胸・デコルテの毛穴の黒ずみの予防対策

胸ニキビ 胸・デコルテはカラダの中でも皮脂分泌が多い部分です。さらにターンオーバーも比較的活発で古い角質もたまりやすい部分です。

そのため、毛穴の黒ずみが現れたり、毛穴汚れによってブツブツができることも少なくありません。ここでは胸元の毛穴トラブルの原因と改善方法をご紹介します。

胸・デコルテの毛穴汚れ・毛穴黒ずみの原因とは?

胸は皮脂分泌が多い

頭皮や顔面は人間の体の中で最も皮脂分泌が多い部分ですが、背中や胸元もわりと皮脂分泌が多く、ニキビや毛穴トラブルが起こりやすいところです。胸に皮脂量が多いのは皮脂腺が発達しているためで、皮脂腺は男性ホルモンなどの影響を受けて皮脂分泌を促します。

ストレスやイライラ、油っこい食事、ビタミン不足などによって胸元の皮脂分泌が活発になることがあります。

皮脂が多いと毛穴がつまりやすい

毛穴汚れ・角栓の仕組み 一般に皮脂が多くなると毛穴がつまりやすくなるといわれています。その原因は皮脂中に約20~30%含まれる遊離脂肪酸という物質が皮膚に刺激を与えてターンオーバーを乱すためです。遊離脂肪酸とは、グリセリンとの結合がない脂肪酸で、アクネ菌などの皮膚常在菌が皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解することで作られます。

皮脂中の遊離脂肪酸には、オレイン酸、パルミトレイン酸などが多く存在しますが、それらは皮膚を刺激してターンオーバーを過剰に進行させ、角質を剥がれやすくさせます。毛穴内部で剥がれた角質と皮脂が混ざって固まると角栓(かくせん)を形成するようになります。胸・デコルテも皮脂が多い部分なので角栓が溜まりやすいといえます。

遊離脂肪酸は毛穴周辺の角質肥厚を起こす

ニキビ発生の仕組み 皮脂中に存在する遊離脂肪酸は、皮膚に刺激を与えて毛穴周辺の皮膚を厚くしてしまいます。それによって皮脂の出口が狭くなってニキビを発生させることもあります。皮脂の増加によってニキビができやすくなるのは遊離脂肪酸による刺激が主な原因です。

皮脂中の遊離脂肪酸は毛穴の黒ずみを引き起こす

毛穴黒ずみの仕組み 皮脂に含まれる遊離脂肪酸や毛穴内部の皮脂汚れは、毛穴を刺激して炎症を誘発するようになります。その炎症によってメラニン色素が過剰に作られるようになり、それが慢性的に起こるとしだいに毛穴が黒ずんでくるようになります。

胸・デコルテは新陳代謝が活発な部位

胸はカラダの中でもターンオーバーが活発なところです。そのため、古い角質がたまりやすく、毛穴が詰まりやすいといえます。

胸・デコルテの毛穴汚れ・毛穴黒ずみ対策

胸は手洗いで優しく洗う

洗浄 胸・デコルテの毛穴汚れを改善するには洗浄による皮脂ケアが重要です。皮脂によって角質肥厚や炎症が起こり、ブツブツや毛穴黒ずみが引き起こされるため、皮脂を上手にコントロールする必要があります。

入浴時では、石鹸をたくさん泡立てて肌に負担をかけないように優しく洗いましょう。手洗いで丁寧に洗うのが理想です。肌に刺激を与えるような洗い方では角質肥厚を起こしたり、炎症が起こって毛穴黒ずみが悪化してしまうことがあります。

ナイロンタオルやゴシゴシ洗いをやめる

身体を洗う画像 ナイロンタオルなどで胸をゴシゴシ洗っていると、肌が刺激を受けてその防御反応として角質肥厚をまねきます。その結果、毛穴が角質で塞がれて毛穴がつまりやすい状態になってブツブツや吹き出物を引き起こすことがあります。

また、毛穴黒ずみや色素沈着を起こすこともあります。胸などのカラダを洗うときでも顔を洗う時と同じように優しく負担をかけないように洗うのが基本です。

胸の毛穴汚れはピーリングで角質ケアが有効

ニキビに聞くピーリング化粧品 胸・デコルテの毛穴の汚れ、ブツブツが気になる場合は、フルーツ酸(AHA)を使った角質ケアが有効です。

フルーツ酸には角質を穏やかに剥がす作用があり、毛穴のつまりを解消してニキビを予防してくれます。フルーツ酸が配合された化粧品は洗顔料、固形石鹸、ふき取り化粧水などの形でドラッグストアなどで市販されています。

市販されているピーリング化粧品には「グリコール酸」「乳酸」「リンゴ酸」「クエン酸」「シトラス酸」「酒石酸」などのフルーツ酸が含まれていることが多いです。他にもサリチル酸(BHA)や、パパイン酵素やプロテアーゼなどの酵素を使用したピーリングコスメもあります。

ピーリングをする場合においても、肌に負担をかけないように行うのが基本です。また、ピーリングややりすぎると肌を疲弊させてしまう原因になります。やりすぎは禁物です。

胸・デコルテの毛穴黒ずみは美白化粧品が期待できる

胸の毛穴の黒ずみは、長い期間がかかりますが一般的な美白化粧品によって改善が期待できます。価格が高価なものではなくても良いので、さっぱりと使用できる化粧水を選び、気長に改善していきましょう。

胸・デコルテの毛穴黒ずみを改善する治療方法

IPL治療(フォトフェイシャルなど)が胸の毛穴黒ずみに効く

フォトフェイシャル(IPL)を照射する画像 IPL(インテンス・パルス・ライト)は、幅広い波長域をもつ光治療です。メラニンに吸収されやすい波長によってシミを改善する効果が期待できます。胸の毛穴黒ずみにも効果的です。また、毛穴を引き締める効果もあります。

IPL治療は安全性が高くダウンタイムの心配も極めて少ないことから、この治療を行っている美容クリニックは多いです。IPL治療は主にフォトフェイシャル(ルミナス社)という治療が有名です。

レーザートーニングでデコルテの毛穴黒ずみ解消

メドライト(レーザートーニング) レーザートーニングとは、肌に負担をかけずに緩やかにメラニンを取り除く治療法です。皮膚に対してムラなく作用するQスイッチ・ヤグレーザーを皮膚から離して何度も照射することで、肌へのダメージを抑えながらメラニン色素を減らしていくことができます。

レーザートーニングの効果は緩やかで、3~5回ほどの施術を繰り返すことで胸元の毛穴黒ずみ、肌のくすみの改善が期待できます。レーザートーニングも安全性が高いことから導入している美容皮膚科は多いです。