脱毛行為を行ったエステサロンの逮捕事例いろいろ

脚のレーザー脱毛の画像 エステサロンでは主に、シェービング、ワックス脱毛、除毛クリームなどを使用した脱毛が行われています。ところが、一部のエステサロンではレーザー脱毛、高周波脱毛、光脱毛、針脱毛などの医療機関で行われているような脱毛行為を行っていることがあります。

ただし、そういった行為はエステサロンでは医師法違反となることがあり、摘発されるエステサロンがたびたび存在します。

エステサロンの脱毛行為について

エステサロンでは永久脱毛ができない

女性看護師のアドバイス画像 永久脱毛というと毛根や毛乳頭になんらかのダメージを与えて破壊する必要があります。毛根や毛乳頭などの器官が破壊されるということは、それだけ強いパワーのレーザーや高周波、電気針などの熱を必要とします。こういった脱毛行為は、医療機関でしか行うことができないと定められ、規則を破れば医師法違反として処分されてしまいます。

そのため、エステサロンのような非医療機関で高い効果があるレーザー脱毛や電気針脱毛などを行えば、医師法違反として摘発されてしまいます。そこでエステサロンで行われるレーザー脱毛、光脱毛、高周波脱毛というのは、毛根を破壊して毛が再生できなくなるようなレベルの出力ではなく、とてもマイルドに作用する低い出力で行われたりします。

エステサロンでは、基本的に永久脱毛効果を得られるような脱毛行為は行っておらず、あくまでも一時的な脱毛、減毛、抑毛というレベルの施術を行っています。

エステサロンでも光脱毛や高周波脱毛できる?

ワキのレーザー脱毛 一部のエステサロンでは、光脱毛や高周波脱毛などを使ったムダ毛処理が行われています。光脱毛とは、毛に含まれるメラニンに反応する幅広い波長を照射するものです。一方、高周波脱毛とは、高周波エネルギーによって毛根にダメージを与えるものです。

医療機関においてもIPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を用いた脱毛や、IPLと高周波を組み合わせたフォトRFといった機器を使用した脱毛法がありますが、エステサロンで行われる光脱毛や高周波脱毛も、それと同様の原理に基づいたものです。

医療機関で行われるような方法がエステサロンで行われていると「違反しているのでは?」と思いがちですが、基本的に特殊な光や高周波を照射することは、それだけでは医師法違反となりません。問題となるのは、毛根が破壊されるレベルの高い出力で行われているかどうかです。毛根が破壊されないレベルであればエステサロンでも行うことができますが、毛根が破壊されるレベルであれば医師法違反となります。

脱毛における医療行為と非医療行為のボーダーラインは?

レーザー機器や光治療器、高周波治療器などの脱毛器の種類によって効果は大きく違いがあります。また、肌質、体質、脱毛する部位などによって脱毛効果は大きく異なります。高い出力で照射してもあまり効果を得られないケースもあり、反対にやや弱い出力でもある程度は効果を得られることもあります。

あらゆる脱毛機器において、実際にどのくらいのレベルが毛根を破壊するほどのダメージがあるかどうかを数値化して法律で定めるのは難しいのが現状で、脱毛機器を使用した医療機関と非医療機関の明確なボーダーラインはあいまいなところがあります。一般に毛根を破壊するには70度以上の熱を与える必要があるとされ、過去の事例などにおいてもそのレベルからは厚生労働省や裁判所などでも医療行為とされているようです。

エステ協会による方針

ポイント エステ協会では脱毛を行う場合、医師法違反とならないように「毛根、毛乳頭を破壊をしない」「毛が再生するようなレベルの一時的な減毛・脱毛にとどめる」といった決まりがあります。大手のエステサロンでは低出力照射を徹底しているため、警察に摘発されるようなことはありません。

ただし、まれに規律を守らないエステサロンが存在します。そのようなエステサロンが強いパワーで脱毛行為を行い、医師法違反として逮捕されるケースがたびたび発生し、ニュースになります。知識のないエステティシャンが強い出力で照射し、ヤケドや色素沈着などのトラブルを起こし、消費者生活センターなどに相談し、その後に警察に摘発されるという形がほとんどです。

大手のエステサロンではなく、小さなところで「永久脱毛」とうたっている脱毛サロンは避けたほうが無難です。

エステサロンの宣伝

エステサロンではカウンセリングの段階で、「ムダ毛が細くなる」「再び生えてくるのが遅くなる」といった医療機関で行われるような永久脱毛・減毛との違いを説明したりします。ホームページなどでもそういった内容を表記していることが多いです。そういったエステサロンは信頼できるといえます。

ところが、カウンセリングでは「永久脱毛はできない」と説明しながらも、一方であたかも永久脱毛を実現できるかのような紛らわしい宣伝をしていたりするエステサロンも存在します。基本的にエステサロンでは永久的な脱毛・減毛効果が得られる施術を行うことはできません。

摘発の事例いろいろ

エステサロンに対する摘発

2012年5月、とあるエステサロンが医療機関で行われるべきレベルのレーザー脱毛を行い、しかもエステティシャンに施術させていたとして医師法違反として摘発されました。

2012年6月、とあるエステサロンが医療機関でしか行うことができないレーザー機器や光治療器での脱毛施術を行っていたとして、社長や元従業員など3名が逮捕された事件がありました。

クリニックが摘発される事例

とある東京のクリニックが医師が直接行うべきレーザー脱毛を看護師に行わせていたことで摘発され、医師法違反で一時的に医師免許停止処分となったケースがありました。

実は、看護師が医師の代わりにレーザー脱毛を行うというのは、昔は珍しくない時代がありました。現在では厳格に管理されていると思います。

現在は昔と違って病院で不適切な対応をすればSNSなどのネット上ですぐに拡散されてしまいますので、それが抑止力となっているかもしれませんね。