化粧品の着色料が原因でアレルギーやシミ・色素沈着を起こすことがある?

肌に悩む女性の画像 化粧品に含まれる着色料によってごくまれに肌トラブルを起こすことがあります。現在では精製技術や成分解析が進んだことで危険性の高い着色料が使用されなくなり、肌トラブルを起こすリスクが劇的に少なくなっていますが、人によっては肌に合わないこともあるようです。

化粧品の着色料とシミ・色素沈着

なぜ化粧品に着色料が配合される?

化粧品の着色料は主に化粧品のイメージを引き立たせるために配合されます。例えば、ホワイトニング・美白化粧品であれば白色や、ビタミンCのイメージにより薄い黄色などの色に着色されることが多いです。また、化粧品に含まれる他の成分の色素が化粧品のイメージと合わないとして、それをカバーするために着色料が使用されることもあります。

着色料の種類

化粧品に使用される着色料は大きく分類して、「タール色素」「天然色素」「無機顔料」に分けられます。

タール色素

タール色素とは合成着色料の一つで、医薬品、化粧品、食品、衣服、食品添加物などに用いられます。色素が豊富で変性がなく、製造コストが安いため幅広く用いられます。ただし、種類によっては皮膚に刺激性やアレルギーのリスクが指摘されていることから、安全なものだけが使用を認められています。

天然色素

主にや植物界に存在する自然な色素をいいます。合成着色料と比較して製造コストが高いことや色素が変性することがあることが難点ですが、天然色素には安全だというイメージがあります。

無機顔料

無機物質からなる顔料です。酸化亜鉛、酸化チタン、タルク、カオリンなどがあり、それらは顔料としてファンデーションに使用されたり、紫外線散乱剤(UVブロック剤)としても使用されます。酸化亜鉛や酸化チタンなどは白色をしていますので、日焼け止めを塗ると白っぽくなってしまうのもそのためです。

合成着色料(タール色素)によって色素沈着をまねく?

女子顔面黒皮症(リール黒皮症)の画像 従来はアレルギーなどの症状を起きおこす危険性が極めて高い着色料が配合されていることがありました。例えばタール色素の赤色219号によって化粧品かぶれ・接触性皮膚炎を起こして顔面に深刻な色素沈着(女子顔面黒皮症)が残った事例が過去にありました。

消費者は化粧品に対して安全だと思い込んでいることがあり、化粧品によって細かな炎症を起こしていることに気づかずに使い続け、しだいに皮膚が黒ずんでいたということもあります。

現在では皮膚障害を引き起こす可能性が高い合成着色料(タール色素)は避けられて、安全性が高いものだけが使用されるようになっています。ただし、人によっては肌に合わないケースも考えられるため、肌が弱い人は着色料のような本来は不必要な成分が配合された化粧品はできるだけ避けるべきだと思います。

もし、化粧品によってトラブルが発生したら、化粧品の使用を必ず中止し、病院に行って医師に診てもらうようにしましょう。ステロイド外用薬で炎症を抑制する必要があります。痒みが強い場合は、抗アレルギー剤(抗ヒスタミン薬)も有効です。

無添加化粧品には着色料が含まれない

無添加化粧品には、基本的に着色料は含まれていません。肌が弱い人でどういった化粧品を使っていいかわからない人は、「無添加」と表記されている化粧品を使用するのも一つの方法です。また、無添加化粧品は着色料だけではなく、香料、鉱物油、エタノール、パラベンなどにおいても無添加であることがほとんどで、肌トラブルを起こす余計なリスクが低いといえます。

無添加化粧品ではなくても、全体的に着色料を使用している化粧品は少なくなってきています。