高周波脱毛に効果はない? メリットとデメリット

高周波脱毛器 エステサロンでは様々な方法でムダ毛処理が行われていますが、その脱毛方法の一つに「高周波脱毛」という施術法があります。

高周波脱毛は、レーザー脱毛や光脱毛などとは違った作用で毛根にダメージを与え、脱毛をもたらすことができる方法です。今回は高周波脱毛の作用原理や効果などをご紹介します。

高周波脱毛とは?

ワキ脱毛 高周波脱毛とは、高周波エネルギーによる「熱」によって毛根、毛乳頭にダメージを与え、脱毛や減毛効果を得られるものです。

光(フラッシュ)やレーザーとは違う脱毛法です。この高周波を用いた脱毛法は一部のエステサロンなどで行われ、また、医療機関などにおいても高周波とIPLを組み合わせたフォトRFなどの機器を使用して脱毛治療を行っているところがあります。

また、家庭用脱毛機においても高周波脱毛器というものが販売されていたりします。

医療機関における高周波脱毛とは?

フォトRF 一部の医療機関でも高周波エネルギーを使った脱毛が行われています。治療名でいうと「フォトRF」などがあります。フォトRFは、IPL(インテンス・パルス・ライト:光エネルギー)と、RF(ラジオ波:高周波エネルギー)を組み合わせた治療器を使用したハイブリッドな治療です。

IPLはメラニンに反応して毛根、毛乳頭にダメージを与える作用はありますが、単独では脱毛効果は低い欠点があります。

そこで、そのIPLと高周波エネルギーを組み合わせることでさらに大きな脱毛効果を得られるのがフォトRFです。

フォトRFは高周波のパワーで産毛にも効果があり、白髪のようなメラニンが少ない毛にも効くとされます。(ただし、白髪への効果はとても低いです)。

エステサロンにおける高周波脱毛とは?

レーザー脱毛 一部のエステサロンでは、高周波脱毛が行われています。エステサロンは非医療機関でありため、低いレベルの出力で行われます。

そのため、医療機関で行われているような効果を得るには難しいといえます。また、繰り返して行うことで減毛効果を実感できる可能性もありますが、高周波では難しいです。

そもそも、高周波エネルギーだけでしっかりとした脱毛効果を得ようとすると酷いヤケドを起こす可能性があります。

家庭用高周波脱毛器とは?

家庭用レーザー脱毛器 通販などでは家庭用の高周波脱毛器が販売されていたりします。脱毛原理としてはエステサロンなどで行われている高周波脱毛と同じ原理ですが、違うところは家庭用の高周波脱毛器では圧倒的に出力が低く、脱毛や除毛効果を得られるレベルではないことが多いです。

家庭用では、使い方によってはトラブルを起こす可能性もあるため高周波の出力が高い製品は販売されていません。

高周波脱毛の効果まとめ

  • 高周波はレーザー脱毛や光脱毛のようにメラニンに反応するのではなく、高周波エネルギーが毛根、毛乳頭に熱ダメージを及ぼします。そのため、メラニンが少ない産毛、白髪などにも効果が期待できます。ただし、白髪や産毛の永久脱毛は難しいことがほとんどです。
  • 高周波エネルギーのみで永久的な脱毛をもたらすのは不可能です。
  • 高周波脱毛は、太く濃い毛にはほとんど効果が実感できないと思います。
  • 高周波だけではなく、IPL(光)と組み合わせたフォトRFの場合は脱毛効果が期待できます。フォトRFは医療機関で行われるもので、エステでは行っていません。
  • 高周波エネルギーはメラニンに対しては影響を及ぼさないため、肌の色を気にすることなく脱毛できる利点があります。
  • エステサロンにおける高周波脱毛は、基本的に強い痛みはありません。それだけ弱い出力で行われるということです。