ドクダミ茶がニキビ肌荒れに効果的「漢方」にも使用されるドクダミの効能

ドクダミ ドクダミは、ドクダミ科植物ドクダミ属の多年草で、毒を溜めているような臭いからドクダミ(毒溜み)と名付けられたとされます。

どくだみは漢方における生薬としても用いられ、生薬名は「十薬(じゅうやく)」といいます。これはドクダミには10もの効果があるということから名付けられています。

ドクダミを乾燥させたものを煮出したものがドクダミ茶です。生薬としても用いられるだけあって、お茶として利用することでも様々な健康・美容効果があります。

また、ドクダミ茶の他にも、サプリメント(健康食品)や化粧品有効成分(ドクダミエキス)としても使用されます。ドクダミエキスはニキビケア化粧品にも使用されます。

どくだみの効果

どくだみ茶
  • デトックス効果、便秘改善効果。
  • 利尿効果。
  • 美肌効果。
  • 消炎効果。
  • 血液サラサラ効果。
  • 血圧安定作用。

どくだみのニキビ改善効果

キレイな肌・ニキビのない皮膚 ドクダミには美肌効果があり、ニキビ肌荒れ、吹き出物などにも有効です。ドクダミは体内の毒素や老廃物を体外に排出する「デトックス効果」があり、身体の水分代謝を促して内側からキレイな肌作りをサポートします。

また、ドクダミには便秘を解消する効果もあり、腸の腐敗を抑えて腸内環境を整えることで肌荒れを防ぎます。便秘によってニキビなどの肌トラブルが発生する人はドクダミが効果的かもしれません。

どくだみの有効成分

どくだみの効能は主に以下の有効成分によってもたらされます。

デカノイルアセトアルデヒド

独特の臭いをもつドクダミの精油成分で殺菌作用がある。ドクダミを乾燥させると消失してしまうため、基本的にドクダミ茶には含まれません。

クエルシトリン

独特の臭いをもつフラボノイド系のポリフェノールの一つ。利尿作用、便秘解消、毛細血管強化、消炎作用があります。

ルチン

フラボノイド系のポリフェノールの一つ。ビタミンCの働きをサポートする働きや、血管を強化して丈夫にし、血管の老化を防止する。

カリウム

ドクダミには様々なミネラルを含有しますが、特にカリウムを高濃度に含みます。カリウムは、血圧のコントロール、老廃物の排出、筋肉の働きを保持などの働きがあり、生命活動を維持するうえで重要な役割を担っています。

ドクダミ茶摂取のポイント

ドクダミ茶はノンカフェイン

ドクダミ茶はカフェインを含んでいません。カフェインは覚醒作用をもつため身体を活動的に導く一方で、夜に摂取すると寝つきを悪くしてしまうことがありますが、ドクダミはノンカフェインであるため水の代わりに1日中摂取することができます。
【Amazon】山本漢方の100%どくだみ茶 5g×36P

ただし、「どくだみ茶」として販売されている商品でも、ウーロン茶などのカフェインを含むブレンド茶の一つとして販売されているものもあるため注意が必要です。

なお、ノンカフェインのお茶はドクダミ茶以外にも、麦茶、ハトムギ茶、杜仲茶、ルイボスティー茶、苦そば茶などがあります。

ドクダミ茶の苦さを軽減させるには?

ドクダミ茶は独特の臭い・味があり、人によっては続けにくいかもしれません。そういう場合はドクダミ茶と麦茶などをブレンドして煮出すと良いかもしれません。

麦茶は香ばしい香りで飲みやすく、ノンカフェインで血液サラサラ効果があり、それとブレンドで飲むとドクダミ茶でも続けやすいかもしれません。

どくだみ茶のティーパックと麦茶のティーパックを一緒に煮出して作ります。2~3リットルを目安に作ります。

化粧品にも配合される

ドクダミは、殺菌作用・消炎作用、保湿効果などがあり、「ドクダミエキス」として洗顔料、化粧水、クリームなどの化粧品にも配合されることがあります。通常はドクダミ草の生葉や茎から抽出されたエキスが用いられます。

ドクダミは健康食品にも用いられる

ドクダミはサプリメントとしても用いられます。どくだみ茶が苦手な人はサプリを利用するのも一つの方法です。

ドクダミ茶の副作用や服用における注意点

  • 身体に良いからといってドクダミ茶を摂取しすぎるのもかえって良くありません。
  • ドクダミ茶の摂取によってまれに腹痛、軟便を起こすことがあります。