お化粧によるニキビや毛穴つまりの予防対策

パウダーファンデーションでお化粧 お化粧(メイク)が原因となってニキビ肌荒れを引き起こすことがあります。

特に長時間のメイク、過剰なメイク、肌質に合わないファンデーションなどは毛穴をつまらせてしまうことでニキビや吹き出物をできやすくします。

お化粧によってニキビが急激に多発してしまうこともあります。今回はお化粧とニキビについてです。

お化粧やスキンケアによるニキビ肌荒れについて

ファンデーションは油分が含まれる

お化粧 ファンデーションには、品質維持、肌への密着性、仕上がり向上などのために油脂成分が含まれていることがほとんどです。

特にリキッドファンデーションには油脂成分が豊富に含まれるため、毛穴を詰まらせてにきび肌荒れを起こしてしまうことがあります。

化粧品の油分と皮脂が混ざり合い、時間の経過とともに過酸化脂質に変化すると、毛穴が刺激を受けて角質が厚くなっていき、それが毛穴つまりを引き起こすのです。

クレンジングでも落ちにくい化粧品がある

ファンデーションや日焼け止め乳液などの化粧品には、化粧崩れを防ぐために密着性の高い成分が配合されています。

特に水や汗にも強い「ウォータープルーフタイプ」と表記されているような化粧品は、通常の洗顔では落ちにくく、クレンジング料でも種類によっては落ちきれないこともあります。

一見では、洗顔やクレンジングによってメイクが落ちきれているように見えても、毛穴の中では汚れがつまっていることがあります。

にきびを誘発する化粧品成分

乳液、美容液、サンスクリーン、ファンデーション、メイク落としなどの化粧品には、ニキビを誘発しやすい成分が含まれていることがあります。

例えば、オレイン酸、ミネラルオイル、イソプロピルイソステアレートなどはにきびの原因になりやすい油脂成分です。一概にはいえませんが、基本的にオイルであればニキビの原因になりやすいといえます。

他にも、保湿成分として化粧品に多用されるグリセリンもニキビを誘発しやすい成分だといわれています。これは、グリセリンがにきびの原因菌であるアクネ菌の増加を促すためです。

グリセリンは種類としては油分に含まれ、一般にニキビを起こすことはないと考えられていますが、皮脂が多い人が使用するとニキビができやすくなることがあります。また、使い続けると毛穴の開きが目立ってくることがあります。

お化粧による毛穴のつまりを予防するには?

ニキビがある時はパウダーファンデーション

パウダーファンデーション ニキビ肌で肌が不安定な時期にお化粧をする場合は、毛穴がつまりにくいパウダータイプのファンデーションを使用しましょう。

パウダータイプのファンデーションでも質感向上や固形化するために若干の油脂が含まれていることがほとんどですが、皮脂吸着成分が含まれるため、リキッドタイプよりはニキビを誘発するリスクが低くなります。

ニキビをカバーしようとして厚く塗ってしまうとかえって不自然になることがあるため、薄く塗るようにしましょう。

ファンデーションやコンシーラーで完全にカバーしようとすると、その部分だけが浮いたように見えてしまうようになるため、薄く塗ることが基本です。そして、チークなどで赤みを足してあげるとにきびの赤みは目立たなくなります。

ニキビが複数できているような状態の肌は、皮脂分泌やターンオーバーのバランスが乱れているといえます。

そのような肌に対してのお化粧は毛穴のつまりを自分で引き起こしているようなものです。できるだけ肌に負担をかけないように工夫しましょう。

パウダータイプのファンデーションであれば紫外線対策にもなります。特に「SPF○○」と効果を表記していないファンデーションでも、パウダーには酸化チタン、酸化亜鉛、タルクなどの紫外線散乱剤として使用される成分が配合されているため、生活紫外線レベルなら十分な効果があります。

黄体期から生理前には特にメイクを薄くする

排卵期から生理前までは黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの影響で皮脂分泌が多くなります。

また、生理前には男性ホルモンの影響が強くなり、皮脂分泌が増加します。そのため、この時期はメイクを薄めにして毛穴がつまりにくい環境にしましょう。

化粧品選びで迷ったらノンコメド処方のものを使用する

ニキビ肌の人で、どの化粧品を使っていいかわからない場合は、ニキビ誘発テストをクリアしているノンコメドジェニック処方になってる化粧品を使ってみると良いと思います。

ノンコメドジェニック処方であれば完全にニキビができなくなるというわけでありませんが、毛穴をつまりにくくする成分で構成されているため、肌への負担が少なくなります。

生理前などの肌が不安定な時期はさっぱりタイプの化粧水

化粧品を使う画像 排卵期後の黄体期から生理前というのは黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が多くなり、肌が不安定な状態になりやすい時期です。

この時期に肌が脂っぽいと感じたら油分の多い化粧品の使用は控え、収れん効果のあるさっぱりタイプの化粧水などにしましょう。

皮脂が多いからといって過剰な洗顔を行ったり、洗顔後に保湿を怠ったりすると、肌の乾燥によってかえって皮脂分泌が増加することがあります。洗顔は肌への負担が少ないもので、その後は必ず化粧水で水分補給をしましょう。

外出先ではこまめに化粧直しをする

肌の上で化粧品の油分や皮脂が交じり合って過酸化脂質になる前に、こまめに化粧直しをしましょう。

化粧直しをする時は、てかった部分にファンデーションを重ね塗りするのではなく、一度油取り紙などで簡単に余分な皮脂を取り除いてからメイクを直しましょう。

帰宅したらメイクはすぐに落とす

洗顔をする画像 帰宅したらすぐメイクを落として毛穴つまりを防ぎましょう。メイクは皮脂と交じり合って時間がたつほど過酸化脂質へと変化するようになり、肌をくすませて皮膚に刺激を与えます。

それが肌トラブルの原因になることがあるため、できるだけ早くメイクを落とすようにしましょう。