【画像】ナジフロクリーム(ローション)のニキビ改善率。使い方、副作用について

ナジフロクリームとローションの画像 ナジフロクリーム1%は皮膚科で処方される外用抗菌薬です。この外用薬はアクアチムという製品のジェネリック医薬品で、クリームタイプと「ナジフロローション1%」の2種類があります。

主成分はナジフロキサシンで、主にニキビや毛嚢炎、おでき、とびひなどの細菌が原因となる炎症性皮膚疾患の治療に使用されます。

ここではナジフロクリームのニキビへの効果、使い方や副作用などの対処などを詳しく解説していきます。

ナジフロクリームの効果

ナジフロクリームの画像 ナジフロクリームの主成分であるナジフロキサシンは優れた抗菌作用があり、化膿した皮膚病の原因となる細菌を殺菌する働きがあります。それによって炎症や腫れ治します。

ニキビにおいてはアクネ菌という細菌が毛穴で増加することで発生しますが、ナジフロキサシンはアクネ菌を殺菌して免疫反応をしずめ、何もしない時よりもより早く炎症を治します。

また、ニキビが悪化して化膿したりすると黄色ブドウ球菌やまれにレンサ球菌という病原性が強い細菌が影響していることがありますが、ナジフロキサシンはそういった細菌に対しても高い抗菌作用を示します。

黄色ブドウ球菌が原因となる皮膚病には、おでき(せつ)、とびひ、毛嚢炎などがありますが、そういった症状においてもこの塗り薬が良く効きます。

ニキビ改善率は?

ニキビ患者134人を対象とした臨床試験によると、炎症ニキビに対してナジフロクリーム(ナジフロキサシン)を1か月にわたって使った結果、赤ニキビの減少率は平均で45%だったと報告されています。

比較として、クリンダマイシン(ダラシンTゲル)という抗生物質を使った場合は53%という結果が出ていますが、統計的には大きな差はないと考えられています。

炎症性が強いニキビや毛嚢炎などに使う

ニキビと毛嚢炎の画像 ナジフロクリームは、赤く炎症(化膿)したニキビなどの症状が強い場合に使うのが原則です。抗菌薬は下手に使うと薬が効きづらくなることがあるため悪化した場合にのみ使います。

黒ニキビや白ニキビといった症状のものには使わないようにしましょう。軽いニキビにはオロナインやビフナイトなどの市販ニキビ治療薬で十分です。

また、首や背中、胸、腕、脚、お尻、デリケートゾーンの赤ニキビや毛嚢炎にも使えます。

ナジフロは、ニキビに処方されることが多いのですが、他にも、おでき(せつ)、とびひ、化膿した毛嚢炎、慢性膿皮症などの細菌が原因となる皮膚炎にも効果があります。

また、湿疹や虫さされ、あせも、脂漏性皮膚炎などが悪化して化膿してしまった場合は黄色ブドウ球菌が影響していることが多いため、この薬が有効な場合もあります。

ニキビ跡を治す効果はある?

ニキビ跡の赤みの画像 ナジフロクリームは、ニキビ跡の色素沈着や赤みなどには全く効果はありません。ニキビを早く治すことでそれらを予防する効果はありますが、すでに発生している跡には効果がないので使わないようにして下さい。

使っても効果がない皮膚病

脂漏性皮膚炎の画像 ナジフロクリームはカンジダ症や脂漏性皮膚炎、マラセチア毛包炎、水虫などのカビ(真菌)が原因となる皮膚病には効きません。

また、ヘルペスや帯状疱疹などのウイルスが原因の症状にも効果がありません。

メリット

ナジフロクリームの良いところは副作用が少ないところです。皮膚科で処方されるにきび薬の中では刺激性やかゆみが現われにくく、肌が薄い人や敏感肌の人にも使いやすいメリットがあります。

抗菌薬の欠点

医師のカウンセリングの写真 この塗り薬は抗菌薬を主成分とした塗り薬ですが、抗菌薬には耐性菌が生まれる可能性があり、使い続けると薬が効きづらくなる問題があります。

薬が効かなければ違う抗菌薬に変更したりしますが、それを繰り返していると将来的には感染症に対する治療薬が限られてしまうことがあります。

短期的な使用であれば神経質になる必要はないのですが、抗菌薬のようなお薬は軽々しく使い続けてはいけないことを覚えておいて下さい。

そして、近年では耐性菌が生じるリスクがないベピオゲルやディフェリンゲルなどの良いニキビ治療薬がいくつか登場したため、皮膚科ではナジフロのような抗菌薬が処方されることは従来よりも少なくなりました。

薬の使い方

薬を塗る画像 ナジフロクリームの使い方は、ニキビの場合は洗顔をして肌を清潔にし、化粧水で肌に潤いを与えてからニキビに塗ります。ニキビ予防として広範囲に塗ってはいけません。

そして、使用回数は1日2回、朝と夜の使用が目安です。ローションタイプにおいても1日2回を目安に使って下さい。塗った後は紫外線対策をして下さい。紫外線そのものを避けるのが理想です。

効果は、赤ニキビに使えば2~3日くらいで腫れが小さくなったと実感できると思います。完全に炎症が治るには1週間前後が目安です。

化膿した毛嚢炎は治るまで1週間くらい、とびひやおできの場合は抗生物質の内服と併用して1~2週間くらいで腫れが治ると思います。

ベピオゲルと組み合わせる場合の塗る順番

ベピオゲルの画像 ナジフロクリームは、ベピオゲルというニキビ治療薬と組み合わせることで炎症ニキビに対してより素早い改善効果を得られます。

ベピオゲルは皮膚科で処方されるニキビ治療薬の一つで、アクネ菌(ニキビ原因菌)が嫌う酸素を発生させることで殺菌的に作用する塗り薬です。

抗菌薬(抗生物質)とは違う作用であるベピオゲルと、ナジフロクリームのような抗菌薬を組み合わせることでそれぞれを単独で使うよりもより良い効果を得られます。

ベピオゲルとナジフロを組み合わせる時の塗る順番は、先にベピオゲルを塗った後にナジフロクリームを塗って下さい。

ディフェリンゲルと併用する際の塗る順番

ディフェリンゲル(アダパレン)の画像 皮膚科ではナジフロクリームと共にディフェリンゲルという塗り薬が処方されることがあるかもしれません。ディフェリンゲルはターンオーバーを抑制して皮膚が厚くなる現象を抑え、ニキビの進行や毛穴つまりを解消する効果があります。

ディフェリンゲルとナジフロを組み合わせる場合の塗る順番は、ディフェリンゲルを先に塗って、その後にナジフロクリームを塗って下さい。

治療期間の目安

薬を塗る写真 ナジフロクリームの治療期間は、一つのニキビあたり2週間以内に集中的に使って治すのが理想です。ニキビ体質の人は違う部分に何度も使用することが多いと思いますが、できるだけ短期間で終わらせたいところです。

2週間くらい使用して効果が見られない場合は違うお薬に変更するのが理想です。また、かえってニキビが悪化した場合も皮膚科を受診して塗り薬を変えてもらいましょう。

保管方法

ナジフロは日差しや湿気をさけて室温で保存して下さい。特に冷蔵庫で保管する必要はないです。

使用上の注意点

目元への使用は避けて下さい。子供や妊娠中には慎重に使用します。そして、薬でアレルギーを起こした経験がある人は診察時に医師に告げて下さい。

処方してもらうには?

薬剤師の画像 ナジフロクリームは、ニキビや毛嚢炎、おできなどがある場合に皮膚科で処方してもらうことができます。保険適応です。

処方箋をもらってその後に薬局で購入します。薬価は1gあたり約29円なので、製品10gで290円です。

先発品のアクアチムという塗り薬が処方されることがあるかもしれません。(効果は同じです)。また、ニキビ治療の場合は、ナジフロよりもベピオゲルやディフェリンゲル、エピデュオゲルなどの違う薬をすすめられることがあるかもしれません。

薬の形状

薬のタイプは「ナジフロクリーム1%」と「ナジフロローション1%」の2種類があります。

重症の場合は内服治療がすすめられる

ニキビが化膿した場合や炎症ニキビがたくさんできた場合は、皮膚科医からナジフロクリームと一緒に抗生物質の内服薬がすすめられることがあります。

ミノマイシン 抗生物質には副作用がありますが、ニキビができることがストレスとなり、それが悪循環につながっている場合は積極的に内服薬を使ったほうがいいです。

抗生物質の飲み薬はルリッド錠やミノサイクリン錠、ファロム錠などが処方されます。

ナジフロの副作用の可能性は?

女性看護師の写真 ナジフロの臨床試験において4174例中1.44%になんらかの副作用が現われたと報告されています。これはニキビ薬の中でもトップレベルの副作用の低さです。

副作用は主に、赤み、ほてり、ピリピリした刺激感、かゆみ、乾燥、接触皮膚炎などです。赤みが現われたりするとニキビが悪化したように見えることがありますが、一時的なものであればそのまま使い続けて問題ないです。

皮膚科で処方されるニキビ治療薬の中でも副作用のリスクが非常に低いお薬なのですが、かゆみや赤みが強く現われた場合はアレルギーを起こしている可能性があるため、必ず使用中止して早めに皮膚科を受診し、医師に相談して下さい。

悪化することもある?

ナジフロクリームの添加物には、L-アルギニン、グリシン、グリセリン、水酸化ナトリウム、ステアリルアルコール、セタノール、ポリオキシエチレンセチルエーテル、流動パラフィン、ワセリンを含みます。

クリームタイプでもベタベタしないので使いやすいと思いますが、流動パラフィン(ミネラルオイル)やワセリンなどの油性基剤を配合しているため、脂性肌が使えばニキビが悪化してしまう可能性があります。オイリー肌にはナジフロローションが適しています。