アファームのにきび跡クレーター治療効果「凹み」改善メカニズムと副作用

アファーム ニキビが強い炎症を起こすと、皮膚がクレーター状の凹みとなってしまうことがあります。そのニキビ跡の皮膚のクレーター、凹み、陥没瘢痕の治療法の一つに「アファーム」という方法があります。アファームは線維芽細胞の活性化を促して真皮層の皮膚の入れ替えを促すレーザー治療です。

アファーム(フラクショナルレーザー)とは?

アファーム アファーム(Affirm)とは、アメリカのサイノシュア社が開発したスキンリプレイスメント(肌の入れ替え)とコラーゲン増生を促すレーザー治療で、フラクショナルレーザーの一つです。

フラクショナルレーザーとは、レーザーによって意図的に皮膚に微細なダメージを与え、その肌ダメージを修復するために放出される成長因子(細胞増殖因子:グロースファクター)によって皮膚の入れ替えやコラーゲン増生を促すレーザー治療です。フラクショナルレーザーは自然治癒力を利用した治療であり、「アファーム」もその一つです。

アファームは現在まで改良が重ねられ、複数の機種がリリースされていますが、どの機種においてもニキビ跡の凹みに有効です。

ニキビ痕がクレーター状の凹みとなってしまう原因とは?

にきび跡のクレーター ふさがった毛穴の中でアクネ菌が増殖するとニキビが強い炎症を起こすようになります。すると、白血球(好中球)がアクネ菌を抑制するためにヒドロキシラジカルなどの強力な活性酸素を発生させてアクネ菌を攻撃し、最終的にはニキビの炎症が治まります。

この免疫システムがあるからこそニキビの炎症が全身に拡大することなく自然に治っていくのですが、白血球が放出する活性酸素はアクネ菌だけではなく皮膚に対しても大きなダメージを与え、その影響によって皮膚が破壊されて萎縮し、クレーター状の瘢痕を形成してしまうことがあります。これがニキビ痕のクレーター、凹みです。

また、体質によっては皮膚が強いダメージを受けたことで免疫が過剰に働き、コラーゲンが異常増生されることがあります。これが肥厚性瘢痕やケロイドと呼ばれるものです。進行性がないものを肥厚性瘢痕、進行性があるものをケロイドといいます。これはアレルギーの一つだと考えられています。

アファームがニキビ跡に効くメカニズム・原理

フラクショナルレーザーの原理 アファームは、レーザーのエネルギーによって皮膚に対して極小のダメージを等間隔で与えます。この微細な傷を治すために放出される成長因子により肌の入れ替え(スキンリプレイスメント)とコラーゲン増生を促進させることができます。

皮膚全体に対してダメージを与えるのは、非常にダメージが大きくダウンタイムも長くなりますが、アファームの場合は等間隔で微細な熱ダメージを与えることで余計なダメージを抑えながら、成長因子の放出による若返り効果が期待できるのです。

治療効果と施術内容

アファームの効果・効能

フラクショナルレーザーの治療 アファームの皮膚の入れ替え(スキンリプレイスメント)効果により、一度の治療で10~20%の皮膚の入れ替えができるとされます。そして、硬く萎縮したニキビ痕のへこんだ瘢痕組織(成熟瘢痕)を入れ替え、平らな状態へと正常化していきます。コラーゲン増生を促す効果により、しわ、小じわなどの改善も期待できます。

ところが、アファームは単に熱ダメージを与えるだけの方法であるため、ニキビ跡クレーターの状態によってはあまり効果が実感できないことがあります。特に皮膚が厚くて硬く、ニキビ跡クレーターが深い場合はアファームだけの治療では改善は難しいかもしれません。

適応症状

ニキビ痕のクレーター、皮膚のへこみ、皮膚のデコボコ、しわ、首のしわ、たるみ、小じわ、ちりめんじわ、皮膚の老化現象、開いた毛穴、たるんだ毛穴、キメの乱れ、肌のゴワつき、肌のくすみ、しみ、色素沈着、肥厚性瘢痕。(ケロイド体質の場合は不可)、妊娠線、肉割れ、浅い傷跡、リストカット跡など。

施術内容とアフターケア、副作用と注意点

治療内容・施術の手順

Step1カウンセリングによって皮膚の状態を診断。
Step2施術前は洗顔やクレンジングによって余計な汚れを落とす。
Step3アファームは基本的にクーリングガスによる冷却だけで治療できますが、必要の場合は麻酔クリームなどで表面麻酔をかける。
Step4目を保護するためのアイシールド、ゴーグルなどを装着する。
Step5アファームを照射していく。
Step6レーザー照射後、ほてった肌を冷やしてクールダウンさせる。
Step7化粧水などで保湿して肌を整える。レーザー照射後に有効成分が浸透しやすくなっていますので、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、成長因子などを含んだパックが有効です。また、イオン導入も効果的です。
Step8治療後はお化粧をすることができるとしている病院もありますが、当日はできるだけ肌に負担をかけないほうが理想です。メイク落としの際のクレンジングが皮膚への刺激となります。

アフターケア

フラクショナルレーザー後の点状のカサブタの画像
  • 術後から数時間から数日かけて皮膚が点状にカサブタとなり、ザラザラとして乾燥します。自然に剥がれていくのを待ちましょう。これを無理に剥がすような行為はしてはいけません。
  • アファーム治療後は必ず紫外線対策が必要です。
  • 治療後は化粧水などで普段よりもより一層の保湿スキンケアをして下さい。肌の水分量が高くなることで肌の再生力が高くなります。
  • 施術後から数時間から数日かけて肌が赤みを帯びることがありますが、時間の経過とともに治まります。帰宅時のために顔を大きく覆うようなマスクを持参すると良いと思います。
  • アファームによる治療期間中は特に肌をこすったり、刺激を与えたりしないようにします。

治療時間の目安

施術時間は、顔全体で約10~15分ほどが目安です。

治療回数の目安

アファームの治療回数は、深いにきび跡のクレーターの場合は5~10回が目安です。浅いニキビの凹みの場合は2~3回で十分な効果が得られることもあります。1回の治療で効果が実感できなくても繰り返すことで必ず効果が現れます。

治療料金の目安

アファームの施術価格は、病院によって大きく異なりますが、顔全体で一回あたり2~5万円程度が目安です。

アファームの副作用と危険性

  • アファームは単なる熱ダメージを与える方法ですが、それでもダウンタイムがあるため仕事や生活に余裕があるときに行うべきです。
  • 強い日焼け、湿疹、アトピー性皮膚炎、擦り傷、切り傷などがある場合、治療を受けられないこともあります。
  • ニキビ跡クレーターが深い場合はアファームでは効果が得られにくいことが多いです。
  • 妊娠中は基本的に施術を受けられません。妊娠期は女性ホルモンのバランスが乱れる影響で肌トラブルが起きやすくなります。