大人になるとニキビが減少する理由。年齢と吹き出物の関係

ニキビの写真 ニキビは主に思春期から20代前半に発生しやすく、その時期を過ぎるとしだいにニキビはできなくなっていきます。

では、なぜ大人になるとニキビができなくなっていくのでしょうか。それは、性ホルモンの分泌や皮脂分泌、新陳代謝などが変化することが関係しています。

年齢によってニキビが減少していく理由

性ホルモン分泌の減少

男性ホルモン 思春期になると男性ホルモンなどの性ホルモンの分泌が活発になります。

男性ホルモンは、皮脂腺に作用して皮脂分泌を促す作用や、角化異常(角質を硬く肥厚させる現象)を起こす作用などがあり、その男性ホルモンが増加することでニキビや毛穴開きといった毛穴トラブルも増える傾向にあります。

男性ホルモンは女性の身体にも存在しており、女性にも男性の約10%ほどの男性ホルモンが分泌されているといいます。女性も男性と同じように思春期になると男性ホルモンの分泌が増加し、ニキビや毛穴汚れが目立つようになってきます。

また、女性の思春期には、男性ホルモンだけではなく女性ホルモンも活発に分泌されるようになりますが、女性ホルモンの一つである黄体ホルモン(プロゲステロン)には男性ホルモンと似た働きがあり、皮脂分泌を促す作用があります。

そして、若い時期に分泌が活発になる性ホルモンですが、年齢を重ねるほど分泌が落ち着いていきます。それによって皮脂分泌が少なくなってニキビができにくくなります。

年齢によって皮脂を作り出す能力が低下する

年齢別と皮脂量の変化のグラフ 若い時期は新陳代謝も活発で皮脂も活発に合成されていますが、年齢によって皮脂を作り出す働きそのものが低下していきます。

皮脂は皮脂腺細胞によって作られますが、年齢を重ねるほどに皮脂腺細胞の働きも低下していくため、しだいに皮脂量は抑えられていきます。

男性ホルモンが増加しても皮脂を作り出す細胞の働きが低下すれば、皮脂分泌は少なくなります。

高齢になると「皮脂欠乏性湿疹」という皮膚病を起こすことが多くなります。皮脂欠乏性湿疹は、皮脂(皮脂膜)が減少することで肌が乾燥し、湿疹をまねく皮膚病で、加齢によって皮脂を作り出す能力が低下したことが主な原因です。

若い時期にはニキビや肌のテカリに悩むことがある一方で、年齢を重ねるほど皮膚の乾燥に悩むといった現象はどんな人においても一般的に起こることです。

加齢によって肌細胞を作り出す働きが低下する

ニキビ 皮膚の構造 表皮細胞は表皮の最も下層にある基底層で生まれ、有棘層→顆粒層と押し上げられ、最終的には保湿や肌のバリア機能を担う角質となります。

このサイクルを角化(ターンオーバー)といいますが、年齢によって肌細胞を作り出す能力が低下し、角質を作り出す働きが低下します。

若い時期では、肌細胞が活発に生み出されることから角質も次々と作られ、その角質によって毛穴が塞がれやすい状態になる傾向がありますが、年齢を重ねるほど肌細胞を作り出す働きが低下し、角質も薄くなっていくため、毛穴がふさがってニキビが発生するという現象が起こりにくくなります。

また、表皮だけではなくコラーゲンなどが存在する真皮層も加齢によってしだいに薄くなっていき、しわ・小じわ・たるみなどの肌老化が現れるようになります。

なお、皮膚が薄くなっていく現象は、加齢だけではなく、紫外線、ピーリングなどの過剰なスキンケアなどでも進行が加速することがあります。

また、乾燥性敏感肌やアトピー性皮膚炎などの体質的に皮膚が薄くてバリア機能が弱い人では、元々皮膚の角質層が薄いため、ワセリンをベタベタ塗ったりしてもニキビができにくい傾向があります。

ニキビができるのは若い証拠

女性の写真 一概には言えませんが、ニキビができるかどうかは肌が若いかどうかの違いという考え方もできます。肌が若くないと皮脂分泌も少なくなりますし、肌細胞が若くないと角質で毛穴がふさがることもなくなります。

大人のニキビに悩む女性が増えているといわれますが、違う見方をすればそれだけ肌が若い証拠だといえます。そういう風に考えるとニキビができるということは決して悪いことばかりではないような気もします。