サリチル酸マクロゴールピーリングのニキビ治療効果と危険性

サリチル酸マクロゴールピーリング ピーリングとは、薬剤を使用して角質を剥がし、毛穴つまりを解消してニキビを予防、改善する治療法をいいます。ニキビは過剰な皮脂などが原因で角質が厚くなり、毛穴が詰まってしまうことで発生しますが、ケミカルピーリングは厚くなった角質を取り除いて毛穴のつまりを予防し、ニキビをできにくくする効果があります。そのケミカルピーリングにはいくつかの方法がありますが、今回はサリチル酸を使用したケミカルピーリングの効果と注意点をご紹介します。

サリチル酸とは?

ピーリング サリチル酸とは、殺菌作用や角質柔軟作用がある成分です。濃度によって作用に違いがあり、低い濃度では主にニキビケアや角質ケア目的で化粧品に配合され、高い濃度では皮膚科におけるケミカルピーリングの薬剤として使用されます。ただし、高濃度のサリチル酸そのものは刺激が強すぎてそのまま皮膚に塗布することはできません。そこでサリチル酸にマクロゴールという基剤を組み合わせた「サリチル酸マクロゴールピーリング」という方法が用いられます。この方法では刺激性が低く、皮膚に対して安定的に作用し、副作用もほとんどなく安全に用いることができます。

ケミカルピーリングというとグリコール酸(フルーツ酸の一種)を使用した方法がよく行われていますが、サリチル酸マクロゴールピーリングは、ケミカルピーリングの中でも肌への安全性が高いとされ、使用後の皮膚の赤み、ヒリヒリ感などが起きにくい利点があります。そのため、ニキビ治療としてこの方法を導入する病院も増えています。

サリチル酸マクロゴールピーリングの効能まとめ

  • 毛穴周囲の角質が除去されることで毛穴つまりをなくし、ニキビ予防やニキビの芯の排出を促す。
  • 厚くなった角質を取り除いて、ターンオーバー(新陳代謝)を正常化する。
  • ピーリングによってターンオーバーを促してメラニンの排出を促進し、肌のシミやくすみを改善する。
  • 皮膚の深い部分には作用しないため、使用後のヒリヒリ感、ほてりなどが軽減される。グリコール酸ピーリングよりもヒリヒリ感がない。
  • 若干のコラーゲン増生効果もある。

適応症状

サリチル酸マクロゴールピーリングは主にニキビ、吹き出物、難治性にきび(繰り返し発生するニキビ)、ニキビ痕の浅いクレーター状の凹み。(深い凹みを改善するには難しいです)、毛穴のつまり、毛穴汚れ、開いた毛穴、キメの乱れ、肌のくすみ、浅い層にあるモヤモヤとしたシミ、色素沈着(ただし、シミの種類によります)などに効果が期待できます。一般に、繰り返しできる中度~重度のニキビ治療に有効な美容法です。また、肌を活性化する働きがあるため、小じわや肌質改善などのエイジングケアにも有効です。

治療手順

Step1施術前に洗顔、クレンジングによって肌の汚れを落とす。
Step2サリチル酸ピーリング剤を塗布する。5~10分ほど待ちます。
Step3ピーリング剤をふき取り、洗い流す。
Step4肌をクールダウンさせる。
Step5ピーリング後は古い角質が除去されて美容成分の浸透が良くなりますので、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどのイオン導入が理想的です。
Step6施術後はお化粧をして帰宅できますが、できる限り肌に負担をかけないようにするのが理想です。

アフターケア

  • ピーリング後は治療後は皮膚がやや薄くなっていますので、しっかりと紫外線対策をしましょう。
  • 施術後に肌に負担がかかるようなスキンケア(ゴシゴシ洗い、マッサージなど)は厳禁です。色素沈着を起こしたり、出血をしたりすることがあります。
  • 施術後に皮膚が赤みを帯びることがありますが、時間の経過とともに落ち着きます。
  • 治療後はいつもよりもさらに化粧水などで保湿しましょう。保湿をすることで肌細胞の回復力がアップします。

治療時間の目安

サリチル酸マクロゴールピーリングの施術時間は、顔全体で10分ほどです。洗顔やクールダウンを含めると30分ほどかかります。

治療回数の目安

サリチル酸ピーリングの施術回数は、3~4週間おきに5回ほどが一つの目安です。重度のニキビ患者でも治療を繰り返すことでニキビが減っていきます。

治療料金の目安

治療価格は、3000~5000円ほどが目安です。保険が効きません。自由診療です。

副作用と注意点

女性看護師の写真 サリチル酸マクロゴールピーリングは危険性が少なく安全性が高い施術ですが、それでも術後にトラブルが起こる可能性はあります。特に肌が弱い人、アトピー性皮膚炎、湿疹、強い日焼け、肌荒れ、切り傷、擦り傷、ケロイド体質などがある場合、医師の判断で施術が受けられないケースもあります。また、肌がデリケートになる妊娠中は基本的にケミカルピーリングはできません。

ピーリングのやりすぎに注意

ピーリングをやりすぎると肌が敏感になってくるようになります。肌細胞を剥がす行為なので、やりすぎは肌老化の進行を促してしまい、刺激に弱い肌になってしまう可能性があります。そのため、ピーリングはニキビがある時のみに行い、ニキビが治ったら中止するようにして下さい。くれぐれも、にきび予防としてピーリングをやり続けてはいけません。目安としてピーリング1回あたり一週間から10日分くらいの肌老化が進行していると考えてください。