プラズマ脱毛に効果はない? 作用原理と問題や危険性

プラズマ脱毛 エステサロンで行われているムダ毛処理法の一つに、「プラズマ脱毛」という方法があります。プラズマ脱毛は光エネルギーを使用した痛みが少なくて穏やかに作用する脱毛法です。今回はプラズマ脱毛の効果と問題点を解説します。

プラズマ脱毛とは?

プラズマ脱毛 プラズマ脱毛とは、キセノンフラッシュという光を利用した脱毛法です。プラズマ脱毛という名称はエステサロンが名づけたものです。

キセノンというガスを電気を使って光エネルギーを発生させ、その光を特殊フィルターを使って脱毛に適した光のみを照射することで脱毛をもたらします。

特殊フィルターに通したキセノンフラッシュ光線は特に黒いモノに反応する性質をもちます。その光が毛に含まれるメラニン色素に吸収されて熱を発生させ、毛根にダメージを与えます。

その結果、継続的に毛が生えにくくなったり、毛のボリュームが薄くなったりします。ただし、このキセノンフラッシュの光作用は出力によって大きく違いがあります。

永久脱毛や減毛は可能?

光脱毛の原理 永久脱毛や永久減毛効果を得るには、毛根部(毛球部、毛乳頭など)に最低でも60~70度ほどの熱を与えて毛の育成機能を破壊する必要があるとされます。

プラズマ脱毛で毛根部に高い熱を与えようとするとかなり高い出力で照射する必要があり、その場合はヤケドを起こすリスクが高くなります。

そのため、プラズマ脱毛で永久脱毛といえるような効果を実現するのは難しいとされます。ただし、低い出力でも週1~2回というペースで繰り返し照射することで毛が少なくなったり、毛が抜けやすくなったりする効果は期待できます。

エステサロンで行われる

プラズマ脱毛といわれる方法は主にエステサロンで行われています。エステサロンでは「IPL脱毛」「光脱毛」「フラッシュ脱毛」などの様々な名称で様々な脱毛法が行われていますが、プラズマ脱毛はそれらと同様に光エネルギーを活用した脱毛法です。

他の治療と差別化するために、様々な名称で脱毛法が行われていて、その一つがプラズマ脱毛というわけです。エステで行われる「光脱毛」は、いずれにしても効果に大きな違いがないことがほとんどです。

医療機関で行われている?

女性看護師の写真 皮膚科、美容クリニックなどの医療機関ではプラズマ脱毛という方法は行われていません。

医療機関の脱毛というと、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー、フォトRF(IPLと高周波)などの脱毛機器や、絶縁針(電気針)を使用した脱毛法が一般的で、基本的に、はっきりとした効果を得られる方法しか行われません。

ヨーロッパで人気の方法

女性の身体の写真 プラズマ脱毛といったキセノンフラッシュライトを使用した脱毛方法はヨーロッパでよく使用される脱毛法です。ヨーロッパではムダ毛処理をエステサロンで行うことが広く普及していることも影響しています。レーザー脱毛とは違う、肌に優しい脱毛法として欧州の一部の国(特にフランスなど)では人気のようです。

プラズマ脱毛の効果まとめ

女性看護師の画像
  • プラズマ脱毛は、優しい光線が毛根にダメージを与えて脱毛や減毛効果を得られるとされます。ただし、医療レーザー脱毛のように永久的な効果を得るのはかなり難しいです。
  • 産毛に対しての効果はかなり低いです。産毛の永久脱毛は医療レーザー脱毛でも多くの治療回数を要することがあります。
  • ほとんど痛みがなく、術後の炎症や色素沈着などのダウンタイムなどはありません。ただし、それだけ効果が弱いということでもあります。

施術前の注意点

  • プラズマ脱毛の施術前は、毛抜き、脱毛テープ、脱毛ワックスなどで「毛を抜く」といったムダ毛処理を行わないようにしましょう。
  • 施術前は、極端な日焼けは避けます。
  • アトピー性皮膚炎、切り傷、擦り傷、湿疹といった症状がある場合、施術が適していないケースもあります。ただし、エステサロンの光脱毛は作用が強くないので、神経質になる必要もありません。