ニキビを潰す動画一覧

コメドプッシャーでニキビ芯出しの画像 ニキビは潰したほうがより早くて跡も残らずキレイに治ることがあります。

皮膚科においてもニキビの芯出し治療を行っているところもあります。(保険が効きます)。そのニキビの潰し方や芯の出し方を動画でご紹介します。

皮膚を削って穴をあけ、ニキビの芯を押し出す動画

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)というアブレーションタイプのレーザー治療器で皮膚に穴をあけ、その後に皮膚をつまんでニキビの芯(皮脂汚れ)を押し出している動画です。炭酸ガスレーザーは水分に吸収されやすい性質をもち、皮膚に含まれる水分に吸収されて皮膚を蒸散させ、穴をあけることができます。

日本でも炭酸ガスレーザーでニキビの芯の排膿を行っている皮膚科はありますが、動画のようにニキビが炎症を起こしていない状態で芯を押し出す治療は日本の皮膚科では一般的ではありません。また、炭酸ガスレーザーは皮膚へのダメージが強い欠点があります。そのため、炭酸ガスレーザーよりも針で穴を開けてニキビの芯を出す方法が一般的です。

コメドプッシャーでニキビの芯を押し出す画像 そして、動画のようにつまんでニキビを押し出すという方法も一般的ではありません。メラニンが少ない欧米人(白人種)では色素沈着を起こしにくいかもしれませんが、比較的メラニン色素が多い日本人の場合は、このような方法では逆に色素沈着などの跡が残りやすいでしょう。跡を残さずにニキビの芯を出すには、専用のコメドプッシャーという器具で圧出すべきです。
【Amazon】コメドプッシャー・ステンレス黒ニキビ取り

一般的なコメドプッシャーで黒ニキビを押し出す動画

一般的に用いられるコメドプッシャー(ニキビ圧出器)を用いて黒ニキビを排出している映像です。コメドプッシャーを使えば肌への負担を抑えながら黒ニキビを排出することができます。ただし、ニキビ跡に残らないように上手に行う必要があります。

また、この方法を何度も繰り返し行うことで皮膚を傷つけてしまい、長期的には肌が凹んでしまうことがあります。一般にニキビの芯を押し出すのは、ニキビの芯が表面に現れている「白ニキビ」に対して行うべきで、ニキビ悪化予防のために特に炎症してないニキビの芯を積極的にケアしたほうが良いかどうかは判断が難しいところです。

老人性ニキビを潰す動画

老人性面皰(ろうじんせいめんぽう)といわれる高齢者に発生する黒ニキビの芯を排出する動画です。老人性面皰とは、年齢を重ねると発現するニキビで、古い角質と固まった皮脂が混じりあい、酸化して黒く変色した状態です。

特に鼻や頬、額に汚れが溜まりやすい傾向があります。この動画でもそういった部分にコメドプッシャーで押し出すと、大量に皮脂汚れ(にきびの芯)がとれています。一般に老人性のニキビは炎症を起こすことがないため、特に見た目を気にしなければ積極的に黒ニキビを排出する必要はありません。