【画像】エルビウムヤグレーザーのニキビ跡治療効果と副作用や危険性

エルビウムヤグレーザーの画像 ニキビ、吹き出物ができることで悩ましいのが赤みや色素沈着といったニキビ跡が残ってしまうことです。特にニキビ跡がクレーター状に凹んでしまうと、一般に自然に治っていくことはほとんどないため、特別な治療を受ける必要があります

そのクレーター治療は現在まで様々な治療法が確立していますが、その中でもフラクショナルエルビウムヤグレーザーという治療はクレーター治療の中でもトップレベルの改善が期待できるといわれています。今回はクレーター治療に効果絶大なエルビウムヤグレーザーの特徴と注意点や危険性を解説していきます。

エルビウムヤグレーザーとは?

エルビウムヤグレーザーの画像 エルビウムヤグレーザーとは、波長2,940nm(ナノメートル)のレーザーです。この2940nmという波長は非常に水分に吸収されやすい特徴があり、肌に含まれる水分にも吸収される性質があります。

それによって皮膚を蒸散(削る)することができるため、イボ治療やほくろ取り治療などに使用されますが、そのエルビウムヤグレーザーを分散的に照射する治療が「フラクショナルエルビウムヤグレーザー」です。

フラクショナルエルビウムヤグレーザーとは?

フラクショナルレーザーがニキビ跡クレーターに効く仕組み フラクショナルレーザーとは、皮膚に対して微細なダメージを等間隔で点状に照射して、若返り効果をもたらす治療です。局所的に大きなダメージが加わると、皮膚が損傷して回復も難しくなりますが、微細なダメージを分散的に照射することで、色素沈着などを起こすことなく若返り効果を得ることができます。

フラクショナルエルビウムヤグレーザーを皮膚に照射し、点状の微細な穴をあけると、自然治癒力により、その穴を修復する過程で放出される成長因子(細胞増殖因子)によって皮膚の入れ替えとコラーゲン増生を劇的に促すことができます。成長因子がコラーゲンの生成と分解を担う線維芽細胞を活性化させ、萎縮したコラーゲンを分解して新たなコラーゲンとの再構築を促します。コラーゲンも増加しますので、皮膚の凹みやシワなどの様々な肌の悩みが解消されていきます。

皮膚の入れ替えが必要な理由

ニキビ跡クレーター ニキビ跡クレーターはコラーゲンが減って凹んでいるのではなく、ニキビの炎症によってコラーゲンが萎縮して瘢痕(はんこん)という状態になってしまったことで発生します。そのため、単にコラーゲンが増加したとしても、加齢によってコラーゲンが減少すれば再び凹みが目立ってくることがあります。そこで、凹みの原因である瘢痕(はんこん)を入れ替えてあげる必要があるのです。

エルビウムヤグレーザーの利点

エルビウムヤグレーザーとCO2レーザーの比較 エルビウムヤグレーザーの2940nmという波長は、水分に吸収されやすいため熱損傷が少ないメリットがあります。例えば、似たようなレーザー治療にCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)という波長10,600nmのレーザーがありますが、それはエルビウムヤグレーザーと同じように水分に吸収されやすい性質があるといわれる一方で、エルビウムヤグレーザーの1割ほどの水分吸収性しかありません。

そのため、CO2フラクショナルレーザーで効果を高めようとすると、出力を上げる必要がありますが、その際に余計な熱ダメージが加わってしまうようになります。その結果、色素沈着を起こしたり、ダウンタイムが長くなってしまう欠点があります。また、肌質によってはケロイドを起こしてしまう可能性もあります。

ところが、エルビウムヤグレーザーは様々なレーザーの中でも極めて水分への吸収が高く、余計な熱ダメージを与えることなく、皮膚をスパっと削ることができます。そのため、熱ダメージにるダウンタイムが抑えられており、赤みや色素沈着を起こすリスクが低いといえます。ただし、しっかりと皮膚を削ることができるため適切な出力で行う必要があります。

実際の効果は?

フラクショナルレーザーのにきび跡治療効果の画像 フラクショナルエルビウムヤグレーザーは、レーザーを使ったニキビ跡クレーター治療において、最も効果が高い治療の一つといわれています。

おおむね3~5回以上の治療で効果は実感できるはずです。浅いニキビ跡の凹みの場合は1~2回の治療でもかなり目立たなくなることがありますが、多くの場合は複数回繰り返す必要があります。

ただし、効果には個人差があり、皮膚の凹みが改善しにくい人もいます。皮膚の凹みが深い場合や、皮膚が厚くて硬く、ゴワゴワしたような肌は、ある程度は凹みが目立たなくなりますが、治療には限界があります。

どんな機種がある?

エルビウムヤグレーザーのヘッド(MCL30)の画像 フラクショナルエルビウムヤグレーザーには、サイトン社のプロフラクショナル、アロマレーザー社のピクセルプロ2940、ドイツのエスクレピオン社のMCL30などがあります。例えば、ドイツのMCL30では、エルビウムヤグレーザーの機器のヘッド(照射部位)を変えることでフラクショナルエルビウムヤグレーザーとして機能します。

施術内容とアフターケア

Step1カウンセリングによって肌を診断します。このときに、肌が敏感な場合やケロイド体質などの場合は医師に告げて下さい。エルビウムヤグレーザーはしっかりと皮膚を蒸散させるので、肌が薄くて弱い人には適していないことを覚えておいて下さい。
Step2施術当日、治療前に洗顔によってお化粧や肌の汚れを落とします。
Step3麻酔クリームやテープによって麻酔をします。30分以上待ちます。
Step4治療部位をアイスパックなどで冷やします。これによって痛みが緩和され、術後の赤みや炎症も抑えられます。
Step5フラクショナルエルビウムヤグレーザーを照射していきます。
Step6皮膚に穴があいて有効成分の浸透性が高くなっているため、希望によって成長因子やビタミンC誘導体を含んだ溶液を塗布したりします。
Step7治療後は再びアイスパックなどで皮膚を冷却し炎症をしずめます。これによってダウンタイムが抑えられます。
Step8治療後はお化粧は控えます。

アフターケア

  • 治療当日はお化粧や洗顔など、できるだけ肌に負担を与えないようにして下さい。
  • 施術後当日は入浴は控えましょう。翌日からも施術部位を温めるような行為は避けて下さい。入浴やマッサージもNGです。
  • 紫外線対策をして下さい。色素沈着の原因となります。
  • 治療前も治療後もしっりと保湿して下さい。保湿によって肌の回復が早くなります。
  • 治療日前後は過度の飲酒やタバコは控えてください。回復が遅くなります。体調を万全にして受けてください。

治療時間の目安

フラクショナルエルビウムヤグレーザーの治療時間は麻酔なども含めると1時間以上はかかります。レーザー照射は20分ほどが目安です。

治療回数の目安

ニキビ跡のクレーター治療の場合は、3~5回以上は必要です。一度の治療で満足することがあるかもしれませんが、多くのケースでは効果が実感できるまで複数回の治療が必要です。治療の間隔は3ヶ月から半年おきに行います。

治療料金の目安

フラクショナルエルビウムヤグレーザーの施術費用は、一回あたり両頬で5万円くらいが目安です。部分的な治療ではさらに安い価格で行っていたりします。

副作用・注意点

フラクショナルエルビウムヤグレーザーは、しっかりと皮膚を蒸散する治療ですので、副作用として治療部位が真っ赤になったり出血を起こしたりすることがあります。また、治療後には鈍い痛みやヒリヒリしたりすることがあります。それらの副作用は時間の経過とともに改善していきます。ダウンタイムがあるので、仕事や生活に余裕がある時に行って下さい。体調が悪い場合は治療は行わないようにしましょう。元々、治療レベルが高いので、心配な人は最初は出力を抑えてからやると安全です。

カサブタは無理に剥がさない

フラクショナルレーザー後のカサブタの画像 フラクショナルレーザーは点状の微細な穴をあけていきますので、治療後から数日かけて点状のカサブタができるようになります。そのカサブタは絶対に無理に剥がしたりしてはいけません。色素沈着を起こして毛穴のシミのようになったりすることがあります。洗顔などにおいても優しく行ってください。