ニキビ跡クレーターに最も効果的な治療方法とは?

ニキビ跡クレーター ニキビ・吹き出物が強い炎症を起こすほど、皮膚の赤みや色素沈着といったニキビ跡も悪化するようになります。そして、場合によっては皮膚がクレーター状に凹んでしまうこともあります。

そのニキビ跡のデコボコ肌は従来では治りにくいとされていましたが、近年では様々な治療方法が確立して元のキレイな肌に改善できる可能性が高くなりました。今回はそのニキビ跡クレーターの原因と効果的な治療法をご紹介します。

皮膚がクレーター状の凹みになる原因とは?

にきびによるクレーター凹み ニキビ・吹き出物は、ふさがれた毛穴の中で主にアクネ菌というニキビの原因となる皮膚常在菌が増加することで引き起こされます。アクネ菌が増加すると、免疫反応によって様々な伝達物質が発生し、赤く腫れるようになります。そして、増加したアクネ菌を退治するために白血球が活性化し、好中球(白血球の一つ)は活性酸素(主にヒドロキシラジカルなど)を放出してアクネ菌を攻撃します。

その活性酸素によってアクネ菌が死滅し、最終的にはニキビの炎症が治っていきます。この免疫システムによってニキビの炎症が拡大することなく自然に治っていくのですが、アクネ菌を死滅させるために放出される活性酸素には、アクネ菌だけではなく皮膚に対しても大きな損傷を与える性質があります。

活性酸素によるダメージを受けた真皮層のコラーゲンなどは硬く萎縮して瘢痕化し、それによって皮膚が凹んだ状態になってしまうことがあります。これがニキビ跡のクレーターです。ニキビ跡の凹みは、真皮層のコラーゲンが減少したのではなく、コラーゲンが硬く萎縮して凹んだ状態(瘢痕)であるため、それを改善する治療が必要になります。

クレーターに有効な治療はどんな方法?

女性看護師の写真 ニキビ痕のクレーターを改善するには、硬く瘢痕化したコラーゲンなどの組織を新しいコラーゲンと入れ替えを促す治療が必要です。それと共にコラーゲンの増生を促す方法が効果的だといわれています。凹んだ皮膚を盛り上げて平らにするためには、高周波治療のような単にコラーゲンを増やす方法だけではなく、萎縮した皮膚を改善しなければ根本的に解消することができません。

皮膚を入れ替える治療ではニキビによって硬く萎縮した皮膚を改善してくれるため、一度クレーターが改善すれば再発しにくくなります。それでは、ニキビ跡クレーターに効果的な治療をご紹介していきます。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーがニキビ跡クレーターに効く仕組み フラクショナルレーザーとは、レーザーによって皮膚に微細のダメージを点状に与え、そのダメージを修復させるために放出される成長因子(細胞増殖因子)の働きによって皮膚の入れ替えやコラーゲン増生などを促すレーザー治療をいいます。フラクショナルレーザーには、大きく分けて皮膚を削る「アブレイティブタイプ」と、単に熱ダメージを与える「ノンアブレイティブタイプ」の2種類がありますが、効果が高いのはアブレイティブタイプのフラクショナルレーザーです。※アブレイティブとは「削る」「蒸散する」といった意味があります。

フラクショナルレーザーの治療 「アブレイティブタイプ」のフラクショナルレーザーの波長は水分に吸収されやすく、皮膚の水分に吸収されて蒸散させる(削る)作用があります。それらを点状に照射し、無数に微細な穴をあけます。そして、その穴を修復するときに放出される成長因子によって劇的な皮膚の入れ替え効果とコラーゲン増生効果が期待できるというわけです。そのアブレイティブタイプのフラクショナルレーザーには、エルビウムヤグレーザー、パールフラクショナル、CO2フラクショナルレーザーなどがあります。

エルビウムヤグレーザー

エルビウムヤグレーザーの画像 エルビウムヤグレーザーは波長2,940nmのレーザーです。この波長は最も水分に吸収されやすく、CO2レーザーの10倍も水分に吸収されやすい性質があります。それによって皮膚をしっかりと削ることが可能で、とても高い治療効果が期待できます。痛みも少なく、麻酔なしで行うことができます。周辺組織への余計な熱損傷が少ないため、ダウンタイムも限定的です。エルビウムヤグレーザーによるニキビ跡治療は、非常に高い効果が得られる治療といわれ、肌に合えば最も効果が期待できると思います。

パールフラクショナル

パールフラクショナル パールフラクショナルは、波長2790nmのレーザーです。皮膚を蒸散、凝固、加熱して皮膚の入れ替えとコラーゲン増生を促します。エルビウムヤグレーザーよりも若干、穏やかな治療です。

CO2フラクショナルレーザー

eCO2エコツー CO2フラクショナルレーザーは波長10,600nmのレーザーです。ホクロ治療やイボ取り治療などに使用されるレーザーと同じものです。欠点は余計な熱損傷が発生しやすいことで、それによってダウンタイムが長引いたり、色素沈着を起こしたり、場合によってはケロイドになってしまう可能性もあります。

ノンアブレイティブタイプ(皮膚を削らないタイプ)

アファーム フラクショナルレーザーには皮膚を削ることなく単に熱ダメージを与えるだけのノンアブレイティブタイプのものがあります。エルビウムヤグレーザーやCO2レーザーのように皮膚を削ったりする作用がないことから、効果は限定的ですがダウンタイムの負担も比較的に軽い特徴があります。治療器でいうと、「フラクセル」、「アファーム」、「スターラックス1540」などがあります。軽度のニキビ跡クレーターに対してはこの治療を5回ほど行うことで改善することも多いです。

針治療

ダーマローラー

ダーマローラー ダーマローラーとは、ステンレス製の極細針が付いたローラーを肌の上で転がして意図的に皮膚に孔(穴)をあけ、その穴を修復するために放出される成長因子によって皮膚の入れ替えとコラーゲン増生を促す治療です。一度の治療で10~15%ほどの皮膚の入れ替えが実現でき、コラーゲンの増加は平均で2倍、最大で10倍ほどに高まるといわれています。

ダーマローラーは基本的に出血を起こしますが、適切な治療を行えば術後の色素沈着を起こすことはほとんどありません。針が長いほど効果が高くなりますが、痛みやダウンタイムの負担が大きくなります。また、穴があいた皮膚に成長因子を含んだ美溶液を塗布することで、さらに高い効果を得られることができます。クレーター治療の場合は3~5回以上繰り返すことで効果が実感できることが多いです。また、ローラータイプではなく、スタンプタイプの針治療もあります。(ダーマスタンプ)。

ダーマペン

A-MTS ダーマペンとは、極細の針が搭載された電動機器を使用し、皮膚に対してピストン振動することで肌に孔(穴)をあけていき、その穴を修復するために放出される成長因子によって皮膚の入れ替えを促す治療です。

原理的にはダーマローラーと似ていますが、ダーマローラーはローリングさせて皮膚に穴をあけるのに対し、ダーマペンでは皮膚に対して垂直に穴をあけていくため、ダウンタイムや痛みが抑えられるメリットがあります。また、成長因子を含む美容液を併用して効果を高めることもできます。繰り返し針を刺すのでやりすぎに注意しなければいけません。

クレーター治療まとめ

女性看護師の画像 簡単にまとめると、ニキビ跡の皮膚の凹みに効く治療は、レーザーの場合はエルビウムヤグレーザーやCO2フラクショナルレーザー、針治療の場合はダーマローラー、ダーマペンなどです。それらは肌質によって治療が難しい場合があったり、ダウンタイムが長くなる欠点がありますが、非常に高い効果を得ることができます。