場所・環境・標高による紫外線量と反射率・散乱率の違い

日中の紫外線の画像 シミ、ソバカス、肌のくすみなどの色素沈着の予防には紫外線を浴びないことが最も重要です。紫外線はシミの原因となるメラニン色素の合成を促すため、いかに紫外線を浴びないようにするかが重要になります。

紫外線は太陽が昇っている限り必ず地上に降り注いでいますが、紫外線の反射・散乱しやすい性質により、直接紫外線を浴びなくても、人体に影響を及ぼすことがあります。そして、場所、環境、反射する物質によって紫外線量や反射率に大きな違いがあります。

紫外線の反射について

場所の違いによる紫外線の反射率

紫外線は場所・環境によって反射率に違いがあります。

雪面・ゲレンデ・・・80~90%
コンクリート・アスファルト・・・5~10%
水面・海面・海上・・・10~20%
浜辺・砂浜・海岸・・・10~25%
土・土壌の運動場・公園・・・10%以下
芝生・ゴルフ場・・・10%以下

紫外線反射は雪面が一番高い

雪面は紫外線を吸収する要素をほとんどもちません。雪面は太陽から降り注ぐ紫外線の約80~90%を反射してしまうため、例えばゲレンデなどでは上からも下からも紫外線の影響を受けることになります。雪面では、天候が悪い日でも多くの紫外線を気づかないうちに浴びているケースが多く、特に天候が良い日では非常に強い紫外線を浴びて一日で劇的に日焼けしてしまうことがあります。ゲレンデでの日焼けを「ゲレンデ焼け」といったりします。

紫外線は色が薄いものほど反射しやすい

紫外線は白い物に反射しやすく、反対に黒いものには紫外線は吸収されて反射しにくくなる性質があります。そのため、例えばアスファルト(一般的な道路)よりも色の薄いコンクリート地面のほうが紫外線反射率が高くなります。また、砂浜なども紫外線を反射しやすいといえます。

季節によって変化する紫外線の量

紫外線は4月ごろから増えはじめ、太陽が最も高い位置にくる夏至(6月21日ごろ)をピークにして9月ごろから少なくなっていきます。

実際には紫外線は、太陽が最も高く昇る6~7月ごろが最も多いのですが、この時期は梅雨前線(梅雨期)の影響で曇り空の日が多く、期間を通して地上に降り注ぐ量がやや少なくなります。

そして、梅雨が明けて夏季になると全国的に晴天が続くことが多く、この時期が紫外線による日焼けをしやすい時期になります。紫外線が多い時期にしっかりとした紫外線対策をしていないと、肌老化は10年、20年と経過した時に大きな差となって現れます。

天候による紫外線量の違い

地上に降り注ぐ紫外線は天候によって大きく異なります。一般に雲が厚くなるほど地上に届く紫外線が減少します。特にUVB(紫外線B波)は雲に吸収されやすいため、雲が厚いほど地上に降り注ぐUVBが少なくなります。

快晴100%、晴れ90~98%、曇り60%、30%

例えば、夏場の快晴時には非常に強い紫外線が降り注いで、様々な物質に紫外線が反射しています。そのため、日影にいても紫外線の反射によって日焼けしてしまうこともあります。反対に、冬場の雨天時にはとても紫外線量が少なく、少しくらいの外出、屋外の活動であれば特に紫外線対策をしなくても日焼けはしにくいといえます。

標高が高くなるほど紫外線が強くなる

高い場所で紫外線を浴びる画像 標高が高くなるほど紫外線量が高くなり、標高が300メートル上昇するごとに約4%ほど紫外線量が増加するといわれています。直射日光を浴びるような登山をする場合は、冬場であっても非常に強い紫外線を浴びていることがあります。快晴時に登山をする場合は十分な紫外線対策が必要です。