ニキビ跡のしみ・色素沈着に効く美白成分一覧

ニキビ跡の炎症性色素沈着 ニキビが強い炎症を起こすと、赤みが治った後に肌の黒ずみが残ってしまうことがあります。

これは炎症後色素沈着といわれ、にきびの炎症によって肌がダメージを受けたことでメラニン色素の生成が活発になり、それが残ってしまった状態です。

炎症後色素沈着は放っておいても新陳代謝によってしだいに薄くなって消えていくことがありますが、場合によってはなかなか薄くならずに長年残ったりすることもあります。消えにくい色素沈着は、美白成分の使用によって劇的な改善が期待できます。

美白成分には、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トラネキサム酸、カミツレエキス、油溶性甘草エキス、プラセンタエキス、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、4MSK、マグノリグナンなどの様々な成分がありますが、今回は美白作用と共にターンオーバー活性作用や抗炎症作用などもあるニキビ肌に有効な美白成分をご紹介します。

ニキビ跡の色素沈着に有効な美白成分一覧

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体ローション ビタミンC誘導体は、本来は性質的に不安定で、そのままでは肌に浸透しにくいビタミンCを、部分的に変化させて安定と吸収性を高めた成分です。

ビタミンCは、メラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素を阻害する働きや、メラニン色素そのものを薄く淡色化する還元作用などがあり、ニキビ痕の色素沈着に非常に効果があります。

また、ビタミンCには皮脂分泌を抑制する効果もあり、過剰な皮脂によって繰り返し引き起こされるニキビ肌にも有効です。ニキビ跡の色素沈着に対して水溶性ビタミンC誘導体を積極的にすすめる皮膚科医は多いです。

ビタミンC誘導体には、「水溶性」と「脂溶性」がありますが、ニキビ治療に対してはリン酸基と結合させて安定性と浸透性を高めた水溶性ビタミンC誘導体が使用されることが多いです。

「リン酸アスコルビルNa」や「リン酸アスコルビルMg」というように「リン酸」と表記してあるものを選びましょう。
【Amazon】リン酸型ビタミンC誘導体10%ローション

ハイドロキノン

ハイドロキノン ハイドロキノンは、強力な美白作用と即効性があることから「肌の漂白剤」といわれる美白成分です。

メラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素を阻害する働きや、すでにあるメラニン色素の沈着を薄く淡色化する還元作用、またはメラニン色素を作り出すメラノサイトそのものの活動を低下させる働きなどがあり、シミ・色素沈着に対して短期間で劇的な改善が期待できます。

ハイドロキノンは、ニキビ・吹き出物といった炎症性の色素沈着に非常に良く効きます。短期間(約2~3ヶ月ほど)で効果を実感できることも多いです。

ただし、ハイドロキノンは非常に酸化されやすい性質があり、酸化して品質が劣化すると肌に対して刺激性やアレルギーを引き起こす問題があります。

そのため、できるだけ新鮮なものを早期に使うようにする必要があります。また、肌トラブルのリスクを考慮して、にきびが完全に治って数週間経過してから使用しましょう。
【Amazon】ハイドロキノン2%クリーム

トラネキサム酸

トラネキサム酸 トラネキサム酸は、主に「抗プラスミン作用」による美白作用や抗炎症作用があり、2002年に医薬部外品の有効成分として認可された成分です。

ニキビによって皮膚が炎症を起こすとプラスミンというたんぱく質分解酵素が発生し、肌荒れを起こすように作用しますが、トラネキサム酸の抗プラスミン作用によって皮膚の炎症による肌荒れの進行を予防します。

また、プラスミンは様々な作用をもたらす過程で「プロスタグランジン」という情報伝達物質の発生を促します。

そのプロスタグランジンはメラニン色素の生成を促す作用がありますが、トラネキサム酸の抗プラスミン作用によってプロスタグランジンの生成を阻止し、それによってニキビによる色素沈着を抑制することができます。

トラネキサム酸は肝斑(かんぱん)といわれる女性特有のシミ治療に用いられることが多いですが、ニキビによる色素沈着予防にも効果が認められています。

プラセンタエキス

プラセンタエキス プラセンタエキスは、豚、馬、羊などの胎盤から抽出した様々な栄養素を豊富に含む成分です。

プラセンタにはメラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素を阻害する働きがあり、ニキビによって活性化するチロシナーゼの働きを抑制してニキビ跡のシミ、黒ずみなどを予防・改善します。

また、プラセンタは様々な成長因子(細胞増殖因子:グロースファクター)を含み、肌細胞の新陳代謝を促します。メラニン色素を抑制する効果とターンオーバーを促す効果によってニキビによる色素沈着を薄くします。

プラセンタはエイジングケア目的で用いられることが多い成分です。幅広い肌の悩みに対応します。
【Amazon】水溶性プラセンタエキス原液30ml

カモミラET(カミツレエキス・カモミールエキス)

カミツレエキス カモミラET(カミツレエキス)は、キク科植物のカミツレの花から抽出されるエキスです。カミツレエキスには、メラノサイト(色素細胞)にメラニン色素を作るように指令を出す「エンドセリン」という情報伝達物質の働きを阻害する作用があります。

ニキビが炎症を起こすと活性酸素が発生し、エンドセリンなどのメラニン色素の生成を促す情報伝達物質も活性化しますが、カモミラエキスがその情報伝達物質を抑制することでニキビ跡の色素沈着を抑えることができると考えられます。

また、カモミラエキスには抗炎症作用があり、ニキビや皮膚炎などの炎症を抑制して症状の悪化を防ぐように働きます。

カモミラエキスは、トラブルの危険性がなく、成分的に非常に使いやすいことから美容クリニックやエステサロンなどで肌をクールダウンさせる成分として用いられることがあります。

油溶性甘草エキス(グラブリジン)

甘草の根 グラブリジン マメ科植物の甘草の根から抽出されたフラボノイドを中心とした油溶性の植物エキスです。

有効成分の「グラブリジン」や「グラブレン」などのフラボノイドにはメラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素を阻害する働きがあり、ビタミンCやコウジ酸などの何十倍もの美白作用があるといわれています。

また、消炎効果もあるためニキビによるメラニンの抑制だけではなくニキビそのものの炎症を抑制してくれる働きがあります。安全な成分でかぶれにくいことからニキビ肌や肌が弱い人でも使用しやすい成分です。