【画像】しこりニキビの原因と治療方法 「ケロイド」の可能性を解説

膿腫・硬結ニキビの画像 ニキビが深い部分で炎症を起こし、化膿して悪化した状態が続くと、ニキビ跡が硬くてしこりのようになってしまうことがあります。この状態を膿腫(のうしゅ)や硬結(こうけつ)といい、炎症や鬱血(うっけつ)が長引いて結合組織(主にコラーゲン)が増生し、硬くなった状態です。

しこりニキビは、皮膚が非常に強いダメージを受けているため、ニキビ跡の赤みや色素沈着がひどくなり、皮膚がデコボコになってしまう可能性が高くなります。今回はしこりとなったニキビの原因と治療方法、ケロイドの可能性などをご紹介します。

ニキビがしこりになる原因と改善法

初期にきびと炎症にきび ニキビの発生と、ニキビが悪化してしこりとなってしまう現象は以下のように進行します。

1皮脂の増加によって、皮脂をエサにするアクネ菌が増加する。

2アクネ菌は皮脂中の中性脂肪を分解して遊離脂肪酸を産生する。

3遊離脂肪酸は刺激性があり、皮膚のターンオーバーを過剰に進行させてしまう。

4ターンオーバーの乱れによって毛穴が塞がり、毛穴の中でアクネ菌という皮膚常在菌が増加する。(アクネ菌は酸素がない環境を好む嫌気性細菌であり、毛穴が塞がって酸素がなくなると極端に増加するようになります)。

5アクネ菌が増殖すると、皮膚はそれを異常事態だと判断して免疫反応が起こり、炎症性サイトカインを放出し、本格的に炎症反応が起きます。これがニキビです。

6ニキビが炎症を起こす過程で、様々な生理活性物質・情報伝達物質が発生し、それによって毛細血管拡張や血管透過性亢進を起こします。この免疫システムにより、好中球(白血球の一種)が病巣に到達しますが、一方でニキビの腫れも大きなものになります。

7好中球がアクネ菌を飲み込み、活性酸素を発生させてアクネ菌を攻撃します。また、このときに発生する活性酸素によっても肌は大きくダメージを受けます。

8この炎症反応が長引くことでうっ血が悪化し、ニキビがしこりのように硬くなります。また、ダメージを修復するためにサイトカインが放出されて結合組織(主にコラーゲン)の増生が起こることでも、にきびがしこりとなってしまう要因です。

ニキビは潰さない、刺激を与えない

ニキビを潰す画像 白にきびや黒にきびなど、ニキビの種類によっては潰してニキビの芯や膿を出してあげることで早くキレイに治ることがあります。

ところが、赤にきび、化膿にきびなどの進行したニキビの場合、潰そうとして刺激を与えると免疫反応が進行して余計に腫れがひどくなってしまうことがあります。腫れたニキビは潰さずに治すのが基本です。また、洗顔時においてもニキビを刺激しないようにしましょう。

市販のニキビ治療薬

オロナイン しこりニキビを予防するには、薬を塗って炎症を素早く抑える必要があります。ニキビの炎症を抑えるには、オロナイン、ピンプリット、クレアラシル、ビフナイトなどの市販薬でも効果が期待できます。

ただし、皮膚の深い部分で腫れたニキビは一般的な市販治療薬では効果が得られにくいかもしれません。

ニキビが悪化したら皮膚科でニキビ治療

カウンセリングの画像 ニキビがしこりになる前に、素早く皮膚科へ受診するのが理想です。ニキビは、まれに極端に腫れを引き起こしてしまうことがあり、早い対処をしなければさらに跡がひどく残ってしまうこともあります。

皮膚科におけるニキビ治療は主に抗生物質・抗菌薬の外用薬と内服薬があり、ニキビの原因菌であるアクネ菌を抑制することでニキビの炎症を治していきます。保険適応です。

しこりニキビは粉瘤の可能性もある

粉瘤 ニキビがしこりのような状態になっている場合、粉瘤(ふんりゅう)という症状である可能性があります。粉瘤とは、皮膚の構造が変化し、皮脂や角質などの老廃物が皮膚内に溜まってしまう症状をいいます。

粉瘤は、見た目では黒ニキビのような状態に見えることも多いですが、触ると硬くしこりのような状態になっているため、通常のニキビとは違うとわかると思います。粉瘤は自然治癒することはなく、炎症を起こすと治療が長期になったり、跡がひどくなったりするため、早めに皮膚科を受診して治療するのが理想です。

皮膚科におけるしこりニキビ治療

重度ニキビへの外用薬(塗り薬)

ベピオゲル

ベピオゲルの画像 ベピオゲルは、過酸化ベンゾイルという酸化物を主成分としたニキビ治療薬です。肌に塗ると酸素が発生し、酸素を嫌うアクネ菌などの細菌を死滅させることができます。また、ピーリング作用があり、ニキビの頭部を柔らかくして膿やニキビの芯が排出されやすい状態へと促します。

デュアック配合ゲル

デュアック配合ゲルの画像 デュアック配合ゲルは、過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンというリンコマイシン系抗生物質の2つの有効成分が含まれた塗り薬です。過酸化ベンゾイルの殺菌効果と、クリンダマイシンによる細菌減少効果によって、強力にニキビの腫れを治します。化膿したニキビによく使用されますが、かゆみや赤み、ヒリヒリ感などの副作用が現れやすいのが欠点です。

ダラシンTゲル

ダラシンTゲルとローションの画像 ダラシンTゲルは、クリンダマイシンというリンコマイシン系抗生物質を主成分とした外用薬です。アクネ菌を減少させて免疫反応を抑制し、赤ニキビを治していきます。炎症が進行したニキビによく処方されます。ゲルタイプ、ローションタイプの2種類があります。

アクアチムクリーム

アクアチムクリーム、軟膏、ローションの画像 ナジフロキサシンというキノロン系抗菌薬を主成分とした塗り薬。アクネ菌を減少させてニキビの腫れをしずめ、しこりニキビを予防します。アクアチムも炎症ニキビに対してよく使用されます。クリームタイプ、軟膏タイプ、ローションタイプの3種類があります。

にきび治療の抗生物質の内服薬(製品名)

抗生物質ミノマイシン(ミノサイクリン)の画像 抗生物質の飲み薬は、ニキビの炎症をもたらすアクネ菌を素早く減少させてニキビの腫れをしずめます。ニキビ治療に使用される抗生物質・抗菌薬は以下のようなものがあります。

  • ミノマイシン・・・主成分:ミノサイクリン(テトラサイクリン系抗生物質)
  • ビブラマイシン・・・主成分:ドキシサイクリン(テトラサイクリン系抗生物質)
  • ルリッド・・・主成分:ロキシスロマイシン(マクロライド系抗生物質)
  • クラリス・・・主成分:クラリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)
  • ファロム・・・主成分:ファロペネム(ペネム系抗生物質)
  • セフゾン・・・主成分:セフジニル(セフェム系抗生物質)
  • フロモックス・・・主成分:セフカペン・ピボキシル(セフェム系抗生物質)
  • クラビット・・・主成分:レボフロキサシン(ニューキノロン系抗菌薬)

上記の中でミノマイシンやビブラマイシン、ルリッド錠などはよくニキビ治療に使用されます。それらはジェネリック医薬品(後発品)も多く登場しています。

切開治療

メスを使ってニキビ膿出し しこりとなったニキビは、抗生物質と併用して皮膚切開が有効なケースがあります。腫れが進行したにきびは、皮膚の深い部分に膿が溜まっているため、皮膚をわずかに切開して膿を出すことで腫れが早く治まることがあります。ただし、若干の線状の傷跡が残ってしまう欠点があります。

しこりニキビは自然に治る?

しこりニキビの画像 ニキビがしこりになった場合の一番の悩みが、そのしこりが改善していくのかどうかということです。ニキビがしこりとなってしまうと「ケロイドや肥厚性瘢痕になったのでは?」と心配する人も多いです。ただし、多くのケースでは時間の経過と共に硬さはとれてニキビ跡のしこりは改善します。

ニキビによるしこりの原因は、主に「鬱血(うっけつ)」と「結合組織の増加」によるものです。まず、うっ血によるしこりは時間の経過とともに治っていき、硬さもとれていきます。これはわりと早い期間で治っていきます。

一方、結合組織の増加によるしこりにおいても、程度の問題もありますが、しこりがはっきりとした盛り上がりがみられない場合、2~3ヶ月から6か月ほどでしこりがなくなっていくことが多いです。

皮膚が炎症を起こしてダメージを受けた部分は、結合組織の合成や分解を担う細胞が通常よりも活発に働いて元の状態へと導くのですが、約6ヶ月間は皮膚の再生が特に活発になり、その期間にしこりがとれてなくなっていくケースが多いです。

ニキビに限らず、皮膚が損傷すると少なからず鬱血やコラーゲンの増生は起こり、一時的にしこりのように硬くなってしまうものです。ニキビ跡のしこりがケロイドかどうか気になる場合は医師に診てもらうのも一つの方法です。

ニキビ跡が硬いまま残っているからといってそれがケロイドであるとは限りません。ケロイドや肥厚性瘢痕になるのは、体質・アレルギーの影響が大きいといわれていますので、ケロイド体質ではない人は、しこりのようになってもあまり心配する必要はないと思います。

ケロイドや肥厚性瘢痕の可能性は?

ニキビ跡のケロイドと肥厚性瘢痕 体質や炎症の度合いによっては、ニキビのしこりが大きく盛り上がり、ケロイドとなって残ってしまうことがあります。

ニキビによるケロイドは、皮膚の損傷によってサイトカインが過剰に働き、必要以上にコラーゲンを作り出してしまうことで発生します。一種のアレルギーともいえます。ケロイドが発生しやすい部分は、Uゾーン(フェイスライン)やアゴ、背中、胸などです。

進行性があり拡大していくもの真性ケロイドといい、進行性がないものを肥厚性瘢痕といいますが、ほとんどのケースでは進行性がない肥厚性瘢痕です。ケロイドが発生しても多くはそれ以上拡大していくことはありません。

進行性がある真性ケロイドであることはとてもまれなケースです。また、肥厚性瘢痕は数年から10数年かけて赤みやふくらみがなくなって改善していくことも多いです。赤みだけがとれて白く跡が残ってしまうこともあります。(成熟瘢痕)

ケロイドの治療法

ニキビのしこりがケロイドだった場合は、主に以下のような治療があります。

トラニラストの服用

トラニラスト(リザベン)の画像 ニキビによってケロイドを起こした場合、リザベン(一般名:トラニラスト)という内服薬が効果があります。トラニラストは過剰にコラーゲンを作り出すサイトカインを抑制する働きがあります。ただし、トラニラストは改善というよりも予防目的で使用されます。

ステロイドの使用

ケロイドに対するステロイド注射写真 赤みをもつケロイドにはステロイドによる治療も有効です。ステロイドは皮膚を萎縮させる作用があり、その効果を利用してケロイドを縮小させます。ステロイド注射、塗布、ステロイドテープなどの方法があります。特にステロイド注射は劇的な効果が期待できます。

レーザー治療

フラクセルレーザー フラクショナルレーザーがケロイドに効果を発揮するケースがあります。フラクショナルレーザーとは、皮膚に対して意図的に点状のダメージを無数にあけて、そのダメージから修復するために発生する成長因子を利用したレーザー治療です。

成長因子が線維芽細胞を増加させてコラーゲンの分解と合成を進めます。皮膚の入れ替えが進むことで肌が平らな状態になっていきます。ニキビでケロイドができてしまうような肌質では、フラクショナルレーザーによってもケロイドを起こしてしまう可能性もあります。