縫い針やまち針を使ってニキビ跡クレーターを治す方法

皮膚に針を刺す画像 ニキビの炎症が悪化するほど、赤みや色素沈着などのにきび跡がひどくなってしまうことがあります。そして、場合によってはニキビ跡がクレーター状に凹んでしまうことがあります。

その場合、自分で針(例えば縫い針・まち針のような洋裁針や安全針)を使い、自然治癒力を利用してにきび跡クレーターを改善することができる可能性があります。

ニキビ跡クレーター発生の仕組み「メカニズム」

にきびの炎症メカニズム ニキビは塞がった毛穴内部でアクネ菌が増加することで発生します。アクネ菌が増加すると肌細胞はそれを異常だと判断して免疫反応を起こすようになります。そして好中球(白血球の一つ)がアクネ菌を食べ、活性酸素を放出してアクネ菌を攻撃します。

この免疫システムによってアクネ菌が最終的に死滅して炎症が治まりますが、一方で活性酸素は肌に対して強烈なダメージを与え、皮膚を破壊する原因となります。それによってコラーゲンなどが硬く萎縮して瘢痕化し、その部分だけ皮膚が凹んでしまうようになります。これがニキビ跡のクレーターです。

ニキビ跡のクレーターはコラーゲンが減少したのではなく、コラーゲンなどが硬く萎縮して瘢痕となることで、皮膚が凹んでしまう現象です。そのため、コラーゲンを増加させる治療だけではなく、皮膚の生まれ変わりを促して瘢痕組織を正常化する治療が有効だとされます。

ニキビ跡クレーターに有効な「針」を使用した治療法

ニキビ跡のクレーターの治療は、硬く萎縮して凹瘢痕となった皮膚を正常化するような治療が有効だとされます。それにはいくつかの治療法がありますが、その中の一つにダーマローラーやダーマペン(A-MTS、FNS)といった「針」を使用した治療があります。

ダーマローラーとAMTSの違い ダーマローラー
極細の針が等間隔に付いたローラーを肌の上で転がして意図的に傷をつくり、成長因子(細胞増殖因子)の放出を促してコラーゲン増生や皮膚の入れ替え(若返り)を促す治療。

ダーマペン(A-MTS、FNS)
ピストン運動によって針で皮膚に穴を開けていき、その傷を修復するために放出される成長因子によってコラーゲン増生や皮膚の入れ替え(若返り)を促す治療。

いずれの治療法においても、針を使って意図的にダメージを与え、その後の自然治癒力(成長因子)を利用してニキビ跡部分の皮膚を正常化していく方法です。

ニキビ跡クレーターに針刺し治療が効果的?

ニキビ跡を針で改善できる仕組み ダーマローラーやダーマペンなどのように専門的な医療器具を使用して行う方法もありますが、自分で用意した針(例えば洋裁で使用するまち針・縫い針)などを使っても行うことができると考えられます。実際に、ダーマローラーやダーマペンなどを使用せずに、手作業でニキビ跡のクレーターに医療用の「極細針」を刺して治療を行っている皮膚科クリニックもあります。

用意するもの「必要アイテム」

    まち針・縫い針・安全ピンの画像
  • サビや折れる心配がない細い針。(太い針は不向きです)。
  • エタノール。(針の消毒用ですがなくてもかまいません)。
  • プラセンタエキス原液(市販されているもので良いですが、なくてもかまいません)。

治療の手順

Step1洗顔と保湿、針の洗浄

洗顔をして肌の汚れを落とし、洗顔後は化粧水などで肌を整えて下さい。また、使用する針を洗って清潔にしておいて下さい。

Step2アイスパックなどで治療部位を冷やす

皮膚を冷やす画像 治療部位(針を刺す部分)をアイスパックなどで冷やします。冷やすことで痛みを和らげることができます。ビニールに入れた氷水でも良いと思います。麻酔をするという選択肢もありますが、部分的なクレーターを自分で行う場合は我慢できるレベルだと思います。

Step3ニキビ痕の周囲に対して針を垂直に刺していく

皮膚に針を刺す画像 クレーター部分に対して、針を垂直にわずかな間隔をあけて刺していきます。ニキビ痕の範囲を超えて針を刺していきます。ニキビ痕の周囲からもじょじょに皮膚を入れ替えていくことでニキビ痕の改善が早まるためです。(ニキビ痕の周囲にダメージを与え、そのダメージを修復するためにの線維芽細胞が増加し、その細胞がコラーゲンの分解と合成を促すことで皮膚に入れ替えが実現できます)。

真皮層の厚さは1~3ミリ(頬などの厚い部分は2~3ミリ程度)ですので、それを1~2ミリほどを目安にして刺しましょう。ちなみに、ダーマローラーでは2.0ミリ程度まで、ダーマペンでは2.5ミリまでの深さで刺すことができます。あまりにも深く刺さないようにしましょう。

針を刺す箇所・本数は、例えば2ミリ平方センチメートル程のクレーターの場合では、わずかな間隔をあけて10~30箇所くらいを目安にしましょう。ある程度の数を刺さないと効果は得られません。

真皮層には血管が通っていますので出血を起こします。ただし、出血はすぐ止まります。

Step4プラセンタエキスの塗布

プラセンタエキス 針を刺した穴から美容有効成分の浸透が良くなるため、各種成長因子(細胞増殖因子)を含むプラセンタエキスを塗布することでさらに皮膚の入れ替え効果が期待できます。また、プラセンタを塗布しながら針を刺すのも効果的です。ただし、プラセンタの塗布は絶対必要なものではありません。

Step5出血や体液はそのままにしておく

針を刺すと出血しますが、その血や体液はダメージを修復させる働きがあるため、しばらくはそのままにしておきましょう。皮膚を消毒してしまうと、細胞の活性化を阻害してしまいます。また、治療後は肌に負担をかけないようにしましょう。皮膚に穴をあけてから約十数分から1時間ほどで穴は完全に閉じます。

アフターケア

  • 治療後から数日かけてカサブタができますが、それを無理に剥がしたりしないようにし、自然に剥がれるのを待ちましょう。
  • 治療後のお化粧は控えましょう。また、ゴシゴシ洗いや紫外線を浴びるといった行為は厳禁です。
  • 保湿をすることで肌の再生力が高くなります。いつもよりも保湿をこころがけて下さい。

治療回数の目安

ニキビ跡クレーター治療は2~3か月おきに1回くらいのペースで行ってください。効果が実感できるまでは5回以上かかると思います。美容クリニックなどで行うダーマローラーやダーマペンなどにおいてもニキビ跡のクレーターを改善効果を得るにはそれくらいの治療回数が必要です。すぐに改善できるものではないため気長に行いましょう。

副作用と注意点

  • 針を皮膚に刺すという行為は、やりすぎると色素沈着を起こす可能性があります。ダメージが強いため、体調が良いときに行いましょう。
  • 出血や赤み、カサブタなどができますので、仕事や生活に余裕がある時に行いましょう。
  • ケロイド体質の人はこの方法は行ってはいけません。
  • 妊娠中、授乳中は行ってはいけません。その時期は色素沈着がおきやすくなります。