ニキビの芯が作られる仕組み。発生原因と角栓に効くスキンケア

ニキビの芯を押し出す画像 皮脂が多くなってくると毛穴に汚れが詰まったり、ニキビが発生したりすることがあります。

その毛穴につまった汚れを「ニキビの芯」や「角栓」、「コメド」などといったりしますが、それは具体的にどのような原因で発生しているのでしょうか。

今回はニキビの芯が発生する仕組みと解消法を解説していきます。

ニキビの芯の原因とは?

初期ニキビの画像 ニキビの芯は皮脂の増加によって発生しやすくなります。皮脂の分泌量が多くなるとアクネ菌やマラセチア真菌(カビ)などの皮膚に生息する微生物が増加します。

それらの菌は皮脂を分解して遊離脂肪酸を産生しますが、遊離脂肪酸は皮膚を雑菌が繁殖しにくい弱酸性にもたらす作用がある一方で、時間の経過とともに刺激性が増大する性質があります。

それによってターンオーバーが必要以上に進行して角質が過剰に生み出され、その角質が剥がれて毛穴内部で溜まってしまい、それに皮脂が加わることでニキビの芯が作られます。

また、遊離脂肪酸による刺激で毛穴がふさがってしまうことでもニキビの芯ができやすくなる要因です。

皮脂中に含まれる遊離脂肪酸にはオレイン酸やパルミトレイン酸、パルミチン酸などが多く含まれますが、その中でもオレイン酸やパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸は、時間の経過とともに酸化して炎症を起こす原因となってしまいます。

黒ニキビは角栓の酸化が原因

黒ニキビの芯の写真 開いた毛穴につまったニキビの芯が酸化すると、表面が黒くなります。この状態を黒ニキビといったりしますが、黒ニキビは特に鼻などの皮脂が特に多い部分で発生しやすい傾向があります。その理由も、皮脂が皮膚を刺激し続けるためです。

毛穴が完全につまってしまうとニキビに発展する

ニキビの炎症メカニズム 皮脂が多くなるほど皮脂中の遊離脂肪酸による影響も大きくなりますが、それが肌に刺激を与え続けることで炎症をもたらし、角質を厚くして毛穴が塞がりやすくします。その塞がった毛穴内部でアクネ菌が増加するとニキビが発生するようになります。

若い時期はニキビの芯が作られやすい

若い時期は新陳代謝が活発で、肌細胞を作り出す能力も非常に高いです。古い角質(垢)もたくさん作られることから、毛穴汚れが溜まりやすいです。反対に肌が薄い人では古い角質もあまり溜まりません。

毛穴が開く原因にもなる

毛穴が開く仕組み 皮脂の増加によって遊離脂肪酸も増加し、それに比例して毛穴周辺の皮膚が炎症を起こすようになります。それによって角質が厚くなって毛穴が開いたようになることがあります。

また、毛穴周辺が慢性的に炎症を起こすことですり鉢状に変形してしまうこともあります。

皮脂が増加する要因

女性看護師の写真 ニキビの芯は主に皮脂の増加が原因で作られますが、その皮脂が増える要因は以下のような事柄があげられます。

  • 男性ホルモンは皮脂腺に作用して皮脂分泌を増加させる作用があります。
  • ストレスやイライラで男性ホルモンや炎症が悪化することがあります。
  • ビタミンB2やビタミンB6などが不足すると皮脂が増加することがあります。
  • 肉類や乳製品などの動物性脂肪を多く摂取すると男性ホルモンが増加して皮脂が増えることがあります。
  • 唐辛子やコショウなどの刺激物も皮脂分泌を促します。

ニキビの芯を改善するには?

洗顔による皮脂ケアが最も重要

洗顔写真 ニキビの芯は皮脂による刺激が原因であるため、皮脂を減らすことはニキビの芯の予防につながります。そこで重要なのは洗顔です。

固形石鹸などをたくさん泡立てて肌を刺激しないように優しく洗うようにしましょう。(肌を刺激するとかえって皮脂が増加することがあります)。

そして、オイリー肌でニキビができやすい人は化粧水での保湿は不要です。化粧水に含まれる糖由来の成分やグリセリンなどがアクネ菌などの微生物の増加を促して、ターンオーバーを乱してしまう原因になることがあるためです。

ニキビの芯は潰して出した方がいい?

ニキビの芯出しが有効な状態の写真 ニキビは一般に潰さずに治していくのが基本ですが、黒ニキビや腫れが強い白ニキビの場合は早い段階でニキビの芯を出してあげることで跡が悪化することなく早期に治る可能性があります。

ニキビを潰して良い状態は、確実にニキビの芯が出てきそうな状態です。ニキビの芯が小さなものは押し出そうとすると、中途半端になって余計に跡が残ってしまうこともあります。やはりタイミングが大事です。

にきびを潰す方法は、針などで穴をあけてコメドプッシャーで押し出し、最後に消毒します。ニキビの芯が取れない場合は諦めることも大切です。

何度も皮膚に圧力をかけていると、かえって赤みや色素沈着が発生して汚くなってしまうことがあります。
【Amazon】コメドプッシャー黒ニキビ取り

毛穴パックは効果がある?

鼻パックの画像 毛穴の汚れが気になるときは毛穴パックを利用してみるのも一つの方法です。毛穴パックは貼って乾いたら剥がすだけの方法で、はっきりと角栓が取れることから効果もすぐ実感できます。

ただし、毛穴パックによってニキビの芯(角栓)が必ずとれるとは限りません。また、毛穴パックは皮膚への刺激が強いので頻繁に使用するのはおすすめできません。

特に、肌が弱い人や肌老化が本格的に現れる30代以降は毛穴パックによって皮膚の赤みや色素沈着を起こしたりする可能性があります。年齢を重ねるほど皮膚の再生力が低下していきますので、いくら毛穴汚れが目立っていても刺激の強いスキンケアは控えたほうが良さそうです。

毛穴パックによって肌を刺激すると必要な角質まで剥がれてしまい、かえって皮脂分泌が促されたり、毛穴がより広がってしまうことがあるといわれています。

ピーリング化粧品

ピーリング化粧品 毛穴が詰まった場合は、市販のピーリング化粧品を使用して角質を除去してあげることでニキビの芯の解消が早くなります。皮膚科などにおいてもケミカルピーリングによって毛穴のつまりを解消する治療が行われています。

市販化粧品における角質ケア成分には、「フルーツ酸(AHA)」、「サリチル酸(BHA)」、「酵素」などがあります。ところが、ピーリングのような角質を剥がす行為を頻繁に行うと肌老化が進行してしまうことがあります。やりすぎには注意して下さい。

ニキビの芯を予防する塗り薬

ディフェリンゲル(アダパレン)の画像 毛穴にニキビの芯がつまっている時は、ディフェリンゲルという皮膚科のお薬でニキビの芯の解消と、にきびの進行を予防することができます。

ディフェリンゲルは、殺菌作用はありませんが、ターンオーバーを抑制することで毛穴が塞がる現象やニキビの芯の拡大を抑えます。一般的なニキビ治療薬と違う作用によりニキビを治していきます。

ディフェリンゲルは保険適応の塗り薬で医師の処方箋が必要です。薬が効いてくると正常な反応として赤くなったりヒリヒリしたりすることがあります。そういった副作用があるため使いづらいところがありますが、ニキビの芯や炎症にきびへの発展を予防するにはとても良いお薬です。