脱毛テープは毛包炎や色素沈着、埋没毛などを起こす可能性大

テープ脱毛 腕の毛、脚の毛(すね毛)などの体毛を処理する方法の一つに「脱毛テープ」を使ったスキンケアがあります。脱毛テープは粘着力のあるテープを脱毛したい部分に貼って剥がし取る方法で、一度にたくさんの体毛を処理できるメリットがありますが、肌に対しての負担が非常に大きく、トラブルを起こすことも多いムダ毛処理方法です。

脱毛テープを使ったムダ毛処理について

長所

脱毛テープのメリットはなんといっても一度に多くの体毛を処理できるところです。広範囲を一気に行うため、爽快感もあります。毛抜などと比較すると短時間で処理できます。

短所

脱毛テープは毛とともに角質を傷つけてしまうため、皮膚に対してとても負担が大きい欠点があります。また、無理に毛を抜くことで毛穴が傷つき、毛膿炎(赤いぶつぶつ)を引き起こすことがあります。炎症や刺激によって毛穴の黒ずみ、シミ、色素沈着を起こす可能性もあります。

また、脱毛テープを繰り返しているとターンオーバーが乱れて埋没毛を引き起こしやすくなります。毛を抜くという方法は毛穴内部を引っ張る行為であり、それを繰り返していると皮膚が鳥肌状にブツブツになってしまうことがあります。いずれにしても肌が強い人でないと行うことができず、敏感肌や肌が弱い人には不向きだといえます。

脱毛テープを使ったムダ毛処理のトラブルとは?

毛膿炎

毛嚢炎 毛膿炎とは、毛穴の内部に傷がつき、そこからばい菌が入り込んで感染する皮膚病です。他にも、毛嚢炎、毛包炎などともいいます。脱毛テープによって毛が無理やり抜かれ、そこから細菌感染をおこし、ニキビのように赤くブツブツした炎症が起こる状態です。

ただし、毛膿炎はニキビのように皮脂の汚れ、ニキビの芯などをもっていないため、数日すれば色素沈着を起こすこともなくすぐに治ります。ですが、体調が悪かったり、症状が悪化した場合は化膿して、色素沈着がひどくなってしまうことがあります。

埋没毛

埋没毛 埋没毛とは、毛を無理やり抜くことによって毛根部の毛が途中で切れ、そのまま毛穴や皮膚の中で伸び続けている状態です。そのまま放置していても問題がありませんが、取り除く場合は清潔な針を使用してトゲを抜く要領で慎重に毛を除去します。

毛穴の黒ずみ、しみ、色素沈着

脱毛によるシミ色素沈着 脱毛テープのような皮膚に貼って剥がし取るといった方法では、体毛だけではなく角質層にも大きなダメージを与えていることになります。実際に、マイクロスコープで見ると細かな傷がついていたりします。また、皮膚とつながっている毛を抜くことで毛穴に傷がつき、出血を起こしたりすることがあります。

皮膚はダメージを受けると、防御反応としてメラニン色素をたくさん作り出します。通常はターンオーバーによってメラニンは押し上げられて排出されますが、場合によってはメラニンが沈着してしまい、毛穴の黒ずみや、しみ、色素沈着を起こしてしまうこともあります。

ちなみに、欧米では腕や脚などのムダ毛処理というと脱毛テープが一般的に広く用いられることがあります。白人種は元々メラニンが少なく、シミ、毛穴の黒ずみを起こしにくいことや、角質層が厚いため貼って剥がすといったスキンケアによってトラブルを起こしにくいのです。眉毛や頬、アゴ、フェイスラインなどの産毛に対しても脱毛テープを使用することも少なくないといいます。

肌荒れを起こさない脱毛テープの使用方法と注意点

肌がガサガサになっている時には行わない

肌が乾燥しているときには脱毛テープは不向きです。乾燥肌は刺激に対して敏感になっていますので、脱毛テープのような方法は適していません。日常的に保湿して水分量を高め、角質層のバリア機能を高めてから行いましょう。

使用前には肌を温めて肌を湿らせる

脱毛テープを使う前に、温水シャワーなどで肌を温めて湿らせることで肌トラブルを予防できます。

ムダ毛処理後は冷水で冷やす

脱毛テープを使用してムダ毛処理した後は、冷水シャワーなどで皮膚を冷やしてクールダウンさせましょう。これをするだけで毛膿炎などの皮膚の炎症が起こるリスクを大きく軽減します。

ムダ毛処理後は化粧水などで保湿する

脱毛テープを使ってムダ毛処理を行った後は必ず化粧水などで保湿をしましょう。これをやるだけで肌トラブルがずいぶんと抑制できます。

生理後1週間に行う

生理後の一週間は卵胞期といわれるエストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌される時期です。この卵胞期はエストロゲンの影響で肌トラブルが起きにくい時期であるため、脱毛テープを使った肌の負担が大きいスキンケアをするには適した時期だと思います。一方、生理前は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響でシミ・色素沈着が起きやすくなります。