背中ニキビの原因と治す方法。跡を予防する即効性が高いスキンケアは?

背中ニキビの画像 背中は顔と同じようにニキビが発生しやすい部分です。背中は分泌物が多いことや、衣服で蒸れたり、刺激を受けやすい部分なので、ニキビやその他の皮膚炎が発生しやすいのです。

背中ニキビは繰り返し発生する傾向があり、男女関係なく背中のニキビに長年悩む人は少なくないといいます。

背中のニキビは化膿して重症化してしまうことも多いため、ニキビ跡を予防するためにも積極的に治療したいところです。

そこで今回は背中ニキビの原因と治し方、皮膚科で処方される治療薬などをご紹介したいと思います。

背中ニキビの原因とは?

なぜ背中は皮脂が多いのか

背中のかゆみ 背中ニキビの原因は、皮脂分泌が多いことが要因です。背中は顔ほどではありませんが、皮脂腺という器官が発達しており、身体の中でも皮脂量が多い部分です。

また、背中は皮脂だけではなく、汗腺という汗を分泌する器官も発達しています。なにかと分泌物が多いことが背中ニキビの原因だと考えられます。

なぜ皮脂が増えるの?

皮脂の分泌 皮脂が増加する原因は、男性ホルモンの影響が大きいです。男女ともに思春期から男性ホルモンの分泌が増えることで皮脂腺が発達し、ニキビができやすくなります。

特に男性の場合は女性の何倍もの男性ホルモンが分泌されるため、皮脂が増えてニキビができやすくなります。

また、女性の場合は生理周期によって変化する2種類の女性ホルモンのバランスが変化することで肌質も変化し、ニキビができやすくなることがあります。

女性のニキビが増えやすい時期は生理前です。生理前にはプロゲステロンという女性ホルモンが増加することで肌が脂っぽくなってニキビができやすくなります。背中ニキビにおいても生理前に発生することが多いようです。

なぜ皮脂が増えるとニキビができるの?

皮膚構造とニキビ発生の仕組み そもそも、なぜ皮脂が増加するとニキビができやすくなるのでしょうか。その理由は、皮脂の増加と共に遊離脂肪酸という刺激性がある物質も増加するためです。

遊離脂肪酸は、アクネ菌(にきび原因菌)などの常在菌が皮脂を分解して作られます。遊離脂肪酸とは、オレイン酸やパルミトレイン酸などの植物油にも含まれる脂肪酸のことです。

遊離脂肪酸は肌を弱酸性に導く働きがあるのですが、一方で時間の経過と共に酸化が進行し、成分が劣化して炎症を誘発する物質へと変化します。

その刺激性が増大した遊離脂肪酸によって角質が過剰に作られて毛穴の中に角栓(ニキビの芯)が溜まりやすくなります。

そして、最終的には毛穴が刺激を受けて皮膚が厚くなることで毛穴がふさがり、ニキビが発生してしまうのです。

皮脂が多い背中も、遊離脂肪酸によるターンオーバーの乱れからニキビが発生すると考えられます。そのため、身体をしっかり洗って皮脂汚れを落とす必要があるのです。

ストレスによって皮脂が増えることがある

言い争うストレス写真 ストレスやイライラを感じると、男性ホルモンが増加して皮脂分泌が増加することがあります。

また、ストレスによって交感神経が活性化することで、サブスタンスPという伝達物質がたくさん発生し、皮膚の異常が現れやすくなることがあります。

サブスタンスPの作用によって皮膚のターンオーバーを乱れて毛穴を詰まりやすくなったり、炎症を誘発してニキビが悪化しやすい状態になることがあります。背中ニキビにおいてもストレスやイライラが原因になることが多いようです。

動物性脂肪が多い食生活では皮脂が増える

食べ物 油っこい食事が続くと皮脂が増加するようになります。特に動物性脂肪は、男性ホルモンの分泌を促して肌が脂っぽくなることがあります。背中ニキビができやすい人は食生活に注意して下さい。

ターンオーバーが活発なのも背中ニキビの原因

女性看護師の写真 背中は表皮細胞の働きが活発な部分です。つまり、ターンオーバーが活発に行われています。背中はターンオーバーが活発であるため、皮膚が厚くなって毛穴が詰まりやすい傾向があります。

表皮細胞が活発に作られることから古い角質(垢:あか)もでやすく、毛穴内部にニキビの芯(角栓)も溜まりやすいです。それらの要因も背中ニキビが発生しやすい原因です。

背中ニキビの跡は治りやすい

背中ニキビ 背中は比較的にターンオーバーが活発なため、ニキビの跡が治りやすい傾向があります。ただし、紫外線やゴシゴシ洗いによる刺激でニキビ跡が悪化してしまうことがあるため注意して下さい。

違う皮膚病の可能性

マラセチア毛包炎の可能性もある

背中のマラセチア毛包炎の画像 背中に小さくて均一的なブツブツが現れた場合はマラセチア毛包炎という皮膚病である可能性もあります。

マラセチア毛包炎はマラセチア・ファーファーというカビ(真菌)が毛穴で増加することで発生する毛包炎で、見た目はニキビと非常に似ています。

ニキビとの違いは、マラセチア毛包炎は大きく腫れることはなく、毛穴に一致して小さく炎症を起こします。また、マラセチア毛包炎の場合はニキビの芯(角栓)がなく、軽度のかゆみが現れることがあります。

マラセチア菌は湿気が多い環境、皮脂や汗が多いところで発生しやすい傾向があります。そのため、背中のような分泌物が多くて蒸れやすいところで多発することがあります。

マラセチア毛包炎の治療法

女性医師によるカウンセリングの写真 マラセチア毛包炎の治療法はカビが原因であるため抗真菌剤が使用されます。マラセチア毛包炎には、ニキビ治療に使用される抗生物質ではマラセチア菌ようなカビには効きません。

皮膚科ではケトコナゾール(製品名:ニゾラールローション)やラノコナゾール(製品名:アスタット)などのイミダゾール系の抗真菌薬の塗り薬がよく処方されます。

塗り薬だけでは治りにくい場合や多発して悪化している場合は、イトラコナゾール(製品名:イトリゾール)という内服薬が処方されることもあります。

毛孔性苔癬の可能性もある

背中の毛孔性苔癬の画像 背中に炎症性のないブツブツが発生した場合、それはニキビではなく毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という症状である可能性もあります。

毛孔性苔癬とは、毛包に角質が溜まってしまことで、ブツブツした状態になる症状をいいます。

毛孔性苔癬は主に腕や肩、お尻などに発生しやすいのですが、背中にも発生することがあります。

触るとザラザラしているため、毛穴にニキビの芯が溜まっているように感じます。症状が進行すると炎症を起こすこともあり、その場合は軽度の赤みがみられます。

毛孔性苔癬は、思春期から症状が悪化するようになりますが、たいていは30~40代くらいからしだいに改善に向かいます。自然と治っていくのです。

毛孔性苔癬は体質や遺伝的な影響を受けるとされますが、とてもありふれた症状であり、小学校高学年では4人に1人が症状があるとされます。見た目を気にしなければ特に問題となる症状ではありませんが、すぐに治したい場合は積極的な治療が必要です。

毛孔性苔癬の治療法

クリームを塗る画像 毛孔性苔癬の治療は、軽度の場合は、尿素やサリチル酸配合の軟膏などの保湿効果や角質を剥がす作用があるお薬が使用されます。

また、ケミカルピーリングなども効果的です。そして、フラクショナルレーザーやダーマローラーなどの治療は持続的な効果が期待できます。

あせもができることも

あせも(汗疹)の画像 背中はあせも(汗疹)ができやすい部分です。あせもは、大量に汗をかく夏場に発生しやすい特徴があります。

あせもは背中ニキビと併発することもありますが、それを掻いたりすると、ニキビと湿疹が併発して悪化してしまうこともあります。そのため、あせもはぜったいにかかないようにして下さい。

背中ニキビの治し方

熱がこもらないような服装を

女性の画像 背中は皮脂や汗などの分泌が多い部分です。それによってニキビやマラセチア毛包炎が発生しやすくなります。

そのため、背中ニキビを予防改善するためには汗がこもらないような服装を意識して下さい。下着は吸湿性の良い綿100%の素材のものが理想です。

また、大量にかいた汗によって肌がアルカリ性に傾くと病原性の強い黄色ブドウ球菌が増加しやすくなり、大きく腫れたニキビができやすくなりますので、できればたくさんの汗をかいた後は、シャワーで洗い流すようにして下さい。

いつもよりも時間をかけて洗って下さい

身体を洗う写真 背中は目に届きにくく、洗いにくい部分でもあります。単に洗い残しが原因で背中ニキビを悪化させている可能性もあります。そのため、時間をかけて丁寧に洗って下さい。

そして、背中を洗うものはナイロンタオルのような刺激性が強いものは使用してはいけません。刺激を受けることで皮膚は厚くなり、毛穴がつまってニキビができやすくなります。背中は手洗いで丁寧に洗うのが理想です。

ナイロンタオルによる刺激でナイロンタオル色素沈着症(摩擦黒皮症の一つ)といわれる皮膚の黒ずみが現れることがあります。

ピーリングが即効性がある

ピーリング 背中ニキビの予防や改善にはピーリングが効果的です。ピーリングは角質層の表面を取り除いて毛穴つまりを改善する治療で、ニキビ治療によく多用されます。

ピーリングは顔のような皮膚が薄い部分には使いづらいところもありますが、背中の皮膚は角質が厚いため市販されているようなピーリング化粧品でも問題なく使用できるはずです。

1週間あたり2~3回ピーリングすることで背中ニキビは治っていくと思います。自分でできる背中ニキビ対策は、ピーリングが最も効果があると思います。

ただし、ピーリングは皮膚を薄くしてしまうスキンケアであるため、やりすぎには注意して下さい。背中ニキビが治ったらピーリングを止めるのが基本です。にきび予防のためにピーリングを続けてはいけません。

ビタミンB2やB6を摂取する

ビタミンB群 ビタミンB2やビタミンB6は、脂質の代謝に関与し、皮脂を抑える働きがあります。

また、ビタミンB2は過酸化脂質を分解することで皮脂の質を改善します。(ビタミンB2が不足した肌は皮脂中のスクワレンという物質が酸化して皮脂が早い段階で刺激性が強くなります)。

ビタミンB2やB6は、不足するとニキビや口内炎などの症状が現れるようになります。そのため、バランスのとれた食事をこころがけて下さい。

ビタミンB2もB6も、幅広い食品に含まれていますが、体内に留めておけないため不足することがあります。不足が心配な場合はサプリメントを使用するのも一つの方法です。

また、生理機能を高めるようなサプリメントを過剰に摂取することで男性ホルモンが増加し、背中などにおいてもニキビが多発することがあります。男性ホルモンの分泌を促すビタミンEや亜鉛、マカなどの過剰摂取には注意して下さい。

エアコンで温度と湿度をコントロール

エアコン 夏は温度や湿度が高くなることで皮脂や汗が劇的に増加します。夏は冬の2倍もの皮脂が増えるといいます。

皮脂や汗をコントロールするために、エアコンを活用して下さい。エアコンの設定温度は28度が目安です。

潰して芯出ししたほうが早く治る

ニキビの芯出しが有効な状態の写真 背中ニキビが表面に膿が現れた「白ニキビ」という状態である場合は、潰してにきびの芯(角栓のこと)を出してあげることで早く治ることもあります。

ニキビの芯そのものが異物となって免疫反応を起こすことで炎症が続くため、潰して芯を出してあげたほうがニキビ跡の赤みや色素沈着も抑えられます。

ニキビを潰す場合、針で先端を潰して穴をあけ、コメドプッシャーという器具で芯出しするのが基本です。
【Amazon】コメドプッシャー黒ニキビ取り

背中ニキビは自分での芯出しが難しいと思うので、家族や友人にやってもらって下さい。また、皮膚科においてもニキビの芯出しを行っていることもあります。その治療は保険適応となります。

市販薬でも効果が期待できる

オロナインH軟膏の画像 背中ニキビを治すには、市販ニキビ治療薬でも十分な改善効果があります。市販薬は殺菌作用とともに角質を柔らかくする作用があるものが理想です。

背中の皮膚は性質的にニキビの芯が出てきやすい特徴があるため、市販薬でニキビの頭部の角質を柔らかくしてあげて下さい。

市販ニキビ治療薬は、アクネス・ニキビ治療薬、ピンプリット、ビフナイトシリーズ、クレアラシル、オロナイン、ペアアクネクリームなどが有名です。それらは殺菌作用と共に角質を柔らかくする効能があります。寝る前に塗って下さい。

病院での背中ニキビ治療方法

漢方薬が効くことも多い

漢方薬 何度も繰り返す治りにくい背中ニキビには、漢方薬がバツグンの効果を発揮することがあります。

漢方薬は、体質改善を図ることで背中ニキビができにくい体質に導きます。また、にきびが化膿しにくい状態に導くのも漢方薬の効能の一つです。

ニキビに効く漢方薬には、清上防風湯、十味敗毒湯、荊芥連翹湯、排膿散及湯などが良く使用されます。

背中ニキビができやすい人は、身体の熱を作り出すエネルギー代謝が活発な人が多い傾向がありますが、そのような人は特に清上防風湯という漢方薬が効果的です。

漢方薬は皮膚科でも保険適応で処方してもらうこともできますが、市販品をドラッグストアや通販などでも購入することができます。

皮膚科で処方される外用治療薬

ベピオゲルの画像 背中ニキビに対して皮膚科で処方される塗り薬はベピオゲルという殺菌薬があります。

ベピオゲルは抗生物質を含まないニキビ治療薬で、酸素を発生させることでアクネ菌を死滅させ、ニキビの腫れを治していきます。治療効果は高いです。

ベピオゲルは赤みやかゆみ、ヒリヒリ感などの副作用が現れやすい欠点があるのですが、背中は顔などよりも皮膚が強いため、そのような副作用の心配も少ないと思います。

ベピオゲルには抗生物質のように薬が効きにくくなるという問題もないため、慢性的に繰り返す背中ニキビに対しても長く使いやすい利点があります。

内服の抗生物質が使用されることも

ルリッド 背中ニキビが多発したり、腫れが強い場合は抗生物質の内服薬が使用されることもあります。ロキシスロマイシン(ルリッド錠)やミノサイクリン(ミノマイシン)などが良く処方されます。

抗生物質の内服治療は、医師や薬剤師の指示に従って、用法用量を守り、にきびの炎症がしっかり治ってから治療を終了するのがポイントです。ちなみに、抗生物質はニキビ跡の赤みや色素沈着などには効きません。

女性の場合はピルの服用も効果的

ファボワール(ピル) 女性の場合は、低用量ピルを使用したニキビ治療も効果をあげています。

ピルはエストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンを含むお薬で、女性ホルモンのバランスをコントロールすることで生理前に発生しやすい大人ニキビや背中ニキビの予防や改善をもたらします。

また、低用量ピルは男性ホルモンを抑制する働きもあり、男性ホルモンによる皮脂の増加も抑えて脂性肌を解消します。

ピルのニキビ改善率は70%を超えるという報告もあり、多くの女性はピルによって背中ニキビができにくい肌質になっていきます。

ニキビ治療に使用されるピルは、マーベロン、ファボワールなどが有名です。それらは男性ホルモン様作用が少ないピルとしてニキビケアによく使用されます。病院で処方してもらって下さい。