【画像】レーザートーニングのニキビ跡シミ・色素沈着の改善効果

レーザートーニング レーザートーニングとは、肌に負担をかけず、ゆるやかに色素沈着や肌の赤みなどの症状を改善できるレーザー治療です。

一般的なレーザー治療では、レーザーによるダメージによってかえって色素沈着を起こすことがありました。

一方のレーザートーニングでは優しいエネルギーのレーザーによって、従来では改善が適応が難しかったニキビ跡の炎症性色素沈着や肝斑(かんぱん)などの色素性病変に対しても効果を発揮します。

なお、レーザートーニングは、主に肝斑(かんぱん)という女性特有のシミに用いられることで有名です。

特徴

レーザートーニングはQスイッチヤグレーザー

レーザートーニングで使用されるレーザーの種類は、QスイッチYAGレーザー(ヤグレーザー)です。

QスイッチYAGレーザーは1064nm(ナノメートル)という波長の特性により、肌への負担が少なく、皮膚の深い部分にまで作用する利点があります。

そして、QスイッチYAGレーザーの「Qスイッチ」とは、高いエネルギーをナノ秒単位で照射できるものをいいます。照射時間が一瞬であるため、肌に対するダメージを抑えることができます。

レーザートーニングは出力を抑えて照射する

レーザートーニングでは、Qスイッチ・ヤグレーザーを低出力で照射していきます。

そのため、ほとんど肌に対して負担をかけることなく色素性病変(シミ・色素沈着)をしだいに減らしていくことができます。

ただし、一度の治療で劇的な効果は得られません。

レーザー光はトップハット型

レーザートーニング 従来のレーザーでは、ガウシアン型といわれるレーザー光の中央部分のエネルギーが強くなる照射タイプで、それによって照射中央部の肌へのダメージが強くなり、かえって色素沈着を起してしまう可能性がありました。

レーザートーニングでは、トップハット型という皮膚に対して均一に照射することができるため、照射中央部分にダメージが強くなって炎症を誘発するようなリスクが解消されています。

色素沈着に効く理由とは?

画像は頬のニキビ跡に対するレーザートーニングの効果。

レーザートーニングの肝斑や炎症後色素沈着の効果の画像 ニキビ跡のシミ・色素沈着は、厳密には「炎症後色素沈着」といいますが、炎症によるシミはメラニンが皮膚の深い部分に入り込んでいたりします。

また、炎症によって皮膚が損傷し、メラニンが深い部分に入り込みやすい状態になっていたりします。

そのため、そこに一般的なレーザーを照射するとかえって症状が悪化してしまう問題があります。

レーザートーニングは、瞬間的な照射で皮膚へのダメージを最小限に抑えることができるので、デリケートな色素性病変においても対応できるのです。

女性の肝斑とニキビが併発した場合に最も有効

特に女性特有の肝斑(かんぱん)というシミと、ニキビを併発した場合に最もレーザートーニングが効果を発揮します。

その理由は、どちらも刺激を与えすぎるとかえって悪化しやすく、レーザートーニング以外の治療方法が限られるためです。

なお、ニキビ跡のしみだけを改善したい場合、ハイドロキノンなどの美白剤を使用した治療のほうが適していることもありますが、ハイドロキノンが肌に合わない場合も多いのでその場合はレーザートーニングが有効です。

レーザートーニングの効果まとめ

  • レーザートーニングはデリケートな肌状態でもダメージを与えず優しく作用し、穏やかにメラニン色素を減らしていくことができる。
  • 作用が穏やかなため劇的な効果はない。
  • 一般的なレーザーではかえって悪化してしまう肝斑やニキビ跡、アトピー肌のようなデリケート肌でもレーザートーニングの場合は有効です。
  • 一般的なレーザーでは難しいメラニンが多い部分(乳輪・乳首、わき、ひじ、ひざ、陰部など)にも有効です。

適応症状

  • 一般的なシミ全般、肌のくすみ、肝斑(かんぱん)。
  • ニキビ跡のシミ・色素沈着、モヤモヤとした黒ずみ。
  • 毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、キメの乱れ。
  • アトピー性皮膚炎による色素沈着。
  • ひじ、ひざ、わき、乳輪、陰部などの黒ずみ。
  • 摩擦黒皮症。

治療内容・施術の流れ

Step1カウンセリングによって肌状態を診断。

Step2施術前は洗顔・クレンジングによって肌の汚れを落とす。

Step3目を保護するためのゴーグル・シールドを装着する。

Step4レーザー照射。麻酔なしで我慢できるレベルです。じわじわ温かくなるレベルの感覚です。

Step5レーザートーニング後は肌を整えて終了です。

Step6治療後はお化粧して帰宅することができます。

施術を動画で

治療内容の映像。あおばクリニックのYouTube動画。

目を保護して照射していくだけ。優しいレーザーなので我慢できないような痛みではないです。

そして、最後はクールダウンで炎症予防。ダウンタイムを抑えるには必須です。

アフターケア

  • レーザートーニングの治療中は紫外線対策は必要です。治療後だけではなく治療前にもUVケアは欠かさないようにしましょう。
  • 保湿はしっかりと行ってください。肌の水分量が不足すると皮膚の再生力が低下します。
  • ニキビ跡の肌はデリケートなので、刺激を与えないようにしましょう。肌に刺激を与えるほど色素沈着が濃くなってしまい、治療効果が得られなくなります。
  • トラネキサム酸という炎症を抑制する成分と組み合わせてレーザートーニングを行うと、さらに効果が高くなります。

治療時間の目安

レーザートーニングの治療時間は、レーザー照射時間は顔全体で10分ほどです。洗顔などを含めると全体では30分ほどかかると思います。

治療回数の目安

レーザートーニングは一度の治療では劇的な効果が得られるものではないため、ニキビ跡や肝斑などの改善には基本的に複数回治療を重ねる必要があります。

ニキビ跡の場合は2週間に1回ペースで5~10回程度が目安です。優しい治療なので10回以上でも問題ないです。

治療を重ねることでしだいにシミが薄くなっていきます。

しだいに出てくる効果を動画で

以下は広範囲のシミに対するレーザートーニングを10回行った効果。YouTube:タワーサイドクリニックの動画。

まずは左頬。
レーザートーニングの治療10回後の写真


次に右頬。
レーザートーニングの治療10回後の写真

完全にシミがなくなるというレベルではないですが、見事に薄くなっています。

なお、さらに治療を繰り返すことで、ほとんどシミがわからないレベルにまで改善できる可能性もあります。(シミの種類や状態による)

治療料金の目安

レーザートーニングの治療費用は、一回あたり5000~10000円程度が目安です。キャンペーン価格で行っている病院はとても安い価格で行っています。

この治療はダウンタイムがほとんどない人気の治療なので、導入する皮膚科クリニックが増えています。病院間における競争により、価格も下がってきています。

副作用や注意点

  • 妊娠中は治療を控えたほうが無難です。これは女性ホルモンのバランスが不安定になるためです。
  • レーザートーニングは副作用の心配がほとんどありません。術後にやや顔の赤みが現れることがありますが、すぐに改善するレベルです。
  • ただし、極端に肌が弱いような人の場合は、この治療で炎症が起こってしまう可能性もあります。
記事を書いた人

プロフィール 名前:ミサ

看護師として皮膚科で8年間勤務。美容関連の自由診療を行うクリニックで経験した事をいかしてブログ更新中!