フラッシュ脱毛に永久脱毛効果はない?副作用と注意点

レーザー脱毛 露出する季節になると気になるムダ毛。そのムダ毛を処理する方法の一つに「フラッシュ脱毛」という方法があります。

フラッシュ脱毛は、主にエステサロン(脱毛サロン)で用いられ、痛みも少なく穏やかに作用する脱毛法です。

フラッシュ脱毛とは?

ワキ脱毛 「フラッシュ脱毛」とは、キセノンフラッシュランプなどの特殊な光を発することができる機器を使用した脱毛法をいいます。主にエステサロンで提供されています。

カメラのフラッシュのような光を発することからフラッシュ脱毛と呼ばれています。フラッシュ光は、距離があるほど拡散する性質をもっており、その性質をいかして一度に広範囲の面積を照射できるメリットがあります。

施術が短時間で済むメリットや、光が拡散するため痛みが少ない利点があります。

なお、フラッシュ脱毛は広義的に「光脱毛」の一つだといえますが、このフラッシュ脱毛という名称は、エステサロン側が脱毛サービスの独自性を出すために名づけられたものだとされます。

作用原理

キセノンフラッシュランプの光が毛根部にダメージを与えることでしだいに減毛効果を得られるとされます。何度も繰り返すことで効果が現れるようになります。

永久脱毛や完全脱毛は可能?

結論から言えば、フラッシュ脱毛で永久的な脱毛や減毛といった効果を実現するのは難しいといわれています。

永久脱毛・減毛効果を得るには、毛根に70度以上の熱を与えて毛根部(毛球部、毛乳頭など)を破壊する必要があるとされますが、フラッシュ脱毛ではそういったエネルギーを毛根に与えることは不可能です。

効果は一時的に毛が抜けやすくなったり、毛が少なくなったように感じる程度です。

エステサロンで行われている

フラッシュ脱毛は、主に一部のエステサロン(脱毛サロン)で導入されています。

フラッシュ脱毛によって医療行為に当たらないレベル(毛根を破壊しないレベル)のエネルギーで毛根にダメージを与え、それと組み合わせて脱毛ワックスや脱毛テープなどでムダ毛処理するといった方法が行われているようです。

つまり、軽く毛根にダメージを与えて毛を抜けやすくするという目的で行われることがあるようです。

エステサロンのような非医療機関で毛根が破壊されるような脱毛施術を行うと、医師法違反として責任者、施術者が逮捕されることがあります。そのため、エステでは弱いエネルギーでしか照射できません。

医療機関で行われている?

皮膚科・美容クリニックといった医療機関では「フラッシュ脱毛」という名称で脱毛を行っているところはありません。

医療機関で行われる「脱毛」とは、主にダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザー、IPL脱毛(インテンス・パルス・ライト)、フォトRF(IPLと高周波脱毛を組み合わせた脱毛)、絶縁針脱毛(電気針脱毛)などが一般的で、「フラッシュ脱毛」といった抽象的な名称が用いられることがありません。

フラッシュ脱毛という名称は、エステサロン側が脱毛サービスの独自性を出すために名づけられたものだといわれています。

自宅でもできる?

市販の家庭用光脱毛機でも、キセノンフラッシュランプを使用した脱毛器が販売されています。ただし、それは家庭用であるため機能も限定的です。

永久脱毛はもちろん一時的な脱毛としても効果が低いとされます。また、脱毛器ではなく毛穴引き締めや肌のハリを生み出す美容機器として販売されていたりします。

効果まとめ

女性看護師の写真
  • フラッシュ脱毛で「永久脱毛」や「完全脱毛」を実現することは基本的に不可能です。
  • 一度では効果が実感できないことがほとんどですが、繰り返すことで減毛効果が期待できる可能性があります。
  • 実際に、フラッシュ脱毛によって効果が得られたという人もいます。一方で、全く効果を実感できなかったという人もいます。
  • レーザー脱毛にような高い出力で照射できないため、毛が薄い部分や毛が深い部分にある部位(例えばヒゲ)にはほとんど効果が実感できないと思います。
  • 優しい光を使用するため、ほとんど痛みがないことがメリットの一つです。

副作用と注意点

  • 施術前は、毛抜き、脱毛テープ、脱毛ワックスなどの「毛を抜く」といったムダ毛処理をしないようにしましょう。
  • 施術後は保湿スキンケアをしっかりと行いましょう。
  • 安全性などの説明をしっかりと受けた上で施術を受けましょう。
  • エステサロンでこのような治療を受けて一度の照射でとても痛みを感じた場合、必ず施術を中止してもらいましょう。
  • アトピー性皮膚炎、湿疹、切り傷、擦り傷などがある場合、施術が適していないケースもあります。