毛包炎を起こさない毛抜きによるムダ毛処理のポイント

毛抜き ムダ毛を処理するために一般的に行われている方法の一つがピンセットを使った「毛抜き」です。カミソリで体毛処理する方法と共に、一般的に広く行われている方法といえるでしょう。

毛抜きのような体毛を根っこから抜く方法は、毛の再生を大幅に遅らせることができ、仕上がりもキレイであるため、頻繁に行っている人も多いと思います。ただし、体毛を無理やり抜いてしまう方法には、様々なトラブルを起こすリスクがあります。今回は毛抜きによる肌トラブルと理想的な処理方法をご紹介します。

毛抜きによる脱毛法の長所と短所

毛抜きのメリット

  • 毛を根本から抜いて毛の再生を大きく遅らせることができるため、処理の回数が軽減される。
  • カミソリなどと比較して仕上がりが綺麗になる。黒いボツボツがない。
  • 仕上がりの肌触りが良い。カミソリ使用後のチクチク感やザラザラ感がない。

毛抜きのデメリット

  • 一本一本毛を抜く方法であるため、広範囲になるほど時間がかかる。
  • 皮膚とつながっている体毛を無理に抜くため、痛みが強い場合がある。
  • 毛を抜くと毛穴内部が出血を起こして雑菌が侵入し、毛膿炎(毛嚢炎)などの感染症による赤いブツブツを引き起こすことがある。
  • 毛抜きで抜こうとした毛が途中で切れてしまうと、埋没毛ができてしまうことがある。
  • 何度も繰り返していると、皮膚のダメージが蓄積されて色素沈着、皮膚の黒ずみを引き起こすことがある。

毛抜きでの皮膚トラブル一覧

毛抜きで引き起こされる毛膿炎(毛嚢炎)とは?

ムダ毛処理後の毛嚢炎 毛膿炎(毛嚢炎や毛包炎ともいう)とは、カミソリや毛抜きなどによって毛穴が傷つき、そこからばい菌が侵入して引き起こされる皮膚炎です。体毛は皮膚とつながっており、それを無理やり抜いてしまうと、毛穴内部では出血を起こしていたりします。そこからブドウ球菌などが細菌感染してしまうと、赤くブツブツした皮膚炎が引き起こされます。

毛膿炎は症状の見た目はニキビと似ていますが、にきびのようにニキビの芯(皮脂や角質の塊)などがないため、炎症もそこまでひどくなることはなく、通常は数日すれば跡もなく治っていきます。ただし、体質や体調によっては毛膿炎によってまれに強い炎症や化膿を起こしたりすることがあり、ひどい色素沈着が残ってしまうケースもあります。

毛嚢炎には「フルコートF」という治療薬が良く効きます。フルコートFは抗生物質とステロイドが配合された塗り薬です。
【Amazon】フルコートf 5g

毛抜きで引き起こされる埋没毛とは?

埋没毛(まいぼつもう)とは、毛が正常に毛穴から出てくることなく皮膚に埋もれてしまう状態をいいます。毛抜きなどで毛根部の毛が途中で切れてしまうことでも発生し、途中で切れた毛が毛穴の中でうず巻き状に伸びて正常に毛穴から出られなり、成長した毛が皮膚内で透けて見えるようになります。

埋没毛は、そのまま放っておいても特に問題はないですが、取り除く場合は消毒した針などを使って慎重に除去します。慣れていないと肌を傷つけてしまうことがあります。また、不衛生的な状態で針を使ったりすると、肌に炎症を起こしたりすることも考えられます。

毛抜きで皮膚が鳥肌状になってしまう

ブツブツした成熟瘢痕 長年にわたって毛抜きや脱毛テープなどで無理に体毛を抜いていると、皮膚が鳥皮のようにブツブツ浮き上がってくることがあります。これは、毛を抜くときに皮膚も一緒に引っ張られてそのままの状態になってしまうためと考えられています。また、毛を抜くことで皮膚がダメージを受け、ボツボツとした瘢痕組織(成熟瘢痕や肥厚性瘢痕)を作ってしまうこともあるようです。瘢痕によって肌がブツブツになるのはアレルギー体質や肌質の影響も考えられます。

毛抜きをする場合の注意点

基本的には毛抜きという方法は美肌のためにはあまり良い方法ではないとされます。ただし、それでもピンセットなどで毛抜きを行いたいという場合には以下のような点を守って行いましょう。

抜くときに皮膚を温める

ピンセットなどを使って毛抜きを行う場合は、カミソリなどと同様に皮膚を温めてから行うのが理想です。

毛の流れに沿って抜く

カミソリと同様に、毛抜きにおいても体毛は毛が生える方向に向かって処理しましょう。毛と逆の方向に抜いていると、皮膚が鳥肌状にブツブツとなってしまう傾向があります。

毛は優しく一本ずつ抜く

面倒だからとして、複数の毛をまとめて抜くような行為はしないようにしましょう。一本一本、毛の流れに剃って丁寧に抜きます。

毛抜き後は皮膚を冷やす

毛を抜いた後の肌はダメージを受けて、やや熱をもつようになります。そこでアイスパックなどで皮膚をクールダウンさせてあげると毛膿炎などのトラブルを抑えることができます。また、冷水シャワーなどを使用して皮膚を冷やすのも効果的です。ヤケドや打撲などでもそうですが、炎症が起こった肌は冷やすのが基本です。

処理後は必ず保湿する

無駄毛処理後の肌は不安定な状態になっています。化粧水などで保湿することで皮膚の炎症を抑えることができます。

女性の場合、生理後1週間に行う

毛抜きなどの皮膚への負担が大きいムダ毛処理は、月経(生理)後から1週間に行うのが理想です。その理由は、生理後から1週間は卵胞期といわれるエストロゲンという女性ホルモンの分泌が高まる時期であり、その時期はエストロゲンの影響によって肌トラブルを起こしにくくなるためです。一方、生理前には黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が高まる影響で、色素沈着を起こしやすくなります。