髪の毛の刺激がニキビ悪化の原因に。にきび予防の髪形・ヘアスタイルのポイント

額の赤ニキビの画像 一般にニキビは皮脂が急激に増加する思春期ごろから多く発生するようになります。

これは男性ホルモンの分泌が増えることが主な原因なのですが、この時期にニキビを髪形で隠そうとしてかえって悪化してしまう人も少なくありません。

今回は髪形・ヘアスタイルとニキビ悪化についてです。

ヘアスタイルとニキビ肌荒れについて

髪の毛の刺激がニキビにつながる

頭痛に悩む画像 髪の毛が何度も皮膚に当たって刺激を与えることでニキビが悪化してしまうことがあります。一度の強い刺激ではなく、細かな刺激が何度も繰り返されることでもニキビは悪化します。髪の毛による刺激を何度も受けることでニキビにかゆみが現れることもあります。

ニキビを悪化させないためには髪の毛が皮膚に触れないようなヘアスタイルにしたほうが良いでしょう。特に、額(ひたい)、こめかみなどは髪の毛が当たりやすい部分なので注意して下さい。

なぜニキビは刺激によって悪化するのか

赤ニキビの画像 ニキビは刺激を与えるほど悪化してしまう性質がありますが、その現象は免疫反応によるものです。ニキビはつまった毛穴の内部でアクネ菌という皮膚常在菌が増加し、そのアクネ菌を死滅させるために様々な免疫反応が発生することで赤く腫れを起こします。

つまり、ニキビは免疫反応によるものと考えることができますが、ニキビの炎症が起こっている過程で刺激を与えてしまうと、さらに免疫反応が活性化してニキビの腫れが悪化してしまうようになります。

ニキビが悪化すると跡がひどくなる

ニキビ跡の種類の写真 ニキビが発生するとプロスタグランジン、サブスタンスP、ヒスタミン、ブラジキニンなどの様々な物質が発生し、毛細血管拡張や血管透過性を進行させ、白血球がターゲットに届きやすい環境へと導きます。

そして、増えすぎたアクネ菌を好中球(白血球の一つ)が食べて活性酸素を発生させ、アクネ菌を攻撃し、最終的には死滅させます。この免疫反応によってニキビが自然に治っていくのですが、その時に発生する活性酸素が皮膚に強いダメージを与え、真皮層のコラーゲンが萎縮して硬くなり、ニキビ跡のクレーターが発生することがあります。

また、皮膚が破壊されることで修復の過程で毛細血管も過剰に増殖し、ニキビ跡の赤みが残ったりします。さらに、この一連の免疫反応で発生する化学物質や活性酸素はメラノサイトを活性化してニキビ跡の炎症後色素沈着を酷くしてしまいます。

ニキビ跡の赤みや色素沈着、クレーターなどはニキビが悪化するほど酷くなるということですが、髪の毛による刺激によってニキビの炎症が進行すると、ニキビ跡がひどくなる可能性が高くなります。そのため、ニキビの負担になるようなヘアスタイルは避けたほうが良いのです。

ヘアケア製品にも注意

整髪料が毛穴につまることがある?

整髪料 ヘアワックス、ヘアムース、ジェル、スプレーなどの整髪剤が皮膚に付着することでニキビを引き起こす可能性があります。それらの整髪料には油脂を豊富に含んでいるものがあり、毛穴を詰まらせてしまう可能性があるためです。

整髪料の影響を受けやすい頭皮や額(ひたい)、こめかみなどは皮脂の分泌が多いため、整髪料を使用するときは、髪が皮膚に当たらないような髪形にしたり、整髪料が頭皮に及ばないように毛先だけに使用するといった工夫をしましょう。そして、皮脂が多くてニキビができやすい人は整髪料を使わないヘアスタイルにするのが理想です。

また、整髪料をつけた髪の毛を触っていると整髪剤が手に付着するようになります。そして、その手で顔を触ったりすることで整髪剤が顔についたりすることがあるかもしれません。整髪料をつけている時は髪の毛を触らないようにしましょう。

ニキビがある時はヘアワックスは控える

クリームを塗る画像 整髪料の中でも、ヘアワックスには特に多くの油脂成分が多く含まれています。そして、ヘアワックスは一般的なシャンプーなどでもなかなか成分が落ちにくい欠点があります。ニキビがある時はヘアワックスの使用は避けましょう。

シャンプーは身体を洗う前に行う

シャンプーの写真 シャンプーやリンスには、髪の毛を保護するためにエモリエント成分として油脂が含まれているものがあります。その油脂が身体に残って毛穴を詰まらせ、ニキビができてしまう可能性があります。

シャンプーやリンスの油脂が肌に残らないように、顔や身体を洗う前にシャンプーやリンスを済ませましょう。また、リンス、コンディショナー、トリートメントなどは特に油脂が豊富に含まれていますので、ニキビがある時はリンスなどは控えたほうが良いでしょう。