CO2RE(コア)を使ったニキビ跡治療「クレーター肌」改善効果と注意点

CO2RE(コア) CO2RE(コア)とは、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を応用し、多機能化したレーザー治療器です。

炭酸ガスレーザーは、皮膚を切開したり、蒸散して削ったりできる性質があり、イボ、ホクロ、脂漏性角化症(盛り上がったシミ)などの除去に対して使用されるレーザー。

そして、その皮膚を削る性質を応用し、「CO2フラクショナルレーザー」としての機能もあわせ持つ多機能型のCO2レーザーが「CO2RE(コア)」です。

フラクショナルレーザーとは、レーザーエネルギーによって分散的に皮膚にダメージを与え、そのダメージを修復するために放出される成長因子(細胞増殖因子)を利用して皮膚の入れ替えやコラーゲン増生などを促す治療法です。

この治療により、ニキビ跡の凹んだ皮膚を平らな状態へと導くことができます。

なお、フラクショナル(英語:fractional)とは、分散的という意味があります。皮膚に対して面で作用を及ぼすのではなく、分散して点状に照射することが特徴で、肌全体へのダメージを分散させることで色素沈着やヤケドなどのリスクを回避することができます。

CO2フラクショナルレーザーの作用原理と効果

CO2RE(コア)の基本作用は炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)によるものです。

炭酸ガスレーザーは、10600nm(ナノメートル)という水分に吸収されやすい波長をもち、肌に含まれる水分に吸収されて皮膚を蒸散させて削ったり、穴を開けたりする作用があります。

その性質を応用して肌の若返りを促す方法がCO2RE(コア)の機能の一つであるCO2フラクショナルレーザーです。

フラクショナルレーザーがニキビ跡クレーターに効く仕組み CO2フラクショナルレーザーは、皮膚に対して点状のレーザーを分散的に照射し、意図的に皮膚に微細な穴を無数にあけ、その穴を治すために放出される成長因子を利用して皮膚の入れ替えやコラーゲン増生を促す治療です。つまり、皮膚の新生をもたらします。

サーマクールなどの一般的な高周波治療などは単にコラーゲン増生を促すものですが、フラクショナルレーザーの場合はコラーゲン増生とともに皮膚の生まれ変わりを促すため、ニキビ跡のクレーターをまねく萎縮した瘢痕組織も入れ替えられて正常化していきます。

そのため、一度ニキビ跡のクレーターが改善すれば再発することはありません。他にも、開いた毛穴、しわ・小じわ、傷跡などの肌の悩みにも対応します。

CO2REの効果まとめ

フラクショナルレーザーによるニキビ跡治療
  • 皮膚を新しいものと入れ替えます。一回の治療で10~20%ほどの入れ替えが期待できます。
  • コラーゲン増生を促します。治療レベルにもよりますが、1回の治療で2倍近くのコラーゲン増加が期待できます。
  • 皮膚の入れ替えとコラーゲン増生によって、ニキビ跡のクレーターや、しわ・小じわなどが改善できる。
  • 一度にきび跡のクレーターが改善すれば再発することはない。
  • 多機能なCO2REは、一般的な炭酸ガスレーザーとしても使用可能で、ホクロ取り、イボ取りなどにも使用できる。

適応症状

  • ニキビ跡のクレーター、陥没凹み。
  • しわ、たるみ、小じわ、ちりめんじわ。
  • 開いた毛穴、帯状毛穴、キメの乱れ。
  • 肉われ、妊娠線。
  • 傷跡(外傷跡、ヤケド跡、リストカット跡など)。
  • 肥厚性瘢痕。(進行性のある瘢痕「真性ケロイド」はNG)。
  • イボ、ほくろ、脂漏性角化症。

CO2RE(コア)は、CO2フラクショナルレーザーとしては主にニキビ跡治療に使用されます。毛穴治療に対しては効果がある場合と、そうでない場合の差が大きいです。

皮脂が多いことが原因の毛穴の開きにはあまり効果がみられない傾向があり、一方、老化方の毛穴開きには効果が得られやすい傾向があります。

CO2REの施術内容とアフターケア

治療内容と施術の流れ

Step1カウンセリングでニキビ肌の状態を診断。皮膚の厚さやクレーターの凹み具合をみます。

Step2施術前に洗顔によって肌の余計な汚れを落とす。お化粧も落とします。

Step3皮膚に麻酔をかける。麻酔クリームで30分ほど。

Step4麻酔クリームを落とし、目の保護のためのゴーグル、またはアイシールドをつける。

Step5CO2REのレーザー照射。麻酔をしていても強い痛みを伴うことがあります。

Step6オプションで成長因子、プラセンタエキスなどを塗布する。皮膚に穴があいているため、美容有効成分の浸透が良くなります。

Step7最後に肌をクールダウンさせて終了です。CO2レーザーは熱が多く発生しますので、冷やすことでダウンタイムが劇的に抑えられます。

施術の映像

以下はコアを使った治療内容。動画を見てもらったほうがわかりやすいと思います。


レーザー照射の写真。白いプツプツは皮膚を削ったときにできるもの。皮膚を削るといっても肉眼ではわからないレベルの極微細なものです。穴どうしは等間隔で密集しないようになっていますので、色素沈着やヤケドのリスクがありません。
CO2REのレーザー照射時の写真


以下はコアを数回繰り返し行い、治療前と治療後を比較した写真。
CO2REの治療前と治療後の比較写真

CO2REの効果とビフォーアフター

この治療の効果は個人差があり、高いレベルで改善できることもあれば、わずかな効果しか実感できないこともあります。また、まったく効果なしと感じる人も。

アフターケア

フラクショナルレーザー後の点状のカサブタの画像
  • 施術中に出血することがあります。施術後には皮膚の赤みが現れ、その赤みは数日間続くこともあります。
  • 施術後から数日かけて点状のカサブタができます。それを無理に剥がさないようにしましょう。
  • カサブタが剥がれるまで、できるだけ肌に負担をかけないようにしましょう。お化粧・クレンジングなどもできるだけ控えるべきです。
  • しっかりと保湿スキンケアを行ってください。保湿によって肌の再生力がアップします。
  • 紫外線対策が必要です。日焼け止めも肌に負担になるため、そもそも紫外線を浴びない工夫が必要です。

治療時間の目安

施術時間は、洗顔や麻酔などを含めると全体で1時間ほどが目安です。

治療回数の目安

CO2REの施術回数は、ニキビ跡の凹みが浅いならばまずは2~3回程度を目安として下さい。

また、深い凹みの場合は5回以上が目安です。なお、5回以上行うと肌が疲弊してくる可能性があります。(老化の進行が早くなる)

そして、治療の間隔は3ヶ月以上間隔をあけるのが理想です。

治療料金の目安

CO2REの施術費用は、部分的な施術で2~3万円程度、顔全体で5万円程度が目安です。

例えば、頬のニキビ跡クレーター治療の場合では1~2万円ほどで受けられるクリニックもあります。

CO2RE(コア)の副作用と注意点

  • 施術後に赤みが数日間続くこともあるため、生活や仕事に余裕がある時に行いましょう。
  • ケロイド体質の人は治療はできません。
  • 妊娠中は施術を受けることができません。女性ホルモンのバランスの変化によって肌トラブルのリスクが高くなります。
  • アトピー性皮膚炎、慢性湿疹、肌荒れ、治っていない皮膚病、糖尿病などの症状がある場合は治療が受けられないこともあります。
  • 何度治療を行ってもニキビ跡クレーターが治らないこともあります。効果には個人差が大きいです。
記事を書いた人

プロフィール 名前:ミサ

看護師として皮膚科で8年間勤務。美容関連の自由診療を行うクリニックで経験した事をいかしてブログ更新中!

新着記事