医師にニキビ肌を診られるのが恥ずかしいと思う必要はない!

皮膚科カウンセリング画像 男性ホルモンなどの性ホルモンの分泌が高くなる思春期ごろから増えるニキビ。ニキビが顔に多発してしまうと、精神的にネガティブになってしまいがちです。特に女性の場合はニキビだらけの顔に悩み、他人に見られたくないと思う人は少なくありません。

そういった考え方により、皮膚科医や看護師などにも顔を見せたくないという人は多く、治療が遅れてニキビがひどく悪化してしまうこともあるといいます。

皮膚科医や看護師は多くのニキビ患者を診ています

にきび治療 多感な時期ではニキビ肌を皮膚科医にさえも見せたくない思う人は男女問わず少なくないといいます。ですが、皮膚科医や看護師からいえば、多くのニキビ患者の肌を診てきており、重症化したにきびよりも深刻な皮膚疾患も数多く診ています。

患者さんが「恥ずかしい」と思うほど、皮膚科で勤める者は意識していないものです。

腫れが強いニキビが多発した場合、治療が遅れるとニキビ痕がクレーターとなって改善が難しくなるケースがあります。

近年はニキビに有効な治療方法も豊富に確立しており、皮膚科で治療をすれば早くキレイに治りやすい時代になってきていますので、「恥ずかしい」という考えを捨てて思い切って皮膚科を受診してみると良いでしょう。

ニキビは特殊な症状ではなく若い時期ならほとんどの人が経験するものですので、患者側が恥ずかしいと思う必要はありません。

お化粧をして皮膚科に受診するのもOK!

お化粧 の画像 ニキビが見られるのが恥ずかしい場合、お化粧でしっかりカバーして皮膚科を受診しても問題ありません。ファンデーションでしっかりカバーしていても、ある程度にきびの炎症や腫れの進行度合いはわかるものです。

お化粧を落とさず、素顔を見せることもなくお薬(塗り薬・飲み薬)を処方してもらうことも可能です。多くの女性はお化粧したまま来院することが多いように思います。

ただし、ケミカルピーリング、IPL治療(光治療)、レーザー治療などを受ける場合は施術前にお化粧を落とす必要があります。治療効果が得られないためです。

男性でもお化粧して皮膚科を受診してもOK!

パウダーファンデーションによるお化粧 男性でもニキビ肌が見られるのが恥ずかしいという人は少なくありません。そういった男性はお化粧をして皮膚科を受診しても問題ありません。筆者の経験上、お化粧をして来院される男性はわりと多くいらっしゃいました。

一般に男性はお化粧をするものではないという認識が社会一般にありますが、ニキビや肌荒れをカバーするためなら特に気にする必要はありません。

男性芸能人でもTV出演の際はお化粧は当然ですし、ニキビやシミ、ホクロをカバーするためにコンシーラーを使うこと多いといいます。女性から見ても、普段からお化粧している男性は嫌だけど、肌荒れを隠すためなら問題ないと思うはずです。(私自身もそう思います)。

女性のニキビ患者では女性医師の皮膚科を受診

ニキビ治療のポイント 女性の場合、女性の皮膚科医であればニキビ肌をさらすことに対して抵抗感は少ないかもしれません。皮膚科・美容クリニックでは、女性医師の割合は高く、増加傾向にあるといいます。

ネットなどで調べて女性医師の皮膚科を探してみましょう。(意外と近くに病院が見つかったりするものです)。

近年では医療業界全体において男性看護師も増えていますが、皮膚科においては看護師というと女性スタッフがほとんどです。医師も含めて女性だけのクリニックも少なくありません。