ルナメアACのニキビ改善効果。全成分や有効成分の効能解説

ルナメアAC ルナメアACとは、富士フイルムが販売しているニキビケア化粧品です。富士フイルムのナノ技術により、有効成分をナノ化して肌への浸透を高めた商品です。今回はルナメアACの効果や有効成分の特徴を解説します。

ちなみに、富士フイルム社は写真・カメラなどの化学技術を応用して化粧品開発を積極的に行っています。エイジングケア化粧品ブランドの「アスタリフト」などもフジフィルムによるものです。

ルナメアACの特徴

有効成分ナノ化処方

ルナメアACには、富士フイルムの独自のナノ化技術を応用して成分をナノ化し、肌への影響を高めた成分が配合されています。

殺菌成分不使用

一般に、ニキビケア化粧品というと、サリチル酸やイソプロピルメチルフェノールなどの殺菌剤が配合されていることが多いですが、ルナメアACでは殺菌成分が肌の健康を損ねる可能性があるとして、殺菌剤を使用していません。

無香料、合成着色料不使用

ルナメアACは、香料や合成着色料なども配合されていません。ニキビケア化粧品では香料や着色料は必要ではありません。

ルナメアACは洗顔・化粧水・ジェルクリームの3ステップ

Step1ファイバーフォーム(洗顔)

洗顔・ファイバーフォーム ルナメアACのファイバーフォーム(洗顔料)の有効成分は、「ファイバースクラブ」と「フランス産クレイ(海泥)」の2つです。有効成分のファイバースクラブが毛穴つまりを起こす古い角質を優しく剥がし、毛穴の皮脂汚れを落とすことができるとされます。

また、微細な穴をもつフランス産のクレイ(海泥)が皮脂汚れを吸着して、しっかりと汚れを落とします。非常に泡立ちが良く、たくさんの泡で肌に負担なく洗い上げることができます。また、クレイ(海泥)が含まれていますが、あまり乾燥することはありません。

ルナメアAC・ファイバーフォームの評判・口コミ

  • 長年ニキビ肌でゴワゴワしていたけど、使った初日から違いがわかった。
  • 始めは半信半疑だったけど使い続けてニキビが減ってキメが整ってきた。これを使うようになって繰り返し発生してたアゴニキビができなくなった。
  • 刺激が少ないのがいい。ファンケルのパウダーと同じくらい泡立つ。ニキビを悪化させることなく洗うことができる。
  • 少ない量でたくさん泡立つ。泡立てネットを使うとさらにすごい泡の量になる。シリーズの中では洗顔フォームが一番良かった。
  • にきびの治りが早くなったように思えたけど劇的な変化は得られなかった。

Step2スキンコンディショナー(化粧水:保湿)

化粧水・スキンコンディショナー ルナメアACのスキンコンディショナー(化粧水)の有効成分は、「グリチルレチン酸ステアリル」と「トコフェロール酢酸エステル」の油溶性成分です。さらに、「天然ビタミンE」、「大豆リン脂質」などの油溶性成分も配合し、油溶性成分が皮脂汚れに馴染む性質を「アクネシューター」と称し、皮脂膜を超えて毛穴内部のニキビの炎症に働きかけます。

また、4種類の植物エキス「ハーバルモイストエキス(ヒオウギ抽出液、アーティチョークエキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液)」を配合し、肌を健やかに保ちます。化粧水には、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類があります。

グリチルレチン酸ステアリル
グリチルレチン酸ステアリルとは、甘草(カンゾウ)の根や茎から抽出されたグリチルリチン酸を、さらに酸で分解して得られる成分です。グリチルレチン酸ステアリルは、油溶性成分との相性が良く、強い消炎・抗炎症作用があることからニキビケア化粧品によく使用される成分です。その油脂に溶けやすいグリチルレチン酸ステアリルをフジフイルムの独自技術によってナノ化することで、皮脂膜を超えて毛穴内部の皮脂汚れと馴染んでニキビの炎症をしずめます。

トコフェロール酢酸エステル
トコフェロール酢酸エステルはビタミンE(トコフェロール)の誘導体です。肌に塗布すると生体内酵素によって結合がとれて角質や皮脂膜を超えて皮膚に浸透します。

ルナメアAC・スキンコンディショナーの評判・口コミ

  • 生理前のフェイスラインの吹き出物がスキンコンディショナーで解決された。
  • スキンコンディショナーを使って2日目にニキビの赤みが減って、1ヶ月後にはなくなってた。再発も今のところなし。
  • 脂溶性の有効成分(グリチルレチン酸ステアリル)が効いたのか、腫れや赤みが数日で消えた。
  • しっとりタイプでは結構トロッとしていて保湿力がすごかった。
  • さっぱりタイプではあまり保湿力はなかった。だけど、スキンコンディショナーで肌が荒れるということは一切なかった。

Step3ジェルクリーム(クリーム:保湿)

ルナメアAC・ジェルクリーム ルナメアACのジェルクリームの有効成分は、スキンコンディショナー(化粧水)と同じ「グリチルレチン酸ステアリル」と「トコフェロール酢酸エステル」です。また、化粧水と同様に「天然ビタミンE」、「大豆リン脂質」、「グリセリン」などの油溶性成分も配合しています。

化粧水と同じ有効成分をジェル状クリームにしたものです。ジェル状クリームにすることで、ニキビによってバリアが弱くなった肌を保護し、角質を柔軟にしてニキビの芯の排出を促すことができます。

ルナメアAC・ジェルクリームの評判・口コミ

  • ジェルクリームという名前だけどほぼ乳液だった。肌に塗るとベタベタせずに素早く肌に馴染む。炎症も治って赤みが消える。
  • あまり保湿力がなかった。乾燥肌タイプはもう一つ違う保湿が必要と思う。
  • ジェルクリームは乾燥しやすい部分だけの使用で十分。Tゾーンに使用するとベタベタする。朝使うと化粧崩れがひどい。
  • 臭いも気にならず使いやすかった。長く続けられそう。
  • 脂浮きが早い人には必要ないかも。