効果 クラリスのような抗生物質の飲み薬は、ニキビであればどのようなレベルにでも効果が期待できますが、一般にニキビの炎症が進行した状態(赤にきびや化膿にきび)にしか使用されないのが原則です。

軽いポツポツとしたニキビ吹き出物の場合は、抗生物質の飲み薬を使わず塗り薬を中心に治療を行うのが一般的です。その理由は、抗菌薬には耐性菌を生じる問題があるためです。

クラリス(クラリスロマイシン)による薬剤耐性菌

カウンセリング クラリス(クラリスロマイシン)は抗生物質の一つですが、その抗生物質は耐性菌を生み出してしまう問題が指摘されています。耐性菌とは、薬を投与しても生き残れるように変化して耐性をもった細菌をいいます。

耐性菌が生み出されると抗生物質が効きづらくなる可能性があり、将来的に感染症に対する治療が難しくなる可能性があるのです。にきび治療においても抗生物質を使い続けると効果が弱くなってくることがあります。

耐性菌は、長期に使用したり中途半端な治療になってしまうと生じやすいとされます。そのため、抗生物質がニキビに効くからといっていつまでも使い続けるのはよくありません。

一方で、あまり神経質になりすぎるのもよくありません。症状が深刻な場合は積極的に抗生物質を利用して、しっかりと症状を抑えることも重要です。

現在では抗生物質が効きづらい耐性菌が増えていることを考慮して抗生剤の使用は極力避けられる傾向があります。また、使用する場合でも期間を限定して使用されるようになっています。にきび治療においても同様です。

にきび跡にも有効?

クラリスロマイシンは、赤ニキビなどの炎症が進行したにきびには有効ですが、炎症が治った後の赤みや色素沈着(しみ)などの「ニキビ跡」には効果がありません。

処方してもらうには?

医師の処方箋が必要

にきび治療においてクラリスのような抗生物質を処方してもらう場合、皮膚科を受診する必要があります。医師の処方箋なしで購入できるものではありません。ニキビの症状が悪化していると診断されれば皮膚科医は処方してくれると思います。保険適応です。ただし、医師によって処方する抗生物質の種類には違いがあります。

薬の形状

  • クラリス錠200mg、50mg(小児用)
  • クラリスドライシロップ10%小児用。

クラリス(クラリスロマイシン)のジェネリック医薬品

抗生物質クラリスロマイシンの画像 クラリス錠の主成分である「クラリスロマイシン」はジェネリック医薬品も多く登場しています。クラリスロマイシン錠などがそれにあたります。薬局でジェネリック医薬品を扱っているかどうか医師または薬剤師に尋ねてみましょう。

服用と使用期間について

飲み方・服用方法

薬 クラリスロマイシンは、ニキビ治療では通常1回200~400mgを1日2回、朝夜の食後に摂取します。症状や年齢によって服用量に違いがありますので医師や薬剤師の指示に従って服用しましょう。にきびがある程度治っても、まだ菌が残っていて炎症がくすぶっていることがあるため、医師に処方された分は飲みきるようにしましょう。炎症が消失するまでしっかりと飲み続けることが重要です。

注意点

  • 病気などがある場合や、服用中の薬がある場合は事前に医師に伝えましょう。クラリスには飲み合わせが悪いお薬が比較的多いです。
  • 抗生物質に対してアレルギーを起こした経験がある人は慎重に使用します。
  • 妊娠期、授乳期などは抗生物質の使用は控えるべきです。

ニキビ治療におけるクラリスの使用期間

クラリスは、ニキビ治療においては最初は1~2週間分ほどが処方されます。ほとんどのケースでは1~2週間ほど経過すれば効果は現れてきます。その後、薬の効果を確認しながらニキビの状態に合わせて薬を続けます。1か月以内で治療を終えるのが理想ですが、ニキビ治療では抗生物質の使用期間が長めになることがあり、使用期間が1~3ヶ月程度になることもあります。抗生物質を続けても効果が現れない場合は違う種類の抗菌薬に変更したりします。

耐性菌を防ぐには

抗生物質の使用によって耐性菌を生じる問題があります。耐性菌は長期使用になると発現しやすくなります。できるだけ短期間でしっかりと病原菌を抑制し、炎症・腫れを治すことが重要です。耐性菌を恐れて中途半端な使い方をすると、かえって耐性菌を生じるリスクが高くなります。一定のペースで使用し続けてしっかりと症状を抑え、菌を退治することが重要です。

クラリス(クラリスロマイシン)の副作用

腹痛 クラリスロマイシンのよくある副作用が軟便、腹痛、下痢などです。これは、抗生物質は病原菌だけではなく腸内細菌バランスまでも乱してしまうためです。また、抗生物質は胃を荒らしやすいため、胃痛、胃もたれ、吐き気、食欲不振などの副作用が起こることもあります。それらはクラリスのような抗生物質でよく起こる副作用です。

まれにアレルギーを起こすことがあります。かゆみ、発疹、ブツブツしたできもの、蕁麻疹などが現れたら使用中止して医師に相談しましょう。ただし、クラリスはアレルギーを起こすリスクがとても低いです。