グリコール酸ケミカルピーリングのニキビ治療効果と副作用

ピーリング ケミカルピーリングとは、角質を剥がす成分を使用してニキビの原因となる毛穴のつまりを解消する美容法です。ニキビや毛穴汚れなどに対して優れた即効性があることで知られています。

そのケミカルピーリングは主に美容皮膚科で行われる治療ですが、病院では主にグリコール酸という成分が使用されることが多いです。

また、市販されているピーリング化粧品においてもグリコール酸が配合されていることが多いです。今回はケミカルピーリングの効果と副作用、そしてグリコール酸の性質をご紹介します。

グリコール酸とは?

女性看護師の画像 グリコール酸とは、自然界ではサトウキビやブドウの実などに含まれるアルファヒドロキシ酸(AHA)の一種です。

フルーツに多く含まれる酸であることから「フルーツ酸」といわれることがあります。(フルーツ酸=AHA)

グリコール酸は、皮膚において角質を柔軟にして除去する働きがあります。古い角質を剥がして毛穴つまりや毛穴汚れを落ちやすくし、ニキビ予防やにきびの芯の排膿を促します。

グリコール酸は水に溶けやすいことからピーリング溶液として使いやすく、さらに肌にもしっかりと浸透しやすい利点があります。

グリコール酸は自然界にも存在する成分ですが、ピーリング原料や化粧品原料ではクロロ酢酸かアミノ酸のグリシンをもとに化学処理して生成されて使用されています。

グリコール酸ピーリングの効果まとめ

  • 角質を柔軟にして剥がし、毛穴つまりを予防します。
  • 角質を剥がすことでニキビの芯の排出を促し、治りを早くします。
  • ピーリングは古い角質を剥がして新しい肌細胞の生成を促します。(ターンオーバー促進効果)。
  • コラーゲン増生効果も期待できます。
  • ニキビ痕の浅い凹みの場合は、グリコール酸ピーリングを繰り返すことで改善する可能性があります。特に肌の代謝が活発な若い時期に効果が期待できます。
  • グリコール酸は水に溶けやすく、肌へ浸透しやすいため皮膚の深い部分に作用します。ただし、濃度が高くなるほど刺激性が強くなります。
  • グリコール酸ピーリングは、サリチル酸マクロゴールピーリングと比較すると、赤みやヒリヒリ感が現れやすい欠点があります。

適応症状

グリコール酸ピーリングは、ニキビ、炎症後色素沈着、ニキビ痕の浅いクレーター状の凹み、毛穴のつまり、毛穴の開き、キメの乱れ、小じわ、ちりめんじわ(深いしわには不向き)、肌質改善などに効果が期待できます。

施術内容とアフターケア

Step1洗顔、クレンジングによって肌の汚れを落とす。

Step2グリコール酸配合のピーリング剤を塗布し5分ほど待つ。グリコール酸ピーリング剤は無色透明のネバネバした溶液が使用され、それを筆を使って塗っていきます。

Step3塗ってから5分ほど経過してピーリング剤を洗い流す。肌に刺激を与えないように洗い流しましょう。

Step4ピーリング後は、若干肌がほてっていますので、アイスパックなどで軽く冷やしてクールダウンさせます。

Step5化粧水、美容液などを塗布する。ピーリング後は美容成分が浸透しやすい状態になっていますので、イオン導入などもとても有効です。

Step6術後はお化粧をして帰宅することができます。

アフターケア

  • ピーリング後は若干皮膚が薄くなっていますので、しっかりと紫外線対策をしましょう。
  • 施術後は化粧水などで普段よりも保湿スキンケアをしましょう。肌の水分量が高くなると肌細胞の再生力が高まります。
  • ピーリング後はゴシゴシ洗いはもちろん、肌に刺激を与えるような行為は厳禁です。
  • 治療後すぐでは皮膚に赤みを帯びることがありますが、時間の経過とともに治まります。

治療時間の目安

治療時間は10分ほどが目安です。洗顔やクールダウンなどを含めると30分くらいはかかるかもしれません。また、麻酔などは必要ありません。

治療回数の目安

施術回数は、ニキビ治療の場合は2~3週間おきに行います。ペースが早すぎると肌への負担が大きくなります。繰り返すことで効果が現れてきます。

治療料金の目安

グリコール酸ピーリングは、顔全体で1回あたり3000円~5000円程度が目安です。美容施術は保険は効かず、自由診療です。イオン導入などをセットで行えばさらに施術費用はかかります。

グリコール酸ピーリングの副作用

グリコール酸ピーリングは妊娠中は基本的に治療は控えるべきです。妊娠期は女性ホルモンの影響で色素沈着などの肌トラブルが起きやすくなるためです。

また、強い日焼け、アトピー性皮膚炎、湿疹、肌荒れ、擦り傷、切り傷、ケロイド体質など、ピーリング治療が適していないケースがあります。

ピーリングのやりすぎに注意

女性看護師の写真 グリコール酸を使ったピーリングは市販化粧品を購入すれば自分で行うことができます。皮膚科で行う場合と比べて市販化粧品では作用が弱いですが、やりすぎに注意して下さい。

ピーリングは角質を剥がして肌の生まれ変わりを促す美容法ですが、それは一方で肌の老化を促しているということでもあります。

長い期間にわたってピーリングをしていると肌が薄くなって敏感肌へとなってしまうことがあります。肌が弱くなると、一般的な洗顔やお化粧が難しくなったり、化粧水を使用してもヒリヒリして接触皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

ピーリングはニキビが多発している時に行い、治ってきたらピーリングは終えましょう。くれぐれも予防のためにピーリングを行い続けてはいけません。